« 「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」展示品にキャッチコピー? | トップページ | ちょっと感心「TBSチューボーですよに、ももクロ百田さん」 »

2014年7月11日 (金)

新東京市立VR博物館 企画展「バブル建築を歩く-ガラスの船底:東京国際フォーラム-」

この日は朝から、都内のここにいたのですが。
20140711_11 20140711_12
有楽町駅前の、東京国際フォーラム。

こういったバブル期前後の建物って、先の故宮博物院の「超絶技巧の美術工芸品」みたいなものに思えます。

そう遠くない未来。
こんな企画展があるかも知れません。

新東京市立VR博物館 企画展「バブル建築を歩く-ガラスの船底:東京国際フォーラム-」
 1980~1990年代の日本では、急速な経済膨張を背景にした巨大建築物が数多く作られました。
 極めて楽観的な人口推移や需要動向予測を元に、惜しげもなく巨費が投じられた「バブルの塔」たち。
 それらは、保守性や運用経費、省エネルギーといった実用的な側面は、ほとんど考慮されていませんでした。
 結果として、21世紀の人口や経済のコンパクト化に伴い、次々と見捨てられて行ったのです。
 今回は、旧JR山手線有楽町駅に近い「東京国際フォーラム」の中に、皆様をご招待します。
 実際の建物が立入禁止となって、すでに10年。
 人も建物も能天気に輝いていた20世紀末の熱気を、VR=仮想現実空間で体験してみませんか?

|

« 「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」展示品にキャッチコピー? | トップページ | ちょっと感心「TBSチューボーですよに、ももクロ百田さん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/59990080

この記事へのトラックバック一覧です: 新東京市立VR博物館 企画展「バブル建築を歩く-ガラスの船底:東京国際フォーラム-」:

« 「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」展示品にキャッチコピー? | トップページ | ちょっと感心「TBSチューボーですよに、ももクロ百田さん」 »