« ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その1 | トップページ | ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その3 »

2014年4月11日 (金)

ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その2

さーて二階です。
懐かしのアレコレが見られるでしょうか。

吹き抜けには、人力飛行機。
そして、社訓やシンボルマークの解説パネル。
20140411_21 20140411_22

その後、製品の歴史展示。
まずは、1955年のYA-1、1957年のYD-1。
その後は、もうずらーっと並んでいます。
以下、カッコ内は西暦とします。
20140411_23 20140411_24

大体1970年代。
トレールDT-1(1968)とRT-1(1970)。それぞれ2ストの250と350。
XS-1(1970)、TX750(1972)、TX500(1973)、GX750(1976)、XS1100(1977)。
20140411_25 20140411_26

大体1980年代。
SR500(1978)とRZ250(1980)。
懐かしい・・・じゃなくて同型400がウチでは現役だし。
セロー225(1985)、SRX600(1985)、SDR(1987)。
20140411_27 20140411_28

その先は、V-MAX、FJ、GTSなどが続きます。
更にバイク以外の製品。発電機やカートなど。
20140411_29 20140411_30

市販車ではない、レース用車の展示。
モトクロッサー。一番手前はYZM400F(1997)。
トライアル車は、TY250(1973)。
これは公道走行仕様で国内販売もありましたね。
後ろにはパリダカに出たテレネなども。
20140411_31 20140411_32

グランプリマシン。
YZR500 OWF9(1995)、YZR-M1 OWP3(2004)。
20140411_33 20140411_34

F1のJORDAN YAMAHA 192(1992)。
エンジンは、3500ccDOHC5バルブ70度V12気筒のOX99。
電装品にはBOSCHのロゴ。
20140411_35 20140411_36

他社向けのエンジン。
フォードトーラス(1988)と、後はトヨタでした。
1600GTのセリカやレビントレノなどに積まれた2T-G(1970)。
20140411_37 20140411_38

この後、企画展示です。
 Family & Leisure Bikes 1970s-1980s
 気軽でおしゃれ。
 個性的な"原付"が街を変えた!

いやーこれが、面白いのなんの。

それでは、また後日ということで (^0^)/~

|

« ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その1 | トップページ | ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/59464161

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その2:

« ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その1 | トップページ | ヤマハコミュニケーションプラザを見学 その3 »