« スカーバーに再会・・・ | トップページ | F-04E日記/スマホ購入 »

2012年12月 9日 (日)

深川江戸資料館に行ってきました。

ここは、江戸時代の深川の街並みを忠実に再現した展示館です。

建物は基礎や土壁、へっついまで当時の工法で作ってあるそうです。
そして、建物ごとに仕事や生活用具などが細かく再現されています。

例えば長屋の住人ですと「独身のアサリ売り」「三味線のお師匠さん」・・・
といった具合に詳細な設定があり、大変リアルな展示になっています。
説明のパネルなどは、一切なし。
解説のおばあさんが、色々話してくれるだけ。

こういった「再現系」の展示って、結構あちこちにあると思います。
でも、そういった施設の多くは「触らないで」だったりしますよね。

ところがここは、自由に触れて構わないんです。
長屋に上がり込んで、コタツに入ってみたり。
船宿の座敷から、通りを眺めたり寝転んでみたり。
八百屋の店先に座ってみたり。

うーん。これは本当にすごい。
池波正太郎の「剣客商売」の船宿で語り合うシーンとか。
落語の「時そば」の「今何時だい?」「へい、九つで」とかね。
様々な情景が浮かび、江戸の町に入り込んでいるような気持ちにさせられます。

建物の外観やロビーなどは、まるで地味な区民会館か何かのようです。
それでいて、中はこの通りの素晴らしさ。
これこそまさに「本気」「本物」。

オープンは、1986年=昭和61年だそうです。
高度経済成長期とは言え、能天気な無駄遣いは出来なかっただろうと思います。
限られた予算は、どこに集中させるか。
もう少し後のバブル期の、いかにもな外観で使い勝手の悪い箱モノとは大違い。
よほど確かな企画力構想力を持った方が、いらしたのでしょうね。

20121209_01 20121209_02 20121209_03
20121209_04 20121209_05 20121209_06
20121209_07 20121209_08 20121209_09
20121209_10 20121209_11 20121209_12
20121209_13 20121209_14 20121209_15

|

« スカーバーに再会・・・ | トップページ | F-04E日記/スマホ購入 »

コメント

こんにちは

面白そうな展示ですね
夏に東京都現代美術館に
巨神兵を見に行った祭に
ニアミスしていたようです

暑くて町並みも 素通りしているので
あらためて訪問したいですbleah

投稿: ロッソ | 2012年12月16日 (日) 11時16分

ロッソさん、コメントありがとうございます(^^)
東京都現代美術館は、本当にすぐそばですよね。
江戸東京博物館もふた駅ですし。
あの界隈は下町の風情があって、良いですよね。
機会がありましたら、ぜひ(^^)

投稿: 缶コーヒー | 2012年12月16日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/56312625

この記事へのトラックバック一覧です: 深川江戸資料館に行ってきました。:

« スカーバーに再会・・・ | トップページ | F-04E日記/スマホ購入 »