« おそ松さん | トップページ | 井上ゴムの新聞広告 »

2015年9月24日 (木)

頂きました京都土産「亀屋陸奥の松風」

頂きものです。
京都の銘菓「亀屋陸奥の松風」。

テーブルの上にいつもある、タブレットでチェック。

「元亀元年(西暦1570年)に始まり、11年間続いた織田信長と石山本願寺
 (現在の大阪城の地)の合戦のさなか、当家三代目大塚治右衛門春近が
 創製した品が兵糧の代わりとなり、、、」

司馬遼太郎の「燃えよ剣」や「関ヶ原」にも出てくるんですって。
Kameyamutsu_1

化粧箱を開けると、しおりが入っています。
それをどけて、中の包みを開けて、中箱を開けてと。
薄紙をめくると、やんごとないお菓子が登場。
20150824

このしおりが、すごいんですよ。
戦国時代の状況から本願寺の歴史を語り、いつまでも商品説明に行きつきません(^^;
Kameyamutsu_2 Kameyamutsu_3

この文章って、スター・ウォーズのオープニングみたいです。
タブレットから、ジョン・ウィリアムズの音楽を、じゃーん。

「戦国の乱世。それは、武力を背景にした権力者たちの覇権争い、
 武将たちが血で血を洗う・・・」

おぉー。これは面白い。
音読すると、まさにそんな感じ。

さてと、チェックはこれくらいにして。
お茶でも入れて、ありがた~く頂きましょう。

「小麦粉、砂糖、麦芽飴そして白味噌を混ぜ合せて自然発酵させて
 出来上がった生地を 直径約45.5cmの一文字鍋に流し込み、
 表面にケシの実を振りかけて焼き上げて」 作るそうです。

なるほど、なるほど。
ん?
この味は、、、?

そっくりという訳では、決してないのですが。
思い浮かんだのは、「群馬の焼きまんじゅう」。

Yakiman

群馬県のB級グルメ。
わが埼玉県でも、お祭りの屋台などで見かけます。
確かに、同じような小麦粉に味噌に砂糖の焼き物、ですからね。

西本願寺ゆかりの400年以上の歴史のある、由緒正しいお菓子を楽しむはずが。
「スター・ウォーズ+群馬B級グルメ」という、訳のわからない話になってしまう、庶民の私(^^;

|

« おそ松さん | トップページ | 井上ゴムの新聞広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/62162237

この記事へのトラックバック一覧です: 頂きました京都土産「亀屋陸奥の松風」:

« おそ松さん | トップページ | 井上ゴムの新聞広告 »