« 見てきました「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」 | トップページ | ステップワゴンと大井川鉄道のSLとトロッコ列車で寸又峡へ その2 »

2015年7月11日 (土)

ステップワゴンと大井川鉄道のSLとトロッコ列車で寸又峡へ

一泊二日で、5人でクルマで出掛けてきました。
大井川鉄道に乗り、静岡の山奥の寸又峡温泉に泊まってきました。
寄り道が沢山ありますので、例によって何回かに分けてご報告します。

東名高速道路の下り、足柄SAです。
広場には、工事中のエヴァンゲリオン初号機、ロンギヌスの槍、綾波レイ。
建物の入口には「NERV購買部足柄出張所」の看板。
中には巨大な初号機。一部だけカバーを外してあります。
7月17日~12月23日のイベントの準備中なのですね。
20150711_01 20150711_02
20150711_03 20150711_04

富士山静岡空港です。
以前行ったことのある茨城空港同様に、閑散としています。
ソフトクリームは、なんと600円!
クリーム濃厚、コーンはラングドシャ、確かに美味しかったですが・・・(^^;
駐車場は無料。ちょうど中国便の搭乗手続き中。
展望広場の脇では、仮設のイベント設備の準備が進んでいました。
20150711_05 20150711_06
20150711_07 20150711_08

さて、大井川鉄道の新金谷駅です。
トーマスの蒸気機関車のおかげでしょう。
小さいお友だち大きいお友だちで、大混雑。
20150711_09 20150711_10

ここで、5人のメンバーのうち一人がクルマで移動。
4人が列車で千頭駅に向かいます。

煤けた客室内、青くて固い椅子、扇風機、テーブル下には栓抜きと灰皿。
マークはもちろんJNR。
これは懐かしい。私の若い頃の客車そのままです。
(さすがに機関車は電気でしたが)
20150711_11 20150711_12

運転席はこんな感じ。燃料は「豆炭」なんですね。
20150711_13 20150711_14

トンネルや風向きによって、客車内も煙が充満したり。
煙や煤が眼に入ってゴロゴロしたり。
沿線には、見物や撮影の方が沢山います。
手を振り合ったりしてね、これはどうも、楽しくなってきました。
20150711_15 20150711_16

転車台が見えて、終点の千頭駅に到着。
ホームは大混雑。おぉ、こいつはすごい。
トーマス、ジェームス、ヒロ、パーシーが並んでいます。
20150711_17 20150711_18

青いトーマスと赤いジェームスが煙を上げています。
黒いヒロと緑のパーシーは、展示だけのようです。
何となく、もっとボロっちいかと思っていましたが、どれも皆ぴっかぴか。
20150711_19 20150711_20


これまでも、原寸大のキャラクター像は幾つか見てきました。
2013年東静岡と、2010年お台場のガンダム。
Gun_201007 Gun_201304

2014年の神戸の鉄人28号。
1/1のミニ四駆だって、似たようなものですね。
Te_201411 M4_201007

これらは、わずかなギミックはあっても、立っているだけ。
ミニ四駆ガンブラスターXTOは走りますが、子どもたちは乗れません。

これに対して、トーマスとジェームスは、全く本物と同じように動きます。
(しゃべりませんが)
実際に運行していて、予約が取れれば、普通に乗れるのです。
ホント、すごいイベントだなーと思います。

歴史的な価値ある蒸気機関車を、このように艤装するのには異論もあるかも知れません。
でもまぁ、良いじゃないですか。
以前タミヤは「ミニ四駆で儲けてスケールモデルにつぎ込む」と言われました。
千葉の銚子電鉄が「ぬれ煎餅」の利益で鉄道を維持しているのも、有名な話です。
同様に、大井川鉄道だってトーマスのおかげで人が集まるなら、結構な話だと思います。


この後は、アプト式のトロッコ列車です。
続きは後日ということで。

|

« 見てきました「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」 | トップページ | ステップワゴンと大井川鉄道のSLとトロッコ列車で寸又峡へ その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/61883521

この記事へのトラックバック一覧です: ステップワゴンと大井川鉄道のSLとトロッコ列車で寸又峡へ:

« 見てきました「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」 | トップページ | ステップワゴンと大井川鉄道のSLとトロッコ列車で寸又峡へ その2 »