« 茨城県古河市「サイクルショップ栗田商店」訪問 | トップページ | Breva750とCBR250Rで「越生梅林」その2 »

2016年3月 9日 (水)

Breva750とCBR250Rで「越生梅林」

自転車はひとまず置いておいて、バイク活動です。
2016年3月6日(日)、昨日までの予報では曇後雨でしたが、好転してきました。

Kさんの CBR250R、2014年春のマイナーチェンジモデル。
ABS付きで、限定のレプソルカラー。
Cbr250r_2
Cbr250r_3

まずは、あちこち眺めてみます。
デュアルライトで、スモールとウィンカーも光ります。
ハイビームにすると6灯と、なかなかの豪華仕様。
インナーフェンダーも格好良いです。
スイングアームはシンプルな四角パイプですが、見た目も締まりますね。

Breva750と並べてみると、同じくらいの大きさに見えます。
シートはかなり高いですが、跨ると沈み込みが大きく足付きは問題なし。
別体シートは平板で薄いですが、意外に座り心地も悪くありません。
ハンドルはF800ST程度の低さで、極端ではありません。
ステップは程良いバックで、膝の曲がりもきつくはありません。

工具は、おやおやです。
組立式家具を買うと付いてくる、そんなレベルに見えます。

20160306_01

それでは早速、Breva750と交代です。
おぉ、低速トルクがあり意外にスムーズ。
60km巡行はトップギヤ3800回転位で、せわしない感じはありません。
失礼して少し回してみます。
6000~7000回転位から、排気音も勇ましくなります。
同時に振動も増えるものの、結構軽々と回転が伸びます。
程ほどにしておきましたが、1万回転超えまで引っ張れるので、結構イケそう。
直進安定も良く、屈曲路ではひらりと軽快で、これは楽しいです。
とまぁ、大したこともない感想です。

私個人としては、、、ハンドル低いです(^^;
これに尽きます。
上目使いでアゴが出たり、背筋やニーグリップに気を使ったり。
やはり私は、疲れてしまいそうです。

仮に、私がこのクラスから選ぶとすれば。
GSR250の方が乗りやすそうですが、見た目がちょっと(^^;
懐かしいゼルビス、という訳にも行きませんから、VTRですかね。

|

« 茨城県古河市「サイクルショップ栗田商店」訪問 | トップページ | Breva750とCBR250Rで「越生梅林」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63317754

この記事へのトラックバック一覧です: Breva750とCBR250Rで「越生梅林」:

« 茨城県古河市「サイクルショップ栗田商店」訪問 | トップページ | Breva750とCBR250Rで「越生梅林」その2 »