« 見てきました「世田谷文学館 浦沢直樹展」その2 | トップページ | 浦沢直樹「ひとり漫勉」その1 »

2016年1月27日 (水)

見てきました「世田谷文学館 浦沢直樹展」その3

館内の喫茶コーナーでお昼にします。
入口には1999年の「ゴジラ2000ミレニアム」の着ぐるみと撮影機材。
東宝映画からの寄託だそうです。
中庭に面した、気持ちの良い明るい店内。
チキンピラフとミニサラダにコーヒーで800円。
20160124_13

うーん・・・
同じ世田谷区でも、昨年の世田谷美術館は大変美味しかったのですが。

さて午後からは、150人限定のイベント「ひとり漫勉」です。

NHKのテレビ番組「漫勉」というのがありまして。
浦沢直樹さんご自身の企画のようです。
一人の漫画家の制作手順を、詳しく見せてくれます。
打ち合わせ、ネーム、下描き、ペン入れ。
指先やペン先まで、しっかり見られます。
実際に絵を描く人なら、沢山の発見があるのでしょうね。
浦沢直樹さんとの対談も、大変面白いです。
Nhk_manben_1 Nhk_manben_2

午後のイベント「ひとり漫勉」は、この番組そのままをライブで行うというものです。
これがもう、大変な面白さ。

|

« 見てきました「世田谷文学館 浦沢直樹展」その2 | トップページ | 浦沢直樹「ひとり漫勉」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63129886

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました「世田谷文学館 浦沢直樹展」その3:

« 見てきました「世田谷文学館 浦沢直樹展」その2 | トップページ | 浦沢直樹「ひとり漫勉」その1 »