« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

スカーバーのバッテリー取付

ヤフオクでゲットしたバッテリーが届きました。
この通り、FB12AL-Aが互換です。
20110728_1

バッテリーを外すのに、こんなに部品をはがす必要があります。
20110728_2

開放型ですので、液を注入し30分ほど放置。
その後、スカーバーに取り付け。動作確認をした上で、補充電しました。
20110728_3

tttさんのアドバイス通り、電圧など確認したいのですが、テスターが行方不明です。
「ミニ四駆」「ダンガンレーサー」の工具箱に入れてあったのですが。
明日は試運転、、、したいところですが、雨です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

スカーバーのバッテリー発注

BMW F650CS スカーバーのバッテリー交換その2です。←検索用(^^)

一応ディーラーにも電話で相談してみました。
使用2年半なら、思い切って新品交換した方が良いでしょうね。
純正ではない互換バッテリーの型番は分かりません。とのこと。

バッテリーメーカーの互換表を見ても、スカーバーは載っていません。
現物の形状から調べました。
古河バッテリーFB12AL-Aなどが適合するようです。

このバッテリーの適合車種を見てびっくり。
例えばホンダCBX400カスタム。発売は1983年ですよ。
これでは、クラシックバイクのレストア用ですねぇ。
ホンダなら、1991年発売のゼルビスだって密閉型MFタイプなのに。

文句はこれ位にして。
どこでどのバッテリーを買いましょうか。
国内大手メーカー製品は、実店舗よりネット購入の方が断然安いんですね。
 (NAPS価格 → ネット通販価格)
 GS YUASA YB12AL-A2-GY 17,577円 → 10,280円
 古河電池 FB12AL-A   15,708円 →  7,500円

ネット上では「中華バッテリー」が3,000円台から買えます。
この値段なら1年持てば良いと割り切りましょうか。ブログのネタとしても面白そう(^^;
いやいや。
ここはやはり安全策。
先の古河バッテリーをヤフオクで即決落札。送料と手数料込で8,298円。
即日発送で、明日には届くようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

スカーバーのバッテリー取り外し

BMW F650CS スカーバーのバッテリー交換です。←検索用(^^)
所用で明るいうちに帰宅できたので、まずはバッテリーを取り外しました。

スカーバーのバッテリーは、密閉型のMFタイプではなく、補水の必要な開放型です。
ところが、シートを外してもバッテリーはこれしか見えません。
ご丁寧に向こう向きに装着されているので、液面レベル確認のラインさえ見えません。
20110725_1
つまり、車体からバッテリーを取り外さないと、液面チェックさえ出来ないのです。
バッテリー取り外しは、こんな作業になります。
20110725_2 20110725_3
やれやれ。ボルト12本ですよ。
(私はラゲッジレールを外しているので、2本少ないですが)
シート下ガソリンタンクというユニークな設計ゆえでしょうが、もう少しどうにかなりませんか。
20110725_4 20110725_5
外したバッテリーを透かして見ても、液面レベルは全然見えません。
使用2年半はちょっと早い気もしますが、買い替えてしまった方が良さそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

SR400で定峰峠と志賀坂峠と土坂峠

走行ルートも一応ご紹介しておきます。

小川町~定峰峠~秩父市内~小鹿野町~志賀坂峠~道の駅「万葉の里」~土坂峠~道の駅「龍勢会館」
このような、私の定番ルートです。
志賀坂峠、土坂峠ともに頂上はトンネルがあるだけ。見晴らしもさほど良くありません。
観光地としては今一つですが、バイクで走るには気持ちの良い道です。

秩父を舞台にしたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」による町おこし。
秩父市内の観光案内所の「聖地」紹介パネルと、街中の街頭フラッグ(と言うのでしょうか)。
20110722_1 20110722_2

小鹿野の「バイクの森」跡地で小休止。
以前は置いてあったテーブルやイスは、ありませんでした。
自販機のアイスの包装紙が散らばっているのが、寂しいです・・・
20110722_3

志賀坂峠へ向かう途中です。
気温は20℃。台風一過のおかげでしょう、先日までの猛暑とは大違いです。
半袖シャツにメッシュジャケットでは寒い位でした。
沿道のあじさいが満開でした。
20110722_4 20110722_5

道の駅「万葉の里」でお昼にしました。
天ざる850円。この時期は冷たいおそばが美味しいですね。
お座敷もゆったりして、ブーツを脱いでくつろげるのが嬉しいです。
20110722_6 20110722_7

道の駅「龍勢会館」。
秩父事件を描いた映画「草の乱」のオープンセット。
20110722_8

燃費はリッター当たり約23キロでした。
やや悪い気もしますが、かなりの部分が空いた峠道ですので、こんなものでしょう。

さて。5月2日以来出番ナシのスカーバーですが。
実は、前日にフル充電したにも関わらず、この日の朝にはセルが回りませんでした(泣)
どうしますかねぇ。
まずはバッテリーに補水して様子を見るか、それともいっそ交換してしまうか。
今週末は、こちらの顛末のご報告となりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SR400のキック練習

SR400のケッチンで痛い目に合って三週間。
抜糸はまだですが、もう痛みは取れました。
今日は、ツーリングがてら、改めてキック始動の練習です。
ちなみに、帰宅後に整形外科の病院に行って、抜糸をしてもらいました(^^;

まずは朝一番の冷間始動です。
燃料コックをPRIにして、数回の空キック。
その上で、デコンプレバーを使い、キックインジケーターを見てピストンの位置決め。
しっかりキックを踏み下ろすと、二発で始動しました。

その後、再始動のたびにヤマハのサイトにある手順通りにしました。
ですが、、、跨ってキックインジケーターを覗き込むポーズは、どうもカッコ悪いように思います。
また、キックペダルを踏み込んで行くと、インジケーターの白いマークを通り越したり。
短足のせいか、キックペダルを完全に上に戻せなかったり。
どうも今一つ、もたついてしまいます。

何度目かに、ふと思いつきました。
SR400に跨らないで、右手でキックペダルを出し、そのまま手で押し下げて行く。
左手でデコンプレバーを引き、キックインジケーターを見て位置決め。
キックペダルを一番上まで戻してから、SR400に跨り、しっかりキック。
これで、毎回一発始動でしたv(^^)v

私は元々、キックペダルは手で出しています。
ですので、そのついでに、ちょっと手で押し下げる動作が加わるだけです。
正しくインジケーターを使えば、こんなに楽に始動できたのですね。
なるほどこれなら、ケッチンの心配なんてありません。

いやーお恥ずかしい。
20数年来の無知に、ようやく気づくことが出来ました。
全く私は、今まで何をやっていたのでしょう。
せっかくメーカーが装備した機構を無視して、力任せのでたらめキック。
怪我それ自体よりも、こちらの方がよほど恥ずかしい話です。

今回、ご縁があり20数年振りにSR400を入手したわけですが、本当に良かったと思います。
この機会がなければ、私はSR400というバイクを一生カン違いしたままだったでしょう。

tttさん、たかじゃ!さん、アドバイスありがとうございました(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

禁煙のデメリット

私事ですが、って個人ブログだから当たり前ですが、昨年末から禁煙しています。
喫煙歴30年以上で、毎日ひと箱では足りない生活をしてきました。
禁煙にはさぞ苦労するかと思いましたが、意外なことにさほど苦もなく、半年以上続いています。
どうやらこのまま、無事に「卒煙」出来そうです。

やはり色々と良いことがありますね。
朝の歯磨きの時にウェっと来ない。夜中に咳き込まない。
匂いや味に敏感になり、食べ物が美味しい。
喫煙場所を探さなくて良い。
タバコ代だけでなく、コンビニでの「ついで買い」の無駄遣いも減りました。

一方、デメリットもあります。
まずは、中年太りが更にワンランクアップしてしまったこと。
情けないことに、夏のスラックスが全部きつくなり、今年はまとめ買いをしました。

それから、本題のバイクですが。
一人で休憩する時に「間が持たない」のに困っています。
いくら美しい景色でも、正直なところ2~3分も眺めれば飽きます(^^;
ペットボトルのお茶を飲んで、デジカメでパチパチ。
あてもないのに、ケータイのメールをチェックしたり。
あーあ。
タバコと缶コーヒーがあれば、10分はイケるのに。

以前は、良い景色を見かけたり遅いクルマにブロックされた時など、頻繁に「一服休憩」をしていました。
ところが最近は、停車してもアイドリングのまますぐに再スタートしてしまったり。
休憩の回数自体も減ってしまい、疲労回復、安全運転の面からもマズいように思います。

何か良い手はないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

上野の国立博物館散策

ちょっとお口直しです。
所用ででかけたついでに、国立博物館に寄りました。
気温は34度の快晴。とても街中を散歩は出来ませんからね。
20110715_1

平安時代の「不動明王立像」。
秩父のものとは比較になりませんが、やはりちょっと面白いお顔です。
20110715_2

鎌倉時代の「文殊菩薩騎獅像および侍者立像」
解説には「表情や身振りに誇張と説明的描写がめだつ」とありました。
素人に分かりやすい良さということでしょう。
20110715_3

特別陳列「運慶とその周辺の仏像」。
「十二神将立像」と「四天王眷属立像」。
良いお顔をしています。
20110715_4 20110715_5

明治時代の古写真。
箱根の塔の沢。京都東山の八坂塔。
決して訪れることの出来ない風景。見飽きません。
20110715_6 20110715_7

明治5年の「壬申検査」の際のステレオ写真。
鈴鹿と名古屋市街。
「壬申検査」とは、政府によって企画された近代最初の文化財調査だそうです。
その際に、日常的な風景も多く撮影されたとのこと。
20110715_8 20110715_9
パソコンの前で並行視法による立体視にトライしましたが、うまく行きません。
ちゃんとビューアーを使って見せてくれれば、楽しいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアリズム

えー。
このブログは、言うまでもなく、私めのバイク関連の出来事のご紹介がメインとなっております。
それらが、どなたかのお役に立てて頂けるよう、出来るだけ具体的な説明を心がけております。
この趣旨に沿って、ここ二週間の状況を具体的にご説明します。
お役にお立つかは、分かりかねますが。

大血川林道に行って血を見てから二週間。
幅1センチ長さ5センチ程の深い打ち傷と、周囲にあざが出来まして。
当日は大して出血もせず良かったと思ったら、さにあらず。
数日後、傷の横がピンポン球を半分に切った位に腫れ上がりました。
たまらず外科に行きますと、血管が切れて血が溜まっているとのこと。
まずは抗生物質の点滴を三日間。
周囲の腫れがひいたところで、ピンポン玉を切開して、赤黒いゼリー状の血をむぎゅむぎゅっと絞り出し。
その後、感染予防に中に消毒薬を浸したガーゼを詰め込み、毎日残りの血を、むぎゅむぎゅ。
一週間して、やっと何も出なくなり、今日は傷口を縫ってもらいました。
「あと一週間位だね」
やれやれ。全治三週間ですか・・・
20110701

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

SR400で負傷

大恥をさらします(^^;

7月1日の朝です。
SR400の始動にキック10数回。
そのうち一度は、キックペダルを踏み外し、戻るペダルで脛に手痛い一撃を食らいました。

当日は大して痛くなかったのですが、夕方見ますと長さ5cm以上の傷が。
ただの擦り傷だと思っていましたら、後から脛や足の甲まで腫れ上がってしまいました。
仕方なく外科へ行きますと、血管まで切れていて血腫も出来ているとのこと。
抗生物質の点滴を、連続三日(^^;

その後、腫れは大分引いてきましたが、まだ痛いです。
とほほ。
若い頃SRに乗っていた時は、一度もこんなことはありませんでした。
キックをしっかり踏み抜く、筋力が落ちているのでしょうか。
それ以上に、バイクをナメてかかった「油断」かも知れません。
改めて気を引き締めて。
この程度で済んで良かったと考えましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

SR400で大血川林道

私は今月から9月まで、毎週木金休みの変則勤務となります。
さっそく一人でバイクで出かけましょう。
ところが、、、スカーバーが充電不足で始動不能。
仕方ありません、6月5日に続き、またもやSRの出動です。
ところが、、、SRもなぜかご機嫌斜め。
キック10回以上でやっと目覚めました。

目的地は、大血川林道です。
国道140号線から三峰神社に行くには、秩父湖を経由し時計回りのようなルートになります。
これに対し、手前から大血川に沿って反時計まわりに行く、バイパスのような林道です。
林道の入口でびっくり。途中までで通行止めですか。
まぁ行けるところまで行ってみましょう。
20110701_1 20110701_2
美しい渓谷。だーれもいない林道。
路面は全舗装で荒れも少なく快適です。
20110701_3 20110701_4
ですが、、、きちんと全面通行止めでした。
バリケードを動かして、、、いやいや止めておきましょう。
残念ですが、秋の紅葉シーズンのお楽しみということで。
20110701_5 20110701_6

定峰峠の小川町側。
「あじさいの道」では、あじさいが満開でした。
20110701_7 20110701_8


翌日の土曜日。
ちょっとだけ2台を引っ張り出してみました。
まる一日かけて満充電したスカーバーは、セル一発で普通に始動。
SRは、息子がキックすると一発でかかりました。
息子いわく。
「お父さんねぇ、昨日は『仕方ないなぁ』なんて思っていたんじゃないの?」
「僕みたいにね。『よろしくね』って思いを込めてキックしないとね!」
うーん。
その通りかも知れませんね(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »