« 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階1時間目) | トップページ | 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階4・5・6時間目) »

2008年5月11日 (日)

50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階2・3時間目)

2段階2時間目は、シミュレーターです。

画像のような三菱製の機種でした。
奥に縦に見えるシートが、スクータータイプのようです。
3人での受講で、順に体験します。
まずは練習として、単純な周回路。
その後、周囲の交通がある中を指示通り走行しました。
お約束通り、右折時に道を譲ってくれたトラックの陰からバイク。
ところが更にもう一台!といった具合です。
もちろん、一人一人で内容は変わっていました。

3人が終ったところで、各人の危険ポイントを再生しながら講評です。
バイクの後方、対向してくるトラックや別のバイクの視点からの再生など。
バイクの視認性の悪さや路地の危険性などを確認する、納得性のある内容でした。
画面に酔ったのか、頭がクラクラして少し吐き気がしました。
予約が1時間空いていて、ちょうど良かったです。

2段階3時間目です。

まずは以下のような体験教習です。
実際の路上で、狭い場所でのターンや、突然の障害物への対応の教習とのこと。

・狭い場所でのUターン
 幅6メートルの場所での低速ターン。
 クランクのようにハンドルで曲がると、あまりうまく行きません。
 教官からのアドバイス。
 視線を先にして、リーンアウトで。
 なるほど、この方がスムーズに出来ました。

・不等間隔パイロンでのスラローム
 なるほど途中でリズムが変わり、結構難しいです。

その後「検定Aコース」を2~3周。
コースを覚えるのが目的なので、一本橋・波状路などは全てパス。

これで3時間も、課題の練習をしていません。
今後、コースが長くなる分、課題の練習回数も減るでしょう。
一本橋・波状路・スラローム共に、規定の秒数に到達していないのに・・・
加えて、コースも覚えないといけません。
やはり2段階も、オーバーは避けられそうもありません。

|

« 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階1時間目) | トップページ | 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階4・5・6時間目) »

大型自動二輪免許取得」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階2・3時間目):

« 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階1時間目) | トップページ | 50代・中年男・大型自動二輪免許取得(2段階4・5・6時間目) »