« 「桶川の美少女」バージョンアップ | トップページ | F800STでまたーり、秩父高原牧場のポピー »

2013年5月19日 (日)

桶川の「ガラスの家」

桶川の名所?ご紹介を、もうひとつ。
個人の家なので、いかがなものかとも思いますが。
テレビで放映された建物を、公道から撮影した様子ですので、ご容赦願います。

これが、普通の家族が住む「家」なんですって。

20130518_1 20130518_2

ガラスが反射してしまい、分かりにくいのですが。
「全面ガラス貼りの平屋で、平らな陸屋根」の家なんです。
「細長いユニット三体を平行に置いて、その間を通路でつなぐ」という構造のようです。

ご覧の通り、周囲は畑と空き地です。
道路から片側には塀がありましたが、反対側はまるでオープン。

ネットで調べたら、、、これなんですね。
「完成!ドリームハウス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/dreamhouse/special36_130429_02.html
仲の良い松ヶ谷さん家族は、お互いの気配が感じられ、開放感のあるオシャレな平屋を希望しています。

提案したプランは、なんと全面ガラス張りという超大開口の家。
150坪の土地を3つの居住スペースに分け廊下でつなぎ、建物の間は中庭にするという、大きな土地をフル活用した超開放的な平屋を提案しました。
一体、どんなドリームハウスが完成するのでしょうか?


その結果が、これなんですって。

目隠しか日除けか、「よしず」が立てかけてあります。
タープのような布を張りまわしたり。
各部屋の内側には、全面にカーテンが付けてあるようです。
せっかくの大開口ですが、カーテン全開はとても出来ないでしょう。
奥の方の道路から見えない位置なら、少しは開放感を味わえるかも。

巨大なガラス一枚板。
当然二重断熱構造なはずもなく、換気口もないようです。
これでは、相当に暑くて寒いでしょう。
室外機も見えませんが、冷暖房はどうしているのか。

そのほか、ガラス壁の掃除はどうするのか。
室内の棚や収納などは、壁もないのにどう配置しているのか。

土地は親の所有で、費用は2,900万だとか。
よほどの資産家か高収入なら別ですが、庶民にとっては取り返しのつかない金額…

笑って見られるレベルではなく、あれこれ考えると、気が滅入ってきます。

駐車スペースには、青くてヘンな形の某フランス車がありました。
それと同じような感覚で、「他人とは違う、ちょっとヘンなおうち」位の気持ちだったのかも。
それが、テレビ番組でおだてられて、引っ込みがつかなくなったのだったりして。

教訓としては、、、何事も「中庸」を旨とすべし。といったところでしょうか。

私も身分不相応なF800STはやめて、GSR250かNC700にしようかなぁ。

えーっと。
場所についての、詳しいご説明は避けますが、、、ちょっとだけ。
「明星院」の西側です。Google Earth で分かります。

|

« 「桶川の美少女」バージョンアップ | トップページ | F800STでまたーり、秩父高原牧場のポピー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/57397422

この記事へのトラックバック一覧です: 桶川の「ガラスの家」:

« 「桶川の美少女」バージョンアップ | トップページ | F800STでまたーり、秩父高原牧場のポピー »