« 浅間山すそ野ぐるり一周ウォーク 第4回 桜岩観音~万座鹿沢口 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎観賞 »

2012年12月23日 (日)

東京駅前大混雑体験記

こんなニュースがありました。
テレビニュースなどでも度々紹介されている、話題のイベントが中止です。
20121223_01 20121223_02

東京駅の投影ショー、25日以降も中止 観客殺到で
朝日新聞デジタル 12月25日(火)11時54分配信 
【中田絢子】東京駅丸の内駅舎に映像を投影するショー「TOKYO HIKARI VISION(トウキョウ・ヒカリ・ビジョン)」を主催する実行委員会(東京都、東京商工会議所、JR東日本など)は25日、同日以降の開催を取りやめると発表した。「見物客の安全が確保できず、平日の開催はビジネス客にも迷惑をかけるため」という。23日に見物客が殺到して予定より早く終了し、24日も中止していた。
【写真】中止となった「TOKYO HIKARI VISION」。21日夜も、大勢の人が集まった=東京・丸の内、金子淳撮影
 駅舎をスクリーンに見立て、コンピューター・グラフィックスの映像を投影する「プロジェクションマッピング」という手法を採り入れたショー。21日に始まり、28日まで、午後6~7時40分に開催する予定だった。実行委では、見物客2万人を収容できるとして駅舎前から行幸通り周辺を「観覧エリア」として案内した。ところが、23日午後6時ごろには2万人以上がつめかけ、車道にまで人がはみだした。
 丸の内駅舎では9月にもJR東が主催する同様のイベントがあったが、初日に見物客が殺到。予定より早く終了した。今回、実行委は警備員と誘導員を100人増やして計400人配置したが、予想以上の人出に現場は混乱。順路を示すコーンが倒されたり、誘導員のいない歩道でも多くの見物客が立ち止まったりした。実行委は「予想以上の人出で誘導ができなかった。問題点を検証する」としている。

20121223

実はこの時、私も現場にいました。
ニュースの現場に居合わせるような経験は初めてですので、ちょっとご報告。

東京駅南口に着いたのが、午後5時前でした。
上映場所に近いロータリー周辺には、もう人が一杯のようでした。
そこで、ロータリーに面した「新丸の内ビル」前の観覧スペースの柵の中へ。
人が集まり始めていましたが、前から2~3列という位置で、充分良く見えます。
目の前の歩道には4~5人の係の方がいました。
「歩道には立ち止まらないで下さい」と連呼していますが、小さな拡声器のしょぼいこと。
この頃は、歩道も普通に歩けていました。
20121223_03

30分ほど待って5時半頃の開始時には、もう歩道も人が一杯。
「立ち止まらないで」の声もむなしく、まともに進めない状態でした。
柵の中で振り返ると、後ろにもすごい人だかり。
後ろの人は、まともに見えるとは思えません。
結構な年配の方。幼稚園くらいの子どもに、抱っこをせがまれているお父さん。
この時はまだ、大変だなぁと思っただけでした。
20121223_04

一度目の上映が終わってからが、さぁ大変。
東京駅方面から来る人と駅方面に向かう人が、歩道上で混じり合っています。
交差点の信号もあり、もう全く進めなくなりました。
一方向への流れもなく、押し合いながらゆるゆると動いている感じ。
何人かいた係の人の姿も無く、規制や誘導する声も聞こえません。
20121223_05

これはもうダメです。
とにかく、少しでも空いているであろう、駅とは反対の方向へ脱出しましょう。
何とか「新丸の内ビル」の中に入り、反対側の出口へ。
ところが。
こちらはこちらで「劇団四季60周年展」のイベントの開演待ちの大混雑。
フロアはもちろん、吹き抜けの上階まで人が一杯。
それでも外よりは流れがあり、駅と反対側の出口へ抜けることが出来ました。
20121223_06

こちら「丸の内中通り」は、真っ白に輝く街路樹が連なる「丸の内イルミネーション」。
先ほどの、恐怖さえ感じるような混雑をよそに、ベビーカーの親子連れまで。
そうかー、暗いとはいえ、まだ6時なんですよね。
20121223_07 20121223_08

後は普通に歩いて「三菱一号館」の脇を通り、JR有楽町駅へ。
駅前の「東京国際フォーラム」で夕飯を食べて帰りました。
20121223_09 20121223_10

いやー、珍しい経験でした。
「大災害で苦しんでいる地域から少し離れると、まるで普段通りに過ごしている。」
そんな違和感の報道を見ますが、まさにそんな感じでしたね。

大混雑の中は、流れが速いわけでも、壁があるわけでもありません。
ですので「転んだらヤバイ」とか「はさまれて苦しい」という訳ではありませんでした。
それでも、なんとも異様な重苦しさ。
何人かいた係の人の姿も消え、規制や誘導する声も聞こえません。
とにかく、脱出するにはどうするか。
正直なところ、連れ以外の、周囲の人に気を使う気は全く起きませんでした。
イザとなったら、私も「自分さえ良ければ」という行動を取る奴なのを実感です、、、

肝心の映像ですが。
離れて見ていますと、正直なところ、さしたる感動も無かったですね(^^;

|

« 浅間山すそ野ぐるり一周ウォーク 第4回 桜岩観音~万座鹿沢口 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎観賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/56393969

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅前大混雑体験記:

« 浅間山すそ野ぐるり一周ウォーク 第4回 桜岩観音~万座鹿沢口 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎観賞 »