« macoto さんどうもです(^^)その4 | トップページ | 行ってきました「フランク・パターソン回顧展」その2 【訂正追記】 »

2016年3月 2日 (水)

行ってきました「フランク・パターソン回顧展」

2016年2月27日(土)です。
こんなイベントに行ってきました。

 Tachikawa Cycling School FUN vol.2
 フランク・パターソン回顧展『パターソンとその時代』サイクル・ステーション
 開催日程:2016年1月16日(土)~3月13日(日) 9:00~19:00
 ※第4火曜日(1月26日、2月23日)は休館
 会場:たちかわ創造舎 A棟1Fギャラリー
 入場無料
Tachikawa_1_2 Tachikawa_2

20世紀初頭のイギリスで活躍したイラストレーター、フランク・パターソン。
精緻なペン画で描かれたサイクリング画は、世界中の自転車愛好家の琴線をふるわせます。
日本ではこれまでほとんど知られていなかった、20世紀初期から中期にかけての貴重なペン画20点に加えて、
英国自転車黄金期の工芸、風俗、建築などに関しての物語を、ナビゲーターの小池一介さんによる解説とともに展示します。
第二次世界大戦で多数の原画が消失しているため、展示するペン画は小池一介氏が所有する当時の印刷物から選出し、複製したものです。

このブログをご覧の方で「フランク・パターソン」をご存知の方が、何人いらっしゃるでしょう?
(心当たりは、たったお一人(^^)
何しろ、没年が1952年。
ニューサイクリングという月刊誌で、作品が紹介されていたのが1970年代。
この雑誌も、2014年に廃刊になったようです。
当時のサイクリストの方々も、もうほとんど引退されていらっしゃるでしょう。

どういう経緯か、2013年に画集が出ています。
当時、大手の新聞に書評が掲載されていて、びっくりしました。
税別4,500円と良いお値段でしたが、えいやっと購入。

そして今回、突然の回顧展です。
こんな機会は二度とないでしょう。これは是非行かなくては。

場所は東京都立川市。
JR中央線立川駅から、多摩モノレールに乗り換え。
高架のホームから、富士山がくっきり。
わずかひと区間の、柴崎体育館前で下りました。
ここから、小川のある遊歩道を歩きます。
大きな鯉が泳いでいたり、鴨が日向ぼっこしていたり。
20160227_01

会場の「たちかわ創造舎」は、多摩川沿いの廃校になった小学校です。
土手下のグラウンドには、サッカー少年。
校庭も建物も、ほとんどそのまま使われているようです。
20160227_02

受付に声をかけ、教室の雰囲気そのままの会場へ。
入口には、お決まりの注意看板。
飲食禁止。撮影禁止、、、ではなくて。
写真OK SNS投稿大歓迎! ですって(^^)
20160227_03

そうか、フラッシュも怖くない複製画ですものね。
著作権は、、、ベルヌ条約で50年経過!だと思いました。

帰宅後確認しましたら、イギリスは死後70年間なのですね。
まだ存続しています、、、(^^;

以下、ご参考といいますか、私の忘備メモ。

英語語のウィキペディアには、載っていました。
Frank_patterson_illustrator

公式サイトは、これでしょうか。
Thefrankpattersonsociety

|

« macoto さんどうもです(^^)その4 | トップページ | 行ってきました「フランク・パターソン回顧展」その2 【訂正追記】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63282181

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました「フランク・パターソン回顧展」:

« macoto さんどうもです(^^)その4 | トップページ | 行ってきました「フランク・パターソン回顧展」その2 【訂正追記】 »