« 女性にとってのバイクとは・・・ | トップページ | やっぱりダメですか・・・「高速料金」 »

2010年5月 4日 (火)

「蔵の街とちぎ」観光

先日のツーリングで寄りたかったのですが、メンバーに受けそうにないのでパスした場所です。
改めて、家族とクルマで行ってみました。

市内には市営駐車場が何か所かありますが、いずれも満車。
仕方ありません。市内唯一のデパート「福田屋百貨店」駐車場に入れました。
駐車料金は無料ですが、何も買わないのでは申し訳ありません。
地元の和菓子店「山本総本店の鉱泉煎餅」を購入。
どうです、この包装の素敵なこと。
20100504_1 20100504_2

市内を散策。
旧市役所は、今でも分庁舎として現役。
傍目で見るのには良いですが、職場環境としてはどうでしょうね。
20100504_3

市内を流れる巴波川では、連休中は舟に乗れます。
大人一日500円。当日なら何回乗っても構わないそうです。
約20分ほど、まったりと出来ます。
川沿いの道とは、また違う景色も楽しめます。
近所の「舟み茶や」では、飲み物の他、カレーやトーストなど。
鯉のエサも売っていました。
それを買って船に乗れば、面白かったかも知れません。
20100504_4 20100504_5

「じまん焼き」が名物の冨士屋。
暑いので、小倉ソフトクリームを食べてみました。
普通のソフトクリームに、小倉餡をコテっと添えてくれます。
小倉餡と冷たいソフトクリームがマッチして、美味しかったです。
サービスのお茶も頂いて、食後の後口もさっぱり。
20100504_6

交番もこんな感じ。
「警察車両まで白黒でした」って、ぜんぜん面白くない冗談を思いつきました(^^;
20100504_7

最近流行の「レトロな風情で町おこし」の成功例でしょう。
いささか「わざとらしい」のは、どこでも同じなので気にしないことにして。
私の地元埼玉県では、川越市も同様な取組みで賑わっています。
川越に比べますと、ちょっと面白味が少ないかな、というのが正直な感想です。
食事の出来る場所やオミヤゲが少ないのが、残念でした。
とは言え、「川のある町」は、やはり風情があって良いものですね。

|

« 女性にとってのバイクとは・・・ | トップページ | やっぱりダメですか・・・「高速料金」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/48295370

この記事へのトラックバック一覧です: 「蔵の街とちぎ」観光:

« 女性にとってのバイクとは・・・ | トップページ | やっぱりダメですか・・・「高速料金」 »