« まるごとバイクフェスティバル | トップページ | 群馬県桐生市「重要伝統的建造物群保存地区」見学 »

2013年4月30日 (火)

「山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展」見学

NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のオープニングに登場したジオラマの作家の展示会です。
昨年から高島屋デパートの日本橋店から福岡大阪京都などを巡回し、やっと埼玉県にも来てくれました。

20130430_03
・埼玉県さいたま市の大宮駅東口駅前
・大宮高島屋8階催会場
・2013年4月24日(水)~5月6日(月)
・一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料

残念ながら、会場は撮影不可です。
当日購入した小冊子から、一部をご紹介。
20130430_07 20130430_08
20130430_09 20130430_10

私は、2008年7月27日に青梅市の「昭和幻燈館」で、この方の作品を見ています。
その時に展示されていた作品もありました。
そちらでは撮影フリーでしたので、その時の画像も数点ご紹介。
細かいご説明は省きますが、今回の展示とは少し内容が違っていたりします。
20130430_11 20130430_12
20130430_13 20130430_14

うーんすごいですねぇ。
小さなジオラマから、どこまでも世界が広がっているみたい。
いつまで見ていても、飽きません。

先日の「江戸東京博物館」は、東京都立で1993年開館です。
つまり、まさにバブル期の企画。
無意味に思える大空間とか、長~いエレベーターとか。
展示内容も同様です。
実物大の建て込みや、大型で豪華なジオラマとかね。
まぁそれらも、大変見応えはありますが、、、

こちらは、まさに対極。たった一人で作っているのだそうです。

例えば浅草の12階「凌雲閣」です。
江戸東京博物館のそれは、見上げるほどの大きさ。
それに対しこちらは、警官隊を尻目に、最上階で怪人が美女をさらい気球で逃走!

もちろん、博物館の学術展示と美術作品を、同列に論じても仕方ありません。
それでも「巨大な公共資本 対 一個人」と対比させると、なんとも痛快に感じます。

作品の中には、上野の老舗料亭や北原照久氏などの個人所蔵もありました。
仮に制作に三カ月かかるとして、、、いくらでオーダー出来るかなぁ、、、なんて。

ちなみに、こちらは大宮駅東口からの高島屋方面の光景です。
私が小学生の頃の再開発以降、大きな変化はありません。
高島屋の壁画は「ピーター・マックス」。
1960~70年代に活躍した、ポップでサイケなアーティストです。
20130430_01 20130430_02

う~ん。
これはもはや、リアルな「昭和レトロ」ですねぇ・・・

|

« まるごとバイクフェスティバル | トップページ | 群馬県桐生市「重要伝統的建造物群保存地区」見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/57295236

この記事へのトラックバック一覧です: 「山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展」見学:

« まるごとバイクフェスティバル | トップページ | 群馬県桐生市「重要伝統的建造物群保存地区」見学 »