« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月17日 (火)

「バイクの森おがの」運営会社 経営撤退か

こんなニュースがありました。
2009年12月16日の町の方針変更の時も、朝日だけが報道していました。
朝日新聞埼玉支局に、バイクファンの人がいるのかも知れません。
(逆に「アンチ」かも知れませんが)

ニュース記事はネット上から消えてしまいますので、失礼して全文を引用します。http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000001008170002
「バイクの森おがの」運営会社 経営撤退か
2010年08月17日
◇小鹿野町 閉鎖危機に直面
 バイク博物館などが入る「バイクの森おがの」(小鹿野町般若)が、閉鎖の危機に直面している。
町の指定管理者として運営にあたる「バイクの森」社が、撤退の意向を示しているからだ。
町が進めてきた「オートバイによるまちおこし」は大きな転機を迎えている。
 同社の大河原康社長から6月末に出された指定管理者取り消し申請書によると、9月30日で閉館とし、同博物館に展示中のオートバイなどは10月中に撤去するとしている。
理由に、レストランや温泉部門の不振などを挙げているという。
 町側は社長側と協議するなど対応を検討してきたが、「いまのところ、今後については何とも言えない状況」(町幹部)という。
18日に開かれる町議会全員協議会で経過報告などをする。
 大河原社長は「申請書提出は事実だが、各方面と話し合っている段階で、いまは話は控えたい」としている。
 「バイクの森おがの」は、1994年に誕生した町営温泉施設「クアパレスおがの」を改装し、昨年5月に開館。
バイク博物館には、大河原社長の父が収集した世界の希少なバイクが展示され、2006年ごろから
町が進めてきた「オートバイによるまちおこし事業」の目玉になった。
 しかし、事業を進めた前町長が昨年10月の町長選で落選。
「町政一新」を掲げて当選した福島弘文町長は町主導から民間主導へ、事業の見直しを唱え、前町長時代に計画された休憩施設「ライダーズピット」の建設を中止している。


感想は、、、「やっぱりダメか(タメイキ)」。

バイク乗りの集まる場所で、おしゃれなレストランでは集客は難しいでしょう。
温泉施設だって、元々町営で行き詰ったものです。
その上、博物館自体も、私さえ駐車場まで行って入場しなかったこともしばしば。
更には、ショップのオリジナルグッズも決して魅力的とは言えません。

以下は、どこかで聞いた噂話です。
真偽の程はわかりません。
個人コレクションをベースにした、クルマやバイクの展示館についてです。
全国各地に結構ありますが、実は赤字でも構わないのだとか。
クラシックカーは個人資産として持っていると、多額の税金がかかってしまう。
それが、法人所有なら赤字なら税金がかからなくて済むので、都合が良いのだとか。

町の施設を借りて、『「バイクの森」社』が運営している形なのですよね。
当然のこととして、温泉やレストランの方が経費はかさむでしょう。
それらは閉めてしまい、バイク博物館だけでも、何とか存続出来ないものかと思います。
でも、もう無理なのでしょうねぇ・・・

【2010.8.20追記】
今朝の朝日新聞埼玉版に、小さな記事が載りました。
「バイクの森」社、町が撤退認める 小鹿野
 小鹿野町般若の「バイクの森おがの」で、バイク博物館などを経営する「バイクの森」社(大河原康社長)が、温泉施設の経営不振などを理由に撤退の意向を示している問題で、同町は18日、撤退を認めることを決めた。
 近く同社に指定管理者取り消しの通知をする。
20100820_1
もはやこれまで。ですか。

【2010.8.21追記】
「バイクの森」の誘致?に関わる、小鹿野町議会の議事録がありました。
こちらの、第1回臨時会です。
34ページに収支の見込みが出ています。
2009年の収入見込みが1億円!
 ・入場料が集客3万人で3,000万円
 ・お土産品関連が2万人、消費単価が1人2,000円で4,000万円
 ・温泉利用が3万人、単価が1,000円で3,000万円

いくらナンでもこれはムリでしょう・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

奥多摩周遊道路・日原鍾乳洞 夏休み 混雑・渋滞情報

2010年7月10日 (土)、全く同じルートです。
今回は、夏休み真っ只中、お盆休みシーズン直前の水曜日。

奥多摩周遊道路や日原鍾乳洞自体の情報は、ネット上には沢山あります。
そこで、混雑や渋滞の状況に限ってご報告します。
どなたかのご参考になれば幸いです。

・圏央道 上り 日の出IC付近(8時前)
 そこそこクルマは多いですが、よく流れて渋滞はなし。
・日の出IC~武蔵五日市駅周辺(8時頃)
 上に同じです。
・桧原村~奥多摩周遊道路(9時頃)
 時々クルマ数台が連なる程度で、うまくパス出来ればかなり快適。
・奥多摩周遊道路(10時頃)
 バイクもクルマも数台見かける程度で、とても快適に走れました。
・奥多摩周遊道路・奥多摩湖側(11時頃)
 旧料金所そばの駐車場には、それらしいバイクが10台程度、クルマも数台。
 平気で逆走して行くバイクも数台あり。
 湖周辺の駐車場は、どこも充分空いていました。
・奥多摩町~日原鍾乳洞(11時過ぎ)
 まだクルマも少なく、飛ばすほどではありませんが普通に走れました。
 日原鍾乳洞の駐車場も、充分空きがあります。クルマは500円、バイクは無料。
・日原鍾乳洞
 押し合うほどではありませんが、やはりかなりの混雑。
 静かに「水琴窟」の音を聞くのは、ちょっと難しいです。
・日原鍾乳洞入口手前の売店(12時頃)
 ざるそば、とろろそば、とろろや川魚の定食など。良くある観光地の食堂レベルです。
 窓からの川風を感じながら、ひなびた観光地の雰囲気を楽しむ、ということで。
・日原鍾乳洞~奥多摩町(13時頃)
 駐車場は、ほぼ満車に近くなっていました。
 上がってくるクルマもかなり多く、所々狭い場所でのすれ違い待ちの渋滞もあり。

奥多摩周遊道路は、もう快適のひとこと(^^)
日原鍾乳洞は、鍾乳洞の情報を集めたサイトでも「シーズンは渋滞に注意」とあります。

この日は、お盆休みとしても微妙な日でしたが、それでもこの程度には混んでいました。
夏休みの土日や連休のピークには、午前中の早い時間に行った方が良さそうですよ。
逆に言いますと、それ以外の日は、渋滞は気にしなくても良さそうです。

日原鍾乳洞入口そば売店の、とろろそば550円。
お味は駅の立ち食いレベルですが、とろろもたっぷりで、冷たいのが嬉しいです。
20100811

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

牛久大仏

巨大メカつながり、という訳でもないのですが。
茨城県牛久市の「牛久大仏」を見てきました。
圏央道の阿見東ICのすぐそばです。
20100809_1
なるほどこれは巨大です。
入場料は、冬は700円、他のシーズンは800円。
大仏様の胎内も拝観できて、周囲にはお花畑や小動物の公園。
20100809_2 20100809_3
胎内には、写経のコーナーや土産物店、内部構造の説明など。
この辺りはただの見物気分でしたが、ずらっと並んだ仏様にびっくり。
説明と言いますか、料金表がありました。
20100809_4 20100809_5
胎内仏の永代供養料は、以下の通り。
・一尺型30万円
・三尺型で100万円
※7名までの法名帳が入ります。
※記入された故人のご命日には読経し永代に亘りご供養致しております。
だそうです。
20100809_6
ただし、お骨そのものを全部入れられる訳ではありません。
そこで、敷地内の「牛久浄苑」の「個人墓」です。
・33年使用料34万円
・50年使用料51万円
・永代使用料61万円
※お遺骨の収骨のみですので墓地も小さくなっていることからお安くなっています。
※継承者は必要ありません。
夫婦の場合、料金は2倍。
期間を過ぎたら「共同墓にご安置され本願寺が永代に亘りお守りしていきます」とのこと。

ただの観光気分で行ってみたのですが、これは大した先見性のように思えてきます。
言うまでもなく、今は様々な分野で一世代前の常識が通用しない世の中になっています。
生涯を独身で過ごす方、子供のいないご夫婦、更には「ダンナのお墓には入りたくない」とか。

私個人は、幸か不幸か(?)親からの墓もあり妻も子供もいます。
ですが、もし先のような境遇だったとして、、、
一人34万円で永久に供養してもらえるなら、安いように思います。
周囲はきれいな公園ですので、生きている間にもたまには遊びに来てもよし。
すぐ近くに出来た「あみプレミアムアウトレット」に寄ってもよし。

来た時は、ただの巨大構造物にしか見えなかった大仏様も、なにやらありがたく感じられます。、
何とも「お盆」にふさわしい、あれこれに思いをはせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »