« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

浅間山すそ野ぐるり一周ウォーク 第1回

8月に「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」全12回を終えました。
さて、次はどこにしましょうか?
このバスツアーは、クラブツーリズムという旅行会社の商品です。
「東京湾」「三浦半島」などの候補の中から、これを選んでみました。

ちなみに。
ウィキペディアの「浅間神社」の項によりますと、、、
「あさま」は火山を示す古語とされ、阿蘇山の「あそ」も同系のことばであると言われる。
だそうです。
なるほど。だから富士山の周辺にも浅間神社が沢山あったのですね。

今度は全10回。全体図はこんな感じ。
「富士山」は、時計回りにキレイに一周します。
それに対し「浅間山」は、コースの入れ込みが結構複雑です。
これでは「ぐるり一周」のだいご味と言いますか、達成感は今ひとつのように感じます。
地蔵峠のようなきつい登りを避けて、両側に下る設定をしているようです。
201209301 20120930

さて1回目です。
バスは、旧軽井沢の別荘地から白糸の滝へ抜ける「白糸ハイランドウェイ」へ。
その中間点にある料金所の手前が、スタート地点。
201209302

「信濃自然遊歩道」は、未、ではなくて無舗装で良く整備された、気持ちの良い道でした。
参加している方は、総じて「富士山」の参加者よりベテランという印象です。
熱心にメモを取ったり、一眼レフを抱えていたり。
20120930_01 20120930_02 20120930_03

お昼は「高崎のだるま弁当」。昔ながらの名物で、私には懐かしいです。
キレイなあずまやですが、雨でなければ外の方が気持ちが良いですね。
ところでこの遊歩道には、水場もトイレもなしです。
ガイドの方から「お花つみ」「キジ撃ち」の説明がありました(^^;
20120930_04 20120930_05 20120930_06

コース中唯一の、浅間山のビューポイント。
残念がら、わずかに輪郭が見えただけ。
その辺にポロポロと栗の実が。拾って生のままかじってみたり。
この花は、有名な「トリカ○ト」だそうです。
へぇー、こんな風に自生しているんですか。
「花の名前+自生」といったキーワード検索でヒットしないように、一応伏せ字にしておきます。
20120930_07 20120930_08 20120930_09

周囲は広葉樹林。紅葉もはじまった落ち葉の小道。
心地よい遊歩道が終わると、、、突然この通りです。
「信州クラフトビアフェスティバル」地ビールのイベントですね。
そして、休憩ポイントは「ハルニレテラス」。
おしゃれなお店が並ぶ、リゾートの観光スポット。
さっきまで「キジ撃ち」の話をしていたのに・・・ねぇ。
20120930_10 20120930_11 20120930_12

最後に、中軽井沢駅のそばまで少し街歩きをして、ゴール。
バスで少し移動して、お風呂はこちらの「千ケ滝温泉」。
屋内浴槽と、屋根付き屋根なしの露天風呂。
畳の休憩設備などはなし。自販機とおみやげコーナー少々。
これで休日1200円ですか。
富士山すそ野の類似施設に比べますと、割高に感じます。
20120930_13 20120930_14

さて感想です。
「富士山」は、一周がほとんど切れ目なく市街地や観光地でした。
おかげで街歩きも結構ありましたが、その反面食事や休憩場所は充実していました。
それに対して「浅間山」は、食事やトイレの施設も無かったりするようです。
その分、自然を満喫出来そうで、今後が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

映画「天地明察」を見てきました。

某県某市のレイトショーで、映画「天地明察」を見てきました。

主演助演の俳優陣も良く、程よくユーモラスなシーンも。
挫折もあるが、妻の支えもあり、生涯をかけた挑戦は大成功。
後味すっきりの、見て損のない映画だったと思います。
Tenchi_1

例によって、斜め方向からの感想です。
映画の法則を思いつきました。
「女性が美しい映画は面白い」。

主人公の奥さん役の、宮崎あおいさんです。
まぁ彼女は映画でもテレビドラマでもCMでも、いつ何を見ても大変かわいいのですが。
それでも、この映画では特に良かったと思うんですよ。
以下、極めて個人的な他の映画の事例を挙げます。

同じ滝田洋二郎監督の「おくりびと」の広末涼子さん。
にこにこ明るい奥さんが、可愛らしかったです。
その分「その仕事だけはいや」と家を出るシーンの効果が高まったと思います。
また、一瞬だけ下着が見えるシーンがあり、こちらも大変良かった(^^;

平成版ガメラ第一作「ガメラ 大怪獣空中決戦」の中山忍さん。
失礼ながらこの方は、姉の美穂さんに比べると、人気は今一つです。
ですが、この時の「長峰真弓」は実に格好良かったです。

天然で評判の綾瀬はるかさん。
少し前の「プリンセストヨトミ」は、かなりのトンデモでしたっけ。
この時の彼女は、全然ぱっとしませんでした。
それに対して「仁-JIN-」の「橘 咲」さんの素敵なこと。

単純に私の好みを挙げているだけ、のような気もしますけど(^^ゞ。
むりやりコジツケますと。
「美しい」=「キャラが立っていて存在感がある」ということで。
それだけ、臨場感を持って映画に入り込めたのだと解釈できるかと。
そういった意味で「女性が美しい映画は面白い」と言えるのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

ハンドルグリップにカバー取付け

ここのところ、まともに走らせていませんが。
F800STをちょこっとイジりましたので、ご報告です。

私のF800STは走行2万キロ超。ハンドルグリップのすり減りが気になります。
グリップヒーター内蔵ですからねぇ、交換費用なんて聞く気にもなれません。
SRの時のように、ただのグリップなら数百円で済むのに。
20120915_1

そこで、何かないかと探したら、こんな物が。
キジマ エルゴワークス グリップシュリンクチューブ
品番:BM-04001
定価:\1.260
製品寸法(自然状態):φ40×104mm(約50%まで熱収縮)
20120915_2

更にネットで探しますと。
同じ物が、釣り道具店で安く売っているそうです。
共和 ミリオンラバーグリップスーパー
内径40mm×厚さ0.5mm×長さ500mm
20120915_3 20120915_4

近所の釣り用品店「上州屋」で、990円で購入しました。
説明を見ると、ガスコンロや電熱器での使用例が。
まぁ何とかなるでしょう。

適当に切って、はめ込みます。
かなりブカブカに見えますが、グリップエンドの径にぴったり。
ワンサイズ小さい35mmですと、通すだけでひと手間かかるかも知れません。
20120915_5 20120915_6

家庭用のドライヤー1200Wで加熱します。
片側で10分以上かかりましたが、良い具合にフィットしました(^^)
「縦方向にも若干収縮」と書いてありましたが、ほとんど収縮しないようです。
少し長さの余裕を見たら、端にかぶさるような感じになりましたが、問題はなさそうです。
見た目もすっきりして、さほど違和感もなく良い感じです。
20120915_7 20120915_8

走行時の感想は、後日ご報告させて頂きます。
ですが、、、来週もお彼岸でお墓参りなんですよねぇ。

500mmの物を購入しましたので、半分余っています。
どなたかお使いになるようでしたら、メールでご連絡下さい。
差し上げますので(^^)


さっそくメールでご連絡を頂きました。ありがとうございます(^^)


ついでに、もうひとつ情報です。
通販で購入するのでしたら、わずかに短いだけで、こんな安い物もありましたよ。
同じ物が、様々な形で売られているんですね。

オーム電機ダイレクト
04-5096 収縮カバーφ40.0mm 20cm黒 DZ-TV40 399円
20120915_9


2012/9/20追記

メールでご連絡を下さった方に、チューブの残り半分をお送りしました。
お支払いの申し出まで頂きましたが、普通郵便で90円ですからね。
ほぼ私と同世代の、F800STにおお乗りの方です。
さっそく、取り付けた様子の画像をメールで送って下さいました。
私が持っていれば、道具箱のコヤシになってしまいますからね。
活用して頂けて、私も嬉しいです。
Mさん、ご連絡どうもありがとうございました(^^)
20120915_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

交差点「心の鏡」

ぜんぜん面白くない話ですが。

ウチの近所の交差点です。
片側1車線の県道を、片側2車線に拡張する工事が進んでいます。
拡張工事がこの交差点のすぐ先で止まっていて、左側1車線に絞られています。
20120909

それを知っている私は、いつも左側車線で信号待ちをします。
そして右側のクルマとは、交互に譲り合いながら合流するわけです。

普通に混雑して二列になるなら、それで良いのですけどね。
空いていて、左にだけ何台も並んでいる時に、後から来て右の前に並ばれると、、、悔しい(^^;
うーん。我ながら人間が小さいです。
反省。
この交差点に差し掛かった時には、なるべく気持ちをゆったりさせて。
先に行かれても譲る余裕を持つように、心がけています。

ですが、、、つい「心がけ」を忘れてしまうんですよねぇ。
信号待ちの先頭にいて、後から右に並ばれてフライング気味に発進されたりすると、、、
私も、ついアクセルを踏む足に力が入ってしまう。
はぁ~。やっちゃった。

やはり私は、その程度の人間です。
この交差点は、私の「器」を映し出す、鏡のような場所です。
、、、と言いますか、クルマやバイクの運転自体が、そんな感じですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

F800ST生存報告

8月は、ついに一度もF800STの出動機会がありませんでした。
「渋滞すると猛烈に熱いから、なんとか対策を考えないと」
なんて考えていたのですが、乗らないのでは対策も何も、、、(^^;

これはちょっと、マズいなぁと。
でも、そんな理由でバイクに乗るのも、マズいなぁと。

とにかく、午後から息子のSR400と軽く流してきました。
7月15日以来ですが、バッテリーも元気で何の問題もありません。
この間に、私はSR400には何度か乗っています。
そのせいか、走り出しは、ちょっとぎくしゃくしてしまいました。

休憩した道の駅で、こんなのに遭遇。
6気筒のホンダCBX1000。アールズフォークでサイドカー付き。
これはすごい。
しばらく待っていて、オーナーの方と少し話をしました。
先日エンジンをブローさせて、修理したばかりだそうです。
なるほど、全体は年式なりでも、要所のボルト類は新品だったり。
しっかり手入れがされているようです。
20120902_1 20120902_2

短髪で半袖シャツに作業ズボン。無口な渋いおじさんでした。
SR400に5秒ほど視線を走らせていたので、何か言うかと思ったら、、、
黙って会釈だけして、走り去って行きました。

息子いわく。
「RIDEの漫画の主人公みたいな人だったね」。
あーホント、そんな感じ。
「お父さんは、べらべらしゃべる脇役キャラだね」。
はいはい。
それも充分承知しています。
20120902_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »