« スペイドで谷川岳と照葉峡 | トップページ | ムカゴ三味で、ムカゴ三昧 »

2015年10月27日 (火)

スペイドで谷川岳と照葉峡 その2

さて「照葉峡」です。
ネットで調べても細かい情報がありません。
地図へのリンクは「照葉荘」の場所。
pdfの「滝案内マップ」は、その照葉荘からの区間距離だけ。
Teriha_1

これではねぇ。
まずはドライブレコーダーのGPS情報で、位置をご紹介します。
Teriha_2

水上側が川の下流で、2番目の「岩魚の滝」を過ぎたあたり。
上流側が、最後の「ひぐらしの滝」の周辺です。
この間、ちょっとした退避スペースが何か所もあります。
20151018_03

私は、まず水上側にクルマを停めて9番目の「時雨の滝」まで歩いて戻りました。
その後、最後の「ひぐらしの滝」そばにクルマを停め、10番までを歩きました。
この前後の区間で、道沿いに流れる川や滝、素晴らしい紅葉が続きます。

意外にも、人もクルマも結構多いです。
大きなカメ ラを下げて歩いている方が、大勢いました。
バスツアーで「上流で降りて歩きバスは下流で待っている」というパターンだそうです。

この後、更に山奥に進み尾瀬への入り口の鳩待峠の分岐を経て、片品村に抜けました。
あとは一本道で、沼田ICから関越自動車道で帰宅。

というわけで、感想です。
快晴で紅葉のピーク、素晴らしい景観が楽しめました。
道のすぐ脇に渓谷が続き、紅葉が光に映えて美しい、照葉峡の名の通りです。

なのですが。
「歩き」の目的地としては、全くお薦め出来ません。
道は車道のみで、場所によっては普通車が徐行してすれ違うような感じ。
おかげで、常にクルマを気にしながら歩くことになります。
滝の目印の石碑や柱はありますが、滝のそばに行く道はありません。
そもそもこの区間、ベンチやトイレや自販機などの設備は一切ありません。
せっか くの渓谷美が、実にもったいないです。
クルマを気にせず歩ける遊歩道でも整備すれば、充分人が呼べる場所だと思います。

でもねぇ、地図を見ると分かります。
水上側なら谷川岳、片品村側なら尾瀬がすぐそこ。
大スターひしめくこのエリアでは、この程度の実力では勝ち目がないでしょう。
カメラやウォーク好きの方向けの、穴場バスツアーでちょうど良い感じ。

クルマで通れば、ほんの10分ほど。
普通なら、通過路として、ちょっと駐車して景色を眺める程度でしょうか。

これはやはり、バイクで行くのが、ちょうど良いかも知れません。
道幅も気にならず、視点が高いので川や滝を見ながら流すと良さそうです。

|

« スペイドで谷川岳と照葉峡 | トップページ | ムカゴ三味で、ムカゴ三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/62554714

この記事へのトラックバック一覧です: スペイドで谷川岳と照葉峡 その2:

« スペイドで谷川岳と照葉峡 | トップページ | ムカゴ三味で、ムカゴ三昧 »