« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

Breva750インプレッション

先週受け取ってきたばかりの、Breva750。
さっそく、秩父の峠道を軽く流してきました。
同行は友人のKさん。ホンダNC700Sです。

埼玉県の少し混んだ地方道。50~60キロ程度で、のそのそ流れています。
この程度の状況でも、軽くアクセルを煽るだけで、思わず笑ってしまいます。
トップギヤ2000回転位からしっかりトルクがあり、そこからぐいぐいと回ります。
おっ。こいつは楽しいぞ(^^)
空いた道路から峠道に入ると、更に好印象。
コンパクトな車体の、倒し込みの軽くて自然なこと。
いやー、これは参りました。

NC700Sと交替してみます。
Breva750よりひとまわり大柄で、ゆったりポジション。
わずかながらパワーも上で、はるかにスムーズ。
言うまでもなく、NC700シリーズは従来の「パワー至上主義」から一線を画したモデルです。
ところがこのBrva750。
NC700より、更に「向こう」に行っていますねぇ。
昔はカワサキW3を2台乗り継いだKさんも、大いに気に入ったようです。

秩父高原牧場のソフトクリーム300円。
周囲はすでにコスモスが花盛り。
20130831_01 20130831_02

道の駅あらかわ。
鹿肉入りきのこカレーは680円。
20130831_03 20130831_04

ちょうど秩父鉄道のSL「パレオエクスプレス」が通りました。
うーん残念。
横から撮ったら、止まっている機関車みたい・・・
20130831_05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

Breva750いじり

さて、色々とイジらなくては。

まずはGIVIのトップケースです。
ステーの先に、NAPSで注文しておいたアダプターを取り付け、、、入らない(-\-)
ステーの先を平ヤスリで面取り。
アダプターの内側を半丸ヤスリでごりごり。
20130825_01 20130825_02

トップケースは、スカーバーで使っていたE20Nが再登場です。
最近の丸っこい物より使い勝手は良いです。見た目も私の好み。
ちなみに、ベースはF800STに付いていたKAPPAの物を流用です。
GIVIのモノロックベースと完全互換なのですね。
20130825_03 20130825_04

近所の釣り道具店「上州屋」へ。
「ミリオン熱収縮ラバーグリップ・スーパー 」
40mm×0.5mm×500mm 990円。
グリップはF800STより少し細い感じですので、内径35mmの物が良かったかも。
走行8000kmですので、グリップも減ってはいませんが。
20130825_05 20130825_06

「クルマを買うとシートのビニール剥がさないヒトでしょ?」
いやいやー。
すぐにシートカバーかけちゃうヒトです(^^;
それで、次に生のシートを見るのは、クルマを手放す時だという(^^;;;
20130825_07 20130825_08

ナビとカメラのステー。
ハンドルの幅が狭くメーター回りもコンパクトなので、納まりが今一つ。
電源は、どうしますかねぇ。
前オーナーが、2連のシガソケを付けてくれたのですが、、、
ハンドルの周囲で電源ケーブルを束ねるのは、ちょっと。
20130825_09 20130825_10

今日はこれで時間切れです。
電源などは、ゆっくり楽しみながら考えましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

Breva750引き取り

2013年7月21日(日)に、ちょこっとご報告したままで一カ月経ってしまいました。

このBreva750は、スカーバーの購入検討の頃、実際に購入しようとして果たせなかった車両そのものです。
一旦、別の方の所有となっていましたが、縁あって今回、私の元に来ることになりました。
都内のショップで石川県在住の前オーナーから受け取り、そのまま車検を依頼しました。
その後、旅行やお盆など行事が続いて延び延びになりましたが、やっと引き取りに行くことが出来ました。

おー。やはりこれは良いですねぇ。
軽量コンパクトで楽なポジション。
縦置きVツインで、ブリッピングすると車体がぐらりと右に傾きます。
ですが、そんな表面的な面白さだけでなさそうです。
低回転からしっかりトルクがあって、高回転まで回してもスムーズ。
軽くカーブを抜けても、自然な感じで良いですねぇ。
これから、馴染みのルートを走ってみるのが楽しみです。

ただし「アクセル煽るとぐらり」は、状況によってはマズいかも知れません。
あまりナメてかからないように、気を付けようと思います。

このブログのタイトルも、3度目の変更です。
ここ数年で、以下のように乗り換えてきたことになります。

ゼルビス/36馬力
スカーバー/50馬力(37kW)
F800ST/85馬力(63kW)
Breva750/48馬力(35.5kW)

先日のNC700も好印象でしたが、やはり私には50馬力クラスが適正サイズのようです。
「だったらCB400で良いんじゃね?」
いやまぁ、そこはやはり「趣味の道具」ということで(^^;

先日のF800STの記念写真と同じ場所です。
息子のSR400と、Breva750の前々オーナーのW650。
20130824_1

現在、GIVIのステーだけが付いています。
この先に付くアダプターとベースも用意してあります。
20130824_2

恒例により、ネット上の中古車相場です。
20130824_3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

もう一つの、カワサキニンジャ

総合火力演習のおみやげは、こちら。
キーホルダーいくつか。
20130820_16

その中の一つが、川崎重工の観測ヘリコプター「OH-1」です。
なんと、ninja の文字が。
敵陣に忍び込み情報を得る任務から「ニンジャ」の愛称がある、のだそうですよ。

20130820_17
このOH-1の画像は、昨年撮影したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

行ってきました「総合火力演習・予行」

富士のすそ野の演習地で開催される、陸上自衛隊の「総合火力演習」。
今度の日曜日が一般公開日ですが、この一週間はリハーサル=「予行日」のようです。
幸いにも、防衛省主催の見学会に参加出来ましたので、ご報告します。

東京駅前に0600に集合、0630出発。
20130820_01

中型バスに乗ったのですが「人員輸送車1号」なんですね。
運転と補助は女性自衛官でした。
へぇーっと思いましたが、後方支援の物資輸送隊だそうで、納得です。
20130820_02 20130820_03

9時過ぎに現地に到着です。
現地の混雑具合は、こんな感じ。
シート席は結構空きがあり、本番よりはかなり空いているようです。
ひな壇席は楽で見やすいですが、距離がある分、迫力はやや落ちます。
1000からの演習開始までに、トイレに寄ったりオミヤゲも先に買ったり。
20130820_04

予行ですが、内容は本番と全く同じのようです。
自走砲や戦車や装甲車やヘリコプターがぶんぶん。
海上自衛隊のP-3C哨戒機や航空自衛隊のF-2戦闘機もびゅーん。
男の子なら、誰でもしびれちゃいますよねー。

昨年もご紹介していますので、詳細のご報告は省略します。
代わりに、会場周辺の様子など。
20130820_06 20130820_05
20130820_07 20130820_08

パラシュート降下の隊員さん。
ヘルメットがちょっと格好良いです。
20130820_09 20130820_10

ブログの趣旨に沿って、バイクはこんな感じ。
ヘリコプターから下ろされ、偵察活動に出発。
20130820_11

駐車場で、じっくり見せてもらいました。
20130820_12 20130820_13
20130820_14 20130820_15

事前に説明があり、演習終了後は速攻で撤収。
混雑しないうちに、バスで会場から離脱します。
午後の機材展示が見られないのは、ちょっと残念。

その代わり、途中で食事会(会費制です)をしても、渋谷駅前で4時過ぎに解散。
電車で帰ったら、埼玉県の自宅に明るいうちに着いてしまいました。

昨年は一般公開日に自家用車で行き、深夜帰宅でしたからね。
効率的でスピーディな展開で、防衛省主催の見学会は、さすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

見てきました「風立ちぬ」

ジブリ最新作「風立ちぬ」を見てきました。
20130818_1 20130818_2

いやー良かったです。

まずは、ジブリ作品の常として、映像の美しいこと。
青い空や草原の緑、そして湧水の流れや風まで、キラキラと輝いていました。

次にストーリーですが、ジブリの多くの作品同様に、とてもシンプルです。
飛行機が大好きな主人公の、少年時代から青年まで。
夢と恋を、ストレートに描いています。

「夢」と言いますか「仕事」ですね。
ジブリ物では非常に珍しいと思いますが、リアルな航空技術などの描写も面白かったですねぇ。
珍しい演出として、主人公の寝ている方の「夢」のシーンが多く登場します。
その中で、あこがれの設計技師に会ったり夢の飛行機に乗ったり。

「恋」の相手も、すごく良かったです。
関東大震災での出会い。軽井沢の高原での再開。感動的な結婚式。

という訳で、私はとても満足しました。


ただし。
「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」などとは大違い。
小さいお子さんなど、前提知識がないと「話が良く分からない=つまらない」かも知れません。

・主人公のモデルは、かの有名な「零戦」の設計者
・東京帝大を出て三菱航空機に就職
・試作機は「逆ガルウィング」
・非力なエンジンを補う「機体の軽量化」
・空気抵抗を減らす「沈頭鋲」

私は50代のおっさんです。
私の世代ではマンガやプラモデルなど「戦記物」が沢山ありました。
ですので、こういったお話は、普通に常識として知っています。
ですが、お若い方にはさっぱり分からないでしょう。

現実と夢のシーンが、唐突に切り替わります。
夢の方は、飛行機が現実の物ではないので、すぐ分かります。
ですが「ユンカースG-38」のような、それこそ夢に出てきそうな飛行機も登場。
人によっては、現実か夢か迷ってしまいそうなシーンもありました。

その他、時代背景の面でも色々あります。挙げるとキリがなのですが、、、
・仕事帰りに買うのは「シベリア」
・いつでもどこでもタバコ
・家族を顧みずに仕事に没頭
・高原の結核の療養所
そりゃぁ禁煙推進団体からも要望書がきますよ。
結核患者の目の前でタバコ喫ってますからね。

とにかく、監督さんが「作りたい物を作りたいように作った」のでしょう。

もちろん私だって、何から何まで分かっている訳ではありません。
日本軍に当時「逆ガルウィング」の飛行機なんてあったっけ?と思いながら見ていました。
調べたら、試作機が1機だけ作られたのですね。
堀辰雄「風立ちぬ」は大昔に読んだ覚えがありますが、トーマス・マン「魔の山」は未読です。
「風立ちぬ いざ生きめやも」も復習しないと。
超久しぶりに「シベリア」も食べてみたいし。

一緒に映画を見た息子は、今日さっそく「所沢航空記念公園」に行きました。
私も以前見た、零戦の実物展示と「堀越二郎の生涯」展を見てくるとのこと。

とにかく、美しく楽しく悲しく、ディープにマニアック。
汲めども尽きぬ、しかけ満載の映画ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

タイのクルマ事情

えー。タイの四輪車です。
話に聞く通り、バンコクの朝晩の渋滞は、ホントすごかったです。
高速道路からみた渋滞っぷりと、バンコク郊外の超高層マンション群。
急激な経済発展に対し、インフラ整備が追いつかないのでしょうね。
Thai_101 Thai_102
朝の地方都市の光景です。
同じ職場の人が乗り合いで出勤するのでしょう。
白衣の人は、食品加工の仕事でしょうか。
この段階でこの恰好で、良いのですかねぇ・・・
Thai_103 Thai_104
2種類の三輪車。
どちらかといえばバイクかも知れませんが。
後輪二輪はまだしも、前輪二輪は運転が難しそうですが。
Thai_105 Thai_106
有名な小型タクシー「トゥクトゥク」。
旧型と新型となのでしょうか。
Thai_107 Thai_108
もちろん、キレイなクルマも沢山走っています。
アルミやエアロでドレスアップ。エンジンはノーマルらしいですが。
ステッカーの文字が泣かせます。
日本でも、意味不明の英文ステッカーなどを見かけますよね。
それと同じように、日本語がカッコ良く見えるのでしょう。
Thai_109 Thai_110
Thai_111 Thai_112

CNG=天然ガス仕様のトヨタのセダン。
日本ではタクシーしか見ませんが、LPG仕様も多く見かけました。
ガソリンが高いので、ガス仕様のクルマは多いようです。
Thai_113
ホテルの駐車場の格好良いミニ。
Thai_114
空港の日産GT-Rの巨大ポスター。
2ドアのクーペは、ついに一台も見かけませんでした。
Thai_115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

タイのバイク事情 2

タイのバイク事情その2です。
不鮮明な画像が多いですが、無いよりマシということで、ご容赦下さい。

まずは、タイのおまわりさんのバイクです。
バンコクの王宮付近では、白塗りでバイザーやエンジンガード付き。
繁華街では、なぜかオレンジ色。
車種ですか?
Boxer Tiger 200 というバイクのようです。
Thai_012 Thai_011
交番のそばにあった、黒いホンダのレブル?
そして、最近のCBR250R。
Thai_013_2 Thai_014
こちらのCBR250Rは、グレーで黄色いパトライト付き。
聞いてみましたら「市の公務員」だそうです。
後ろに写っているのは、高架式のモノレールの駅と、線路下の歩道です。
Thai_015 Thai_016

はじめさんからコメントで教えて頂いた「BMWの白バイ」。
高速道路で、それらしいのを一度ちらっと見かけただけでした。
実用ではない趣味のバイクも、少しだけ見かけましたよ。
バンコクの繁華街で、スマホをいじっているハーレー。
Thai_017

週末の早朝です。
良く分かりませんが、最近のカワサキのニンジャなど?
ツーリングに出発のようです。
Thai_019
郊外の高速道路。
ハヤブサやドゥカティなどが、びゅーんとすり抜けて行きました。
Thai_020
週末の夜のバンコクの繁華街。
何と、SR400が5~6台。それも、バリバリのカフェレーサー。
ノーマルは、女の子とタンデム。
カスタムの排気音響かせて、夜の街を流すのでしょうか。
先のカワサキもそうですが、車種別のショップやチームがあるのかも。
Thai_021

ほんのおまけです。
良く見かけたヘルメット「INDEX」は、ロゴデザインが「SHOEI」そっくり。
Thai_022

良い味出ているホンダのレブル。ウィンカーがぷらぷら。
Thai_018
新発売らしいです。YAMAHA Fino 。
どうですか、この素敵な色合い(^^)
Thai_023
この後は、、、クルマなどもちょこっとご紹介したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイのバイク事情

タイに旅行に行ってきました。
ニュージーランドの時と同様に、バイクや乗り物のご報告です。

「タイカブ」という言葉がありますよね。
「タイホンダ製の125ccクラスのカブ」という意味かと思います。
ヤマハメイトなど、そんな感じのバイクが、びゅんびゅん走っていました。

大体こんなイメージ。
信号待ちでは、後から来たバイクがするすると前に出て、一斉にフル加速。
Thai_001 Thai_002

とにかくヘビーに使い倒しているという感じ。
サイドカーも沢山いましたし。
Thai_003 Thai_004

バイクのタクシーは、オレンジのベストが目印。
一応、お客さん用ヘルメットも装備しているようです。
Thai_005 Thai_006

「タイカブ」タイプ以外も、それなりに走っています。
Thai_007_3 Thai_008
Thai_009 Thai_010

疲れが抜けていませんので、取り急ぎ、画像10枚です。
ポリスバイクなど、後ほどご報告させて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

スーパーカブちょい乗り

スーパーカブで、ちょこっと用足しに行きました。

カブですからねぇ。暑いし。短パン半そでサンダル(^^;
20130803_2

一面の田んぼの上を、風が輝きながら吹きぬけていきます。
はるか向こうに見えるのは、農協の「カントリーエレベーター」。
20130803_1

やはり、軽いバイクも楽しいですねぇ。

今日は、Breva750を引き取りに行く予定でしたが、都合により延期です。

来週の7日から13日まで、タイに旅行に行ってきます。
ニュージーランドのようなバイク事情は期待できませんが。
後ほどご報告させて頂きますので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »