« 相互リンク追加「トランザルプ(XL700V)と一緒日記」さん | トップページ | タントのタイヤ交換 »

2015年1月17日 (土)

完結「小さな恋のものがたり」

50過ぎのおっさんが語るのは、いささか恥ずかしいお話です。
第一、多くの方はこの漫画自体もご存知ないでしょう。
個人的な記録として、書いておきます。
 
なんと50年も続く、女子高校生が主人公の「抒情まんが」です。
まぁ「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」のようなものですね。
 
以下、ウィキペディアから引用です。
みつはしちかこによる日本の4コマ漫画。
ストーリー4コマ漫画の形態をとっている。
『美しい十代』(学習研究社)にて1962年6月号より連載を開始した。
その後いくつかの雑誌で連載し、2008年4月号まで芳文社『まんがタイムファミリー』に連載されていたが、
同号を最後に「長期休載」の扱いとなっていた。
単行本は立風書房→学習研究社→学研パブリッシングより発刊されており、毎年5 - 6月に新刊が発行されていた。
2007年の第41巻以後は中断していたが、2011年12月に42巻が発売。
さらに2014年9月28日には描き下ろし内容を主とする最終第43巻が刊行され、完結した。
1972年には連続テレビドラマ化、1984年には単発TVアニメ化されている。
背が低いことを気にしている女の子 チッチ (小川チイコ)と、背が高くハンサムな サリー (村上聡)の恋愛模様を描いた作品。
随所に主人公チッチの目線から書かれた詩が挿入されており、恋の喜びや切なさといった叙情的な心情が分かるようになっている。
Chich_1
 
私がこの作品を知ったのは、40年以上前です。
同級生が読んでいたのを、見せてもらったのでした。
 
その後は毎年「サクランボの季節」に出る新刊を楽しみにしていました。
大体20年位は買い続けていたと思います。
 
さすがに、いつの頃からか読まなくなっていました。
数年前にふと思い出して調べてみて、長く中断しているのは知っていました。
作者も相当のお年でしょう。不謹慎ではありますが「これっきりなのだろう」と思っていました。
 
それがなんと、新刊が出ていたのですよ。
それもなんと、、、「完結編」なんですよ。
昨年9月のことですが、先日偶然知りました。
20150117
 
ず~~~っと、50年間も「小さな恋」を続けてきたチッチとサリーの二人。
友人のトンコちゃんと山下くん、岸本くんやマユミちゃん。
私のお気に入りは、スミレの京子さん。
内気なかわいい子でしたが、途中から出てこなくなってしまいました。
 
こういった物語は、永遠に続くと思っていたのですが。
ネタバレはやめておきますが、きちんと区切りがついてしまいました。
 
作者の、みつはしちかこさんは1941年1月30日生まれとのことで、もうすぐ74歳。
ひとりの人の創作ですからね、いつかは終わりが来るのですね。
そう言えば、去年の夏に見てきた、安野光雅さんの「旅の絵本」も同じようなお話です。
 
自分の意思で「きちんと終われる」だけでも、幸運と言うべきなのかも知れません。

|

« 相互リンク追加「トランザルプ(XL700V)と一緒日記」さん | トップページ | タントのタイヤ交換 »

コメント

読んだことあります~
数冊の文庫本が家にあるんです。
嫁さんが買ったものだと思うんですが。。。
まだ続いていたのですね。。

投稿: はじめ | 2015年1月19日 (月) 07時23分

はじめさん、コメントありがとうございます。
昭和の頃には、結構人気のある漫画でしたから、知っている人もいますね。
岡崎友紀と沖雅也のテレビドラマが1972年、、40年以上前ですねぇ。

投稿: 缶コーヒー | 2015年1月19日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/60989167

この記事へのトラックバック一覧です: 完結「小さな恋のものがたり」:

« 相互リンク追加「トランザルプ(XL700V)と一緒日記」さん | トップページ | タントのタイヤ交換 »