« 今日は、新車の納車(される)予定日 | トップページ | とらぬタヌキのフォーチュンクッキー »

2014年2月23日 (日)

モトグッチV7用フレームスライダー続々報

アルミ切削パーツを黒くしたくて、工業用粉体塗装を頼んだら、断られてしまいました(^^;
twenty-oneさんからアルマイト処理の情報を頂き、頼んだものが今日届きました。

おーすごい。これはキレイ。
アルマイト処理なので、膜の厚みは全く感じられません。
切削の精密感そのままに、つややかな黒に仕上がっています。
私の撮影環境ではうまく写りませんが、感じは分かって頂けるでしょうか。
20140223_1

お願いしたのは、こちらのお店です。
東京都品川区にある、Alex Moultonなどの、趣味の自転車のお店 サイクランド コーフーさん。
Original Parts(Other Parts)で紹介されています。
Koowho

どなたかのご参考に、費用もご紹介します。
いつものように、キーワードを羅列(^^;
バイク オートバイ の アルミ カスタム 切削 パーツ 部品 の、黒 カラー 色 アルマイト処理 の費用。
税別で、ひとつ1,000円でした。
元のアルマイト処理の剥離の分、余計に手間がかかっているそうです。

4個ですからね。正直なところ、結構良いお値段ではあります・・・
遠方であれば、これに往復の送料や振込手数料もかかりますし。
OVERのように部品が左右各1個なら、2,000円で済んだかも。

とは言え、遊びではなく仕事として依頼したのですから、これ位は仕方ないですね。
素晴らしい仕上がりの、オリジナル処理ですからね、大満足です。
あちこちで自慢して、元を取りましょう(^^;

早速取り付けたかったのですが、、、用があって出掛けてしまい、後日のお楽しみです。
先日のクルマといい、あれもこれも延期で、困ったものです。

|

« 今日は、新車の納車(される)予定日 | トップページ | とらぬタヌキのフォーチュンクッキー »

Breva750装備」カテゴリの記事

コメント

はじめましてサザン花と申します。

アルマイト処理に男のロマンを感じ、料金など興味深く読まさせていただきました。

特に、「元のアルマイト処理の剥離の分、余計に手間がかかっているそうです。」
の文面に、地色の製品もアルマイト処理がされている事が
私には発見であり、大変参考になりました。

お子さんとのツーリング等、記事を楽しみにしています。

投稿: サザン花 | 2014年2月27日 (木) 13時02分

サザン花さん、コメントありがとうございます(^^)
良いこと言って下さいますね、まさに「男のロマン」ですよね!

アルミは地肌のままですと、簡単に「まだらサビ」になるのだろうと思います。
そこで、色なしの場合でも、透明なアルマイト(=酸化被膜)処理をしてあるのでしょうね。

アルマイト処理を自作するキットも、見つけたのですが。

http://homepage3.nifty.com/monkeymagic/la001.htm
レッツ・アルマイト
染料4色 12,500円 アマゾンでも買えます

http://www.carvek.jp/sub11_anodizing.html
Dr.アルマイトJr.
染料10色付 25,200円

ラジコン部品を、日用品を集めてDIYという方もいました。
http://rantaro.onushimowaruyonou.com/gp_drift3_02/gp_drift07.html
http://rantaro.onushimowaruyonou.com/gp_drift3_02/gp_drift08.html

う~ん、面白そうですねぇ(^_^)
「キットを買ってしまおうか!」とも思ったのですが、、、
さすがに本末転倒なので、ガマンしました。

サザン花さん、一度トライしてみませんか!?

投稿: 缶コーヒー | 2014年2月27日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モトグッチV7用フレームスライダー続々報:

« 今日は、新車の納車(される)予定日 | トップページ | とらぬタヌキのフォーチュンクッキー »