« F800STハンドルアップ+アップ | トップページ | 東京モーターサイクルショー2012 その5 バイク映画 »

2012年3月17日 (土)

富士山すそ野ウォーク第7回 大石寺から田貫湖

富士山のすそ野約150kmを12回に分けて一周する、第7回です。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、今年はまだ寒い日が続いています。
おまけに、前の晩の天気予報は、この通り。
う~んこれは参りました。
まぁ、こういう日もありますよね。
20120317_01

今回は、全体的にだらだら上り坂が続きます。
ですが、国道などはほとんどなし。
のどかな里道や、交通量の少ない整備された林道などが主体なのは嬉しいところ。
天気が良ければ、富士山の絶景ポイントがいくつもあったそうです(^^;

見学地は、源頼朝の「富士の巻狩」にちなむ場所が多いです。
最初の見学地は「狩宿の下馬桜」「井出家高麗門及び長屋」。
20120317_02 20120317_03
お昼は、富士宮市内の「和乃泉」というお店。
形通りの和食ですが、わさびや桜エビが静岡テイストでしょうか。
20120317_04
「富士の巻狩」関連の旧跡です。
「曽我兄弟の仇討」の「工藤祐経の墓」「曽我の隠れ岩」。
私は落語や講談が結構好きなので、こういう見どころはちょっと嬉しいです(^^)
20120317_05 20120317_06
「音止の滝」「白糸の滝」は、地震の影響で立ち入り制限があって、ちょっと残念。
20120317_07 20120317_08
すぐそばには「頼朝のおびん※」ではなくて「水」。
周囲には、ありがちな土産物店がずらっと並び、雰囲気は今一つですねぇ。
20120317_09 20120317_10
雨はどんどん降り続きます・・・
モンベルのゴアテックスレインウェアは、良いですね。
中に着る服を調整すれば、濡れも蒸れも、ほとんど無しです。
20120317_11 20120317_12
人造湖の「田貫湖」。
気持ちの良い歩道。水辺には釣り用のスペース。
周囲はきれいに整備されています。
逆にキレイすぎて物足りないような。
おいおい、俗っぽいのもダメでキレイなのもダメかい。
なんて。自分に突っ込んでしまいました。
20120317_13 20120317_14
立ち寄った温泉は「富士山溶岩の湯 泉水」。
マイクロバブルの露天風呂。
溶岩は遠赤外線効果があるとか。
「3億5000年前」の地殻変動で出来たミネラル岩塩。
ものすごく精度の高い年代測定ですねぇ(^^;
20120317_15 20120317_16

|

« F800STハンドルアップ+アップ | トップページ | 東京モーターサイクルショー2012 その5 バイク映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野ウォーク第7回 大石寺から田貫湖:

« F800STハンドルアップ+アップ | トップページ | 東京モーターサイクルショー2012 その5 バイク映画 »