« SR400で奥武蔵グリーンライン | トップページ | 独創技術で独走 »

2012年8月 4日 (土)

富士山すそ野ウォーク第12回 道の駅かつやま から 北口本宮浅間神社

富士山のすそ野約150kmを、12回に分けて歩いて一周するバスツアー。
今回の第12回で、最終回です。
20120804

午前中は川口湖畔の「道の駅かつやま」から、湖畔の遊歩道を歩きました。
「さくや愛の鐘」は木花咲耶姫命にちなんだネーミングですね。
20120804_01 20120804_02

更に進み、点のない「冨士御室浅間神社」。
20120804_03 20120804_04

お昼は湖畔の土産物店で、ワカサギの天ぷらと冷やし汁で食べるほうとう。
天ぷらはちゃんと揚げたてでした。
20120804_05 20120804_06

午後は一転、雑然とした国号137号の歩道を延々と歩きました。
富士急ハイランドそばで小休止。
おーすごい。私はとても乗れません。
20120804_07 20120804_08

火祭りで有名な吉田町。
かつては富士登山の人で賑わったという「御師の街並み」。
昭和39年に富士スバルラインが開通し、登山者の流れが変わって衰退してしまったそうです。
20120804_09 20120804_10

その一軒を見学。解説を聞かせて頂きました。
風が通ると、涼しくて気持ちの良いこと。
20120804_11 20120804_12

国号137号沿いの「北口本宮浅間神社」でゴールです。
ここが1回目のスタート点。確かに一回りしたことになります。
ちょうど薪能の準備中。
20120804_13 20120804_14

「ふじやま温泉」でさっぱり。
ここは良かったですねー。大きな木造の浴室が良い気持でした。
その後「フジヤマミュージアム」で表彰式です(^^;
完歩の証明書と、記念品はデジタル時計。
20120804_15 20120804_16

この美術館は、富士急が創立75周年記念事業として開館したものだそうです。
富士山にちなんだ絵画が沢山。
横山大観、藤田嗣治、山下清など大家がずらり。
その他、久里洋二や八代亜紀の作品なども。
大きな窓の外に、絶叫マシンがうねうねと。
20120804_17 20120804_18

さて12回の総括です。

 ・12回の天候 晴れ:6回 曇り:3回 雨:3回
 ・富士山の見えた回:7回

埼玉県在住の私には、富士山周辺はちょうど良い距離の観光スポットです。
富士五湖や忍野八海や白糸の滝など、多くの場所は何度も来たことがあります。
それでも、解説付きでじっくり歩くと、また違った面白さがあります。

初めの頃は結構疲れて筋肉痛が残ったりしたのですが、だんだん慣れてきました。
シューズやレインウェアなども買い替えて、すっかり「その気」になって。

このバスツアーは、私のような中高年が、ぴったりパマる要素が満載です。
 ・運動不足でも何とかなる、無理のないウォーキング。
 ・レジュメとガイドが付き、自然や歴史などの解説が聞ける。
 ・名物の食事付き、帰りは温泉でさっぱりと。
 ・参加費は、食事や温泉も付いて9000円ほどとお手軽。
 ・一周ルートで、達成感を味わえる。
中高年向けのビジネスモデルとして、成功するワケだなぁと。

顔なじみになった皆さんとも今回でお別れです。
「次はどのコースにしようか」などと話し合ったりしました。

|

« SR400で奥武蔵グリーンライン | トップページ | 独創技術で独走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山すそ野ウォーク第12回 道の駅かつやま から 北口本宮浅間神社:

« SR400で奥武蔵グリーンライン | トップページ | 独創技術で独走 »