« 「高嶺の花」の次は「セーラーエース」 (泣) | トップページ | 赤い新車のご報告 »

2015年6月13日 (土)

CONTOUR ROAM3 テスト

先日購入した、CONTOUR ROAM3 コンツアー ローム3 です。
ヘルメットに付けて、少し走ってみました。

ショウエイのマルチテックですが、さーてどこに付けましょう。

シールドが上がるので、上の方は無理。
あごの周囲もマウントを付けるスペースはありません。
仕方ないですね、シールドの根元に貼り付けました。
20150613_01 20150613_02

取り付けたのは「回転式フラットサーフェイスマウント」です。
プッシュ式のロックがあり、マウントは自由な角度で固定できます。
CONTOUR ROAM3 は、溝を滑らせて取り付けます。
脱落防止ワイヤーも付いています。
CONTOUR ROAM3 を付けていない時にはブラブラするので、何かひと工夫しないと。

操作は非常に楽ですね。
とにかくスライドスイッチだけですから。
左側に付けましたので、走行中でも左手で簡単にオンオフ出来ます。
動作音は、室内ではかなり大きめと感じました。
ですが、走行中にはヘルメット越しでもはっきり確認出来て、ちょうど良かったです。
また、重さも全く気になりません。

肝心の撮影事例は、こんな感じ。
左側が、ハンドルマウントの オリンパス TG-850 の静止画像。
右側が、ヘルメットに付けた CONTOUR ROAM3 の動画の切り出しです。
20150613_03 20150613_04
20150613_05 20150613_06

オリンパス TG-850 も35mm換算22mmという、かなりの広角です。
ですが CONTOUR ROAM3 はそれを上回る、広い範囲が映るんですねー。
その上、首を振れば更に広い範囲も撮れます。
そして、取付位置が高いので、柵の向こうの用水路も良く見えます。
ただ、色合いは、いま一つですね。
梅雨の合間の真夏のような晴天だったのですが、ちょっと夕方みたい。

とにかく、目で見たのとほぼ同じ光景が、簡単に動画で撮れる。
これは素晴らしいですねー。

|

« 「高嶺の花」の次は「セーラーエース」 (泣) | トップページ | 赤い新車のご報告 »

Breva750装備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CONTOUR ROAM3 テスト:

« 「高嶺の花」の次は「セーラーエース」 (泣) | トップページ | 赤い新車のご報告 »