« 産業技術記念館を見学 その1 | トップページ | 産業技術記念館を見学 その3 »

2014年4月 1日 (火)

産業技術記念館を見学 その2

続いて「自動車館」です。

その前に、金属加工の基本、鍛造・鋳造・切削の説明コーナー。
「ならい旋盤」で、曲面の仕上げ加工の実演です。
20140401_06 20140401_07

自動車館の最初はトヨタ創業当時のエピソード。
「スミス・モーター」という自転車に付ける補助エンジンの展示。
直進はまぁ良いでしょうが、曲がるのは大変そう。
まずはこういった製品の評価から着手したということのようです。
20140401_08 20140401_09

良いクルマを作るためには、良質の材料が必要。
そのためには、材料の試験環境が必要。
と言う訳で、当時の材料試験室の再現展示です。
おー。あるある。
ブリネル、ビッカース、ショアと三種類の硬さ試験機。
アムスラー万能材料試験機、ロックウェル硬度計、アイゾット衝撃試験機など。
それぞれの測定原理が、ビデオで紹介されています。
お姉さんもいて、説明もしてくれるんです。
20140401_10 20140401_11
うーん、どうにもこれは、たまりません。
各試験機の評価方法について、私も詳しくご紹介したいのですが。
がまんがまん。
先に進めなくなりますので。

鋳造工程の再現。
中子の砂で苦労したエピソードのパネル。
こんな展示でも、お姉さんが解説してくれます。
20140401_12

ようやっと、自動車の形が出てきました。
とは言っても、初期の乗用車。ボディの木型に合わせてパネルを叩き出している様子。
20140401_13 20140401_14

見学ルートは二階へ。
階下の展示の光景が見えますが、そう簡単には行き着けませんよ。
クルマ全体の前に、構成部品の展示です。
エンジンや変速機やボディはもちろんのこと。
ステアリング、プラグ、ラジエター、バッテリーなどなど。
様々な部品の構造と技術的変遷が、すらりと実物で展示説明されています。
20140401_15 20140401_16
20140401_17 20140401_18

例えば、リダクション型スターターのしくみの説明展示。
こんな部品まで、触って動かしてみることが出来ます。
20140401_19

キカイの話はもう飽きたから、展示してあるクルマが見たい?
だめだめ。そうは行きません。
ここは「産業技術」そのものの展示館ですからね。

|

« 産業技術記念館を見学 その1 | トップページ | 産業技術記念館を見学 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/59416386

この記事へのトラックバック一覧です: 産業技術記念館を見学 その2:

« 産業技術記念館を見学 その1 | トップページ | 産業技術記念館を見学 その3 »