« 浦沢直樹「ひとり漫勉」その4 | トップページ | SR400車検出し »

2016年1月31日 (日)

浦沢直樹「ひとり漫勉」その5

2016年1月24日(日)の「世田谷文学館 浦沢直樹展」のイベント「ひとり漫勉」ご報告の5回目です。

今度こそ、終わりにします(^^;

横着太郎は、1枚物のギャグ漫画です。
そう言えば、こんなことも言っていました。

「サイコキネシス、ほんのちょっとでも凄いですよね」

なるほど。確かにそうですね。

もしも、ぐうたらなおっさんに、液晶テレビを震わせる程度の超能力があったら。
超パワーで空を飛んで、山を吹き飛ばしたりクルマやビルをぶん投げたり。
そんな派手なことはムリでも、かなりのことが出来そうです。

20160124_32

人や馬の眼球や鼻腔に一瞬圧力をかけ、瞬きやくしゃみをさせる。
ゴルフボールを、インパクト直前にわずかに動かす。

そんなことで、ギャンブルで稼いでいた横着太郎。
ある日、自分が世界を動かせることに気づきます。

スピーチの真っ最中に、総理大臣の胃を握って嘔吐させる。
ハードディスクの磁気ヘッドを揺らして、読み取りエラーを起こす。

おぉーすごい。
実はこのイベントは、次回の長編ミステリーのプロローグ!

|

« 浦沢直樹「ひとり漫勉」その4 | トップページ | SR400車検出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63146891

この記事へのトラックバック一覧です: 浦沢直樹「ひとり漫勉」その5:

« 浦沢直樹「ひとり漫勉」その4 | トップページ | SR400車検出し »