« 排ガス規制、、、 | トップページ | バッグ購入 »

2007年7月16日 (月)

アルテミスマフラー装着

ずっと以前に購入してあったマフラーを取りつけました。

オーナーズクラブのサイトを参考に、まずはセンタースタンドのストッパーを組み付けました。
ゴムのブロックが簡単にはまり過ぎて、後で外れないか少し心配です。
その後、パイプを付けようとしたら、ストッパーが当たってはまりません。
せっかくきっちり締め付けたのを緩めて、やり直しです。
今度は、、、エキパイにサビやカーボンが付着していて、途中までしか入りません(^^;
紙やすりで、エキパイをごしごし。
やっと奥まではまりました。
ストッパーを再度調整して、パイプの角度を合わせ、後は順調です。
スプリングは、針金を通して引っ張ると、簡単に装着できました。

さっそく試運転です。

・排気音は、わずかに大きく太い音になりました。
 音質自体は良い感じですし、音量は正直物足りませんが、これで適正だと思います。
・見た目は、純正より一回り太くてやはりかっこ良いです。
 重さは計りそびれましたが、かなり軽いです。
・性能は、ブランクも長く元々ヘボの私には大きな差は感じられません。

正直なところ、取り付けた際には「こんな物か、、、」と思いました。
ですがそれは主に音量について、私の一方的な「思い込み」からの印象です。
私は、大昔のSRやW3のキャブトンマフラーの印象が強すぎるようです。
考えてみれば、今時あんな音をさせて走れるはずもありませんからね。
バッフルは脱着可能ですが、外してみる気にもなりませんし。

何よりも、こんな旧車の社外マフラーが新品で入手出来るだけでも、大変ありがたい話です。
その上、リーズナブルな価格で品質も問題ありません。
純正の新品を付けるより、はるかに楽しめると思います。

装着後半年以上を経過しましたが、2008年3月現在ノントラブルです。
また、販売元のモトショップ ライブリーさんのサイトでは、、
「アフターファイヤーは少しありますが、問題の無いレベルです。」
とありましたが、アフターファイヤー自体、全く感じられません。
燃費も、悪化も良化もせず大きな変化は無いようです。

(2008年3月に一部表現を修正しました)

Xel_20070716_1_1 Xel_20070716_2_1 Xel_20070716_3_1

|

« 排ガス規制、、、 | トップページ | バッグ購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルテミスマフラー装着:

« 排ガス規制、、、 | トップページ | バッグ購入 »