« タントで日高市の高麗神社と巾着田 | トップページ | 大宮氷川神社 参道歩き »

2015年9月30日 (水)

タントで日高市の高麗神社と巾着田 その2

「聖天院」から、てくてく歩いて約2kmで「巾着田」です。
高麗川が蛇行して「きんちゃく」のような形になって、この名前が付いたのだそうです。

ここは、日本一というヒガンバナ彼岸花の群生地。
やはり観光客は多いですが、周辺の駐車場は満車までは行かないようです。。
入口付近の高麗川では、三脚を立てて何やらを狙うお二人。
カワセミなどの鳥でもいるのでしょうか。

川沿いの歩道から公園内へ。この時期は入園料300円。
なるほど、これはすごい。
林の中に密生したが、どこまでも続いています。
幅約60m長さ約600mに、500万本とのこと。
20150927_04

河原にも、大勢の方がいました。
広い休憩コーナーも、大賑わい。
元々は田んぼだった場所には、一面のコスモス。
こちらは少し早いですが、両方咲いている時期は短いでしょうから、ラッキーです。
来た時のお二人は、カメラの向きを変えて、まだ川の中(^^;
20150927_05_2

彼岸花の群生は、思っていた以上のみごとさで、びっくりなのですが。
この花は、別名もさまざまですよね。
曼珠沙華、死人花、幽霊花。
どうもねぇ。
やはりねぇ。
ちょっと、特別な感じがしますね。

ネットをふらふらして、目に付いた俳句を幾つか。

 この径は 罠かもしれず 曼珠沙華 (植木通草)
 曼珠沙華咲いて ここが私の寝るところ (種田山頭火)
 歩きつづける 彼岸花咲きつづける (種田山頭火)
 曼珠沙華 あっけらかんと 道の端 (夏目漱石)

罠かもしれず、は面白いなぁと思います。

あまり考えすぎずに、あっけらかんと眺めれば良いのかも知れません。

|

« タントで日高市の高麗神社と巾着田 | トップページ | 大宮氷川神社 参道歩き »

コメント

こんにちは

私は S.W の初め 秩父の帰りに
川の対岸へ お邪魔しました

理由は 駐車場代 払いたくないから
なんですけどねsmile

曼珠沙華  花の咲き始めの
イキイキした感じは 良いのですが

くたびれてきたのを 見てしまうと
なんか雰囲気 悪いですよね

毎年 近辺 車が渋滞してしまうけど
まぁ 人が いっぱい訪れるのは
とてもいいことですよね

投稿: ロッソ | 2015年10月 1日 (木) 09時00分

ロッソさん、コメントどうもです(^^)

「花の咲き始めのイキイキした感じ」
あー、なるほど。

言われてみれば、確かにそうですね。
その辺の道端で見る、咲き始めの曼珠沙華は、
そんな悪い印象はないですものね。

天気の悪い日に、盛りを過ぎた花を見に行く。
これはもう、ダメダメでしたね(^^;

投稿: 缶コーヒー | 2015年10月 1日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/62384567

この記事へのトラックバック一覧です: タントで日高市の高麗神社と巾着田 その2:

« タントで日高市の高麗神社と巾着田 | トップページ | 大宮氷川神社 参道歩き »