« Breva750で「板鼻館タルタルカツ丼」 | トップページ | 経路図の報告方法変更 »

2016年4月29日 (金)

Breva750で「下仁田駅周辺」

2016年4月23日(土)の続きです。
延々と書いてしまいましたが、これで最後にしますので(^^;

最後の目的地は、私の好きな、上信電鉄終点の下仁田駅。
駅の奥は、以前は自転車置き場でしたが、自販機に変わっています。
タクシー乗り場壁面には、駅前環境美化委員会の「お願い」掲示。
20160423_13

シーメンスの電気機関車。
ウィキペディアにも単独記事があります。
 上信電鉄デキ1形電気機関車
 1924年(大正13年)、当時の上信電気鉄道が改軌・電化した際に、ドイツのシーメンスシュケルト社から購入した。
 小型の凸型機で機械部分の製造者はM.A.N社。価格は当時で36,990円。
 3両(デキ1・デキ2・デキ3)が導入され貨物列車牽引に長年使用されていた。
20160423_14

駅からすぐそばの、木造とレンガ造りの倉庫。
今は使われていませんので「元倉庫」と言うべきでしょうか。
特に制限なく、すぐそばで見られます。
木造のひさしもキレイで、きちんと管理されています。
何か活用法はないかとも思いますが、、、このままの方が良いですね。

この後は、下仁田ICで帰宅です。

時間があれば、甘楽町の小幡も久し振りに寄りたかったです。
他にも、上野三碑の周辺は古墳も沢山あるのです。
この地域は、立寄りポイントが多くて、困ります。

先日書いた「快走率」ですが。
今回は、実質0%。
バイクで走って楽しい道は、ほとんどナシでした。
本来はクルマでも充分な経路です。
それでも、バイクなら気軽に停まれたり、何かのそばまで寄ってみたり。
トバすだけが、楽しみ方ではないですからね。

最後になりましたが、ルートはこんな感じです。
Sanpi_itahanakan

グーグルマップは、こちらです。

|

« Breva750で「板鼻館タルタルカツ丼」 | トップページ | 経路図の報告方法変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63533501

この記事へのトラックバック一覧です: Breva750で「下仁田駅周辺」:

« Breva750で「板鼻館タルタルカツ丼」 | トップページ | 経路図の報告方法変更 »