« フィールドラカンの防寒着購入 その4 | トップページ | 羽生PA「鬼平江戸処」を見学 »

2013年12月26日 (木)

羽生PA「鬼平江戸処」を見学

年末も押し詰まってきました。
掃除や片付けなど、やるべきことは沢山あるのですが・・・

東北自動車道上りの羽生PAが、2013年12月19日にリニューアルオープンしました。
池波正太郎の代表作「鬼平犯科帳」の世界観と江戸の街並みを再現した「鬼平江戸処」だそうです。
Oniheiedodokorodriveplazacom

おぉー。
私は、池波正太郎は大好きです。これは行ってみなくては。
今年のバイク乗り納め。息子と二人でBreva750とSR400で行ってみました。

私は埼玉県在住で羽生市までは1時間ほどですが、東北自動車道上りは逆方向です。
そこで、少し寄り道。

まずは渡良瀬遊水「地」。です
栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがる広大な遊水「池」があります。
道の駅きたかわべの屋上には、無料の望遠鏡。
20131226_01 20131226_02

群馬県館林市の、茂林寺です。
おとぎ話の「分福茶釜」ゆかりのお寺。
門前の土産物店にも境内にも、狸が沢山。
20131226_03 20131226_04

境内にある巨大な狸は、昭和35年に東武鉄道が寄贈したもの。
ちょっと不気味ですねぇ。
「茶釜を題材にしたアンソロジーコミック」Vol4まであり、1冊100円。
「マンガ文化ルネサンス展」というコンクールの入賞作品だそうです。
20131226_05 20131226_06

本堂の中も見学できるのですが、今日は先がありますのでパス。
すぐ裏の湿原は、遊歩道が整備されています。
最寄駅の「東武鉄道伊勢崎線 茂林寺前駅」も、良い感じ。
20131226_07 20131226_08

まだ東北道にも乗っていませんが、一旦ここで一区切りにさせて下さい・・・

|

« フィールドラカンの防寒着購入 その4 | トップページ | 羽生PA「鬼平江戸処」を見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/58832401

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生PA「鬼平江戸処」を見学:

« フィールドラカンの防寒着購入 その4 | トップページ | 羽生PA「鬼平江戸処」を見学 »