« 「富士総合火力演習」見学ご報告 その1 | トップページ | 「富士総合火力演習」見学ご報告 その3 »

2012年8月27日 (月)

「富士総合火力演習」見学ご報告 その2

さて、総合火力演習の内容です。
シート席はどうかと思いましたが、全体がやや傾斜しています。
おかげで、全く見えないという程ではありませんでした。
とはいえ、遠慮がちにカメラを構えれば、どうしても前の人の頭も入ります・・・

それでは演習のご紹介です。
より詳しいサイトは沢山ありますので、私はさくっとご紹介。
まずは、パンフレット、日程、スケジュール、プログラム(←検索用)です。
前段演習は、「陸上自衛隊の主要装備品の紹介」。
後段演習は、「統合による作戦および攻撃の場を通じた諸職種協同の戦闘様相の展示」。
20120826_31 20120826_32
20120826_33 20120826_34

種類の異なる砲を同時発射して、空中で同時爆発させ、富士山を描いています。
精密なコントロールが必要な、高度な技術だそうです。
20120826_13

とにかく実弾射撃の迫力は、すごいですねー。
花火大会の迫力を「太鼓や木槌」だとすれば、、、
こちらは「鉄のハンマーで岩をぶったたく!」ような衝撃です。
もちろん、これでも火薬量は減らしてあるのでしょうが。
20120826_14 20120826_15

初登場の最新型10式戦車は、スラロームしながら主砲を発射。
その後、素早くバックしながら離脱。
怪獣映画では、止まっている戦車隊に破壊光線を浴びせるようなシーンがありますよね。
戦車に限らず「攻撃を終えたら素早く離脱」が基本なんですね。
20120826_16 20120826_17

ヘリコプターから降りた偵察隊も、ぶら下がったままで帰還。
私のデジカメ画像では良く分かりませんが、ぶら下りながら銃を構えているようです。
20120826_18 20120826_19

海上自衛隊からの航空支援。
初登場P-3Cの哨戒。F-2ジェット戦闘機による攻撃。
やはりたまらない迫力です。
20120826_21 20120826_22

とまぁ、挙げているとキリがありません。
フィニッシュでは、出てきた車両や航空機が続々と登場の。
12:00に演習が終了。
去っていく車両と手を振り合ったり。
20120826_23 20120826_24

楽隊の演奏があり、午後は演習に参加した車両やヘリコプターがずらりと整列。
さすがに10式戦車やヘリコプターは周囲を囲っています。
ですが、それ以外の車両は、べたべたと触ることも出来ました。
15:00まで展示時間です。
20120826_25 20120826_26

いやもう、男の子なら誰でもしびれてしまうイベントです。
「うーんこれなら、ガメラだって苦戦する訳だよね」なーんて。

怪獣以外を相手にする想定につきましては、コメントは控えさせて頂きます。
以前、埼玉県朝霞市の陸上自衛隊広報センターに行った際には、、、
「抜かない刀を研ぐ」という表現を見かけましたっけ。

ふぅー。
この調子で、登場した機器すべてをご紹介したいのですが、、、まぁこの辺で。
肝心の「自衛隊のバイク」のご紹介は、また後日にさせて下さい。

|

« 「富士総合火力演習」見学ご報告 その1 | トップページ | 「富士総合火力演習」見学ご報告 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/55549411

この記事へのトラックバック一覧です: 「富士総合火力演習」見学ご報告 その2:

« 「富士総合火力演習」見学ご報告 その1 | トップページ | 「富士総合火力演習」見学ご報告 その3 »