« リーンバーンリプレッサー続報です。 | トップページ | ヘルメットスピーカー断線・交換 »

2014年7月23日 (水)

懐かしい!「アルプス クイックエース」に遭遇

駅前で、何やら分解した自転車をまとめている人がいました。
おぉっ。フォークを抜いて、サドルとリヤエンドでフレームを支えて。
遠目にもはっきり分かる、特徴的な分解法。
紛う方無き「アルプスのクイックエース」ではないですか!
20140711_21 20140711_22

東京の神田にかつて存在した自転車店「スポーツサイクル アルプス」のオリジナル。
自転車を分解して列車に乗せる「輪行サイクリング」を普及させた、記念碑的な自転車です。
当時中高生だった私は、雑誌の広告を見て大いに憧れたものです。

オーナーは60代とおぼしき男性。
羽田から飛行機に持ち込み、何と北海道9日間のサイクリングだそうです。
タイヤがへこんでいるのは、飛行機の気圧変動によるパンク対策とのこと。

このクイックエースは、40年来の愛車だそうです。
確かに、塗装やゴム部品など、かなり年季が入っています。

ゼファーの東京サイクリングセンター、与野のナカバヤシ、上野の横尾双輪館などのお店の話。
マファックやサンツアーなどパーツメーカーの話などで、ひとしきり盛り上がってしまいました。

今は、東叡社にオーダーした自転車の出来上がりを待っているそうです。
「そうしたらこのクイックエースは引退ですか?」
「いやいや、使い分けですよ」ですって。

へぇーすごい、うらやましい。色々な意味で。

私には、とても無理ですねぇ。
仮にランドナーを買っても、、、体力がねぇ、、、バイク以上の「盆栽」になってしまうでしょう。
このメタボな胴周りから、少し何とかしないと、いけませんねぇ(^^;

|

« リーンバーンリプレッサー続報です。 | トップページ | ヘルメットスピーカー断線・交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/60032212

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい!「アルプス クイックエース」に遭遇:

« リーンバーンリプレッサー続報です。 | トップページ | ヘルメットスピーカー断線・交換 »