« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

さよなら500系

「500系」新幹線が、本日をもって東海道新幹線から引退しました。
今後は山陽新幹線の新大阪~博多間「こだま」で存続するそうですが、
関東在住の私には、もう乗る機会もないでしょう。

私はバイクに限らず、乗り物ならなんでも好きです。
新幹線の中では、この500系が一番のお気に入りです。

以前は、関西への出張の際など、時刻表をチェックして早起きして乗ったものでした。
知人の某自動車メーカーのエンジニアは「素人受けするデザイン」と言っていました。
そうそう、まさにそれなんです。
いかにも未来的な、時速300キロの最速マシン!
思いっきりなが~いノーズと、チューブのように丸みをおびた車体。
ドアの開き方も、まるで飛行機か宇宙船みたいです。
グレーとパープルのタイトな室内が、いかにも「未来の乗り物」っぽくて嬉しくなります。
窓際に座ると、外観通りに肩のあたりから壁やガラスが内側に傾斜しています。
フックにかけた上着が、壁に沿わずに目の前にたれ下がってきたりして。
500kei_1 500kei_2
不況が深刻化つつあった97年のデビューですが、基本構想はきっとバブル崩壊以前なのでしょう。
クルマに例えて言えば、初代エスティマやR32スカイラインGT-Rのようなものでしょうか。
エスティマは、ワンモーション形状のために、エンジンを斜めに搭載し高さを押さえた専用設計でした。
GT-Rは、ブリスターフェンダー・大排気量エンジン・四輪駆動で、外観・性能・価格、実に強烈でした。
現行エスティマも良いクルマなのでしょうが、シャーシはただのFFです。
新型スカイラインも、残念ながら私には「Zの焼き直し」程度に見えます。

バブル経済が良いと思っている訳では、決してありません。
コストや生産性などの厳しい制約の中で最善を尽くす技術者の努力にも、感心させられる事も多くあります。
とは言うものの、機械モノの開発は、やはりそういった制約が少ない方が、面白い物が出来るように思います。

カテゴリーに「バイク以外の雑談」を追加しました。
これで何でも書き散らせます(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

リスク管理:缶入りガソリン

近所のNAP'Sで、バイク用のガソリン携行缶が売っていました。
500ml、750ml、1000mlの三種類。
ヤフオクを見ると、同じ物が1000~2000円台で沢山出ています。
Bt500
岡田商事 BT-500、BT-750、BT-1000

ひとつ買っても良いかと思いましたが、さて、どれが良いのでしょう。
スカーバーの燃費は25km/l程度です。
10キロ走れれば良いのか?20キロ走れれば安心なのか?
1000ccではデカいのか?500ccならジャマではないのか?
そんな事を考えて、結局買わないままです。

ふと思いつきました。
「缶入りガソリンがあれば良いのに」
検索してみますと、、、防災用品として実際にあるのですね!
Can

防災用品の通販サイト。
http://www.e-green-club.com/SHOP/gs-1.html
・1リットル入り4缶セット
・最大3年間品質保証
・給油セット(じょうご・缶切り)付
・3,200円+送料630円(いずれも税込)
ひと缶売りもありました。
・924円+送料630円(いずれも税込)
・汚れ防止手袋つき

メーカーは、何と「ガソリン缶詰株式会社」(^o^)
http://homepage3.nifty.com/gaso-can/index.html

3年間品質が保てて、漏れる心配もなし。
これは良さそうですが、結構ビミョーなお値段です。

4缶セットを買って、残り3缶はクルマに乗せておきましょうか。
でも約4,000円はちょっと。
だからといって、送料も考えると、ひと缶ではいかにも割高に感じます。

ひと缶924円で店頭購入出来るのなら、買ってしまいますけどね。
モノはガソリンですから、普通に店頭販売は難しいのでしょうが。

「924円なら買うけど、1,554円は高い」
我ながら、どういう価値判断なのでしょう(^^;
結局、必需品とは感じていないからなのでしょうね。
一度でも、ガス欠で懲りた経験でもあれば、ためらわず買うのでしょうが。

この週末も、スカーバーの出動はなしです・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

リスク管理:救急セット

以前、同じテーマで、こんなことを書きました。
・バイク本体の延長保証
・緊急連絡カード
・無料ロードサービス付きの無料クレジットカード
今回は、怪我への備えです。

家の救急箱から抜き出し、不足分を買い足したりして、GIVIトップケースにポイ。
(ゼルビスでは、シート下収納に軽く入ったのですけどね)
中身はこんな感じです。
・経皮吸収型鎮痛消炎剤
・滅菌パッド(大とカットできるタイプ)
・ガーゼ付絆創膏
・くっつく包帯
・スプレー式消毒薬
・アルコール消毒タオル
・はさみ
・水のペットボトル500ml
・カロリーメイト
この他、ポリ手袋、ポリ袋、タオル、ウエットティシューなど。
お店で買い揃えても1000~2000円程度でしょうか。
ポーチは、使い古しのお弁当箱ケース(^^)
20100220

正直なとことろ、役に立つかは分かりません。
登山やサイクリングなら「擦り傷」や「打ち身」などのリスクは結構ありそうです。
しかし、バイクで「やってしまった」場合はどうでしょう?
何ともないか、この程度では全く役に立たないか。どちらかのように思います。

それに加えて、どうせ私など人里に近い近距離しか走りませんしね。
おそらく中身は使わないまま、使用期限になって処分することになるのでしょう。

小学生が、遠足の前に300円持っておやつを買い揃えるようなものかも知れません。
ただの自己満足とも思いますが、まぁそれでも良いのです。

以前、あるバイク店の店長が言っていました。
「備えている人は、その備えを使うような事は起きないんですよね」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

スカーバー掃除

色々と用事があり、年が明けてから全く乗れていません。
昨年末に息子と定峰峠に行ってそのままでしたので、午後から軽く洗車をしました。

まずはmacotoさんに頂いたメンテスタンドをセット。
これは本当に便利です。使うたびに感謝です。
バケツに水を汲んで来て、ブラシでごしごし。
スカーバーはリヤホイールにブレーキダストが沢山付きます。
片持ちスイングアームで、ディスクブレーキがホイールのほぼ中央にあるためでしょう。

リヤフェンダー裏側のボルトが、一本緩んでいるのを発見しました。
特にガタは感じませんが、目視で分かる程1~2ミリ位浮いています。
振動の多い単気筒ですから、こういうこともありますね。
他のボルト類もざっと見てみましたが、大丈夫のようです。

水気を拭ってから、バリアスコート。
昨年取り付けた動研ロングスクリーンは、大きいだけでなく取付位置も少し前に出ます。
当初は浮いて見えて、一体感が損なわれたように感じました。
ところが掃除となりますと、純正と違ってちゃんと裏側にも手が入ります(^^)
ここまで考えてのデザインなら、さすがです。

ついでに、リヤのステップの動きが渋いので、グリススプレーをちょいちょい。
まぁどうせ使わない部分なのですが。

更についでに補充電。
これは、ごく短時間で終わってしまいました。
以前、あるBMWディーラーに別のスカーバーの中古を見に行った時、、、
「乗る前の晩に充電しておくと良いですよ」
と言われて、そんなバカなとびっくりしたものでした。
いくら開放型バッテリーとは言え1ヶ月程度でそんなことは無いですね。

実は、ハンドルカバーもあるのです。
R1150RロードスターとF650ファンデューロのオーナー「Tさん」からの頂き物です。
これを着けて電熱ウェアで走ってみたかったのですけどね。
Tさん、せっかく頂いておいて、申し訳ありません。

とりあえず、今日はこれで満足です。

さて、春ももうすぐ。
さっぱりとした気分でスカーバーを楽しめるまで、あと少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

ブログのカテゴリー微調整

カテゴリーを少しいじりました。
「スカーバーグッズ類」「スカーバー関連グッズ」と、似たような名前が二つ。
そこで「スカーバー関連グッズ」を「スカーバー関連コレクション」に直しました。

当初のカテゴリーも、ゼルビス関連を大前提に「整備」「装備」「費用」・・・
今見ると、これでは何のことか分かりません。
ですがこれらは件数が多くて、修正しきれません。

そのそも、このブログ自体、xelvis.cocolog-nifty.com です。
我ながら「先の見えない」人間で、情けないです。

ブログやホームページのタイトルというのは、結構重要なものだと思います。
例えば「ヒロシくんのホームページ」「ジローのお気楽ブログ」では、内容が全く伝わりません。
別にアクセス数アップが狙いではないですが、適切に検索されるような表現は大事だと思います。

とは言え、このブログのタイトルはストレート過ぎましたねぇ。我ながら。

もし次に、例えば仮にモトグッチのBreva750に乗り換えたとしたら、このブログのタイトルは、、、
 Breva750日記(旧:スカーバー 日記(旧々:ゼルビス日記))
うーん、どうしようもないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ハーレーディーラー見学

昔はカワサキW3に乗っていた友人Kさんと、ハーレーを見てきました。

20代の頃、私のSR400と3本のキャブトン響かせて、良く一緒に走ったものでした。
その後、私同様に結婚前にバイクを下りてしまいました。
ここ数年、私はK君にゼルビスやスカーバーを見せびらかしています(^^)
おかげで彼もバイク熱が再燃しかかっています(^^;

K君いわく。
本当はカワサキのW1SAが欲しいけど、維持の手間を考えると・・・
それに、実際に乗ると幻滅して夢が壊れてしまいそう。
今のバイクでドコドコ感を楽しむには、、、やはりハーレーか。
カウルやボックスで重たいのは興味がないし高いので、スポーツスターかな。

という訳で、クルマで15分ほどのハーレー正規ディーラーに行ってみました。

お店に着くと、午後のまだ明るい時間なのに駐車場にはお客さんのハーレーが5~6台。
皆さんお店のテーブルで、お茶を飲みながら談笑中。

愛想の良いご主人が、詳しく説明してくれます。
「跨ってみても良いですか?」
「どうぞどうぞ、エンジンもかけてみて下さい」
BMWディーラーより、ずっとフレンドリーな対応です。
新車や中古車、何台もイジらせて頂きました。

私はハーレーについては、興味も知識も全くありませんので、色々珍しい話がありました。

・エンジンは、OHVのままツインカムに進化している
 オーバーヘッドではなく、下にカムシャフトが2本だそうです。

・キャブからインジェクションになり、始動性ばっちり
 これは中古車を実際に始動して見せて頂き、良く分かりました。

・エンジンは、ラバーマウントに進化している
 アイドリング中、ハンドルやエンジンがブルブル震えているのは良く見かける光景です。
 それが、アクセルを開けると振動がぴたっと止まるのですね。
 昔のように「振動で高速道路がつらい」という事は無いそうです。

・120回150回ローンは当たり前
 今の若い人は、平気でそういうローンを組むそうです。
 月々の支払は携帯電話の使用料金以下。
 手放す時に残債が無ければ、それで良いのだと。
 私には考えられないですが、長期レンタルのような感覚なのでしょうか。
 定期点検から車検までの費用をまとめた「メンテナンス安心パック」もあるそうです。

・883は戦略価格
 XL883Lスポーツスターなら、新車で車両本体883,000円。
 BMWですとF650GSが1,046,000円。
 モトグッチのBreva750EURO3が997,500円
 ホンダCB400スーパーボルドールのツートーンで824,250円。
 これは安いですねぇ。
 まずはハーレーの世界に入って貰いたい「戦略価格」だそうです。

なるほどねぇ。

ちなみに、私の住む埼玉県内には、正規ディーラーが12店。
私の家から30分以内に3店もあり、ホンダやカワサキより近い!
BMWですと、埼玉全体で3店。
モトグッチなんて関東全域で8件ですからね。

2009年6月15日にも書きましたが、改めて良く売れているのも納得です。

帰りに、缶の貯金箱を頂きました。
500円硬貨で約25万円貯まるそうです。
「夢を叶える貯金箱 ハーレーライダーへの第一歩」と書いてあります。
私もこれで貯金して、次はスポーツスターにしようかなぁ・・・なんちゃって。
20100207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »