« 秩父の穴場「秩父華厳の滝」「子の神の滝」など | トップページ | 見てきましたが、、、映画「追憶の森」 »

2016年5月10日 (火)

乗ってきました「板倉の揚舟」

2016年5月3日です。

先日、茨城県古河市の「桃まつり」で「揚舟」に乗りました。
この舟は、群馬県板倉町から来て貰ったとのこと。
本家の群馬県板倉町では、毎年春と秋の土日に運行するそうです
5月から春の運行が始まりましたので、早速行ってみました。
Itakura_agefune

公園入口の看板。
 群馬の水郷
  東毛広域市町村圏振興整備組合
  関東の富士見百景
 富士山の見えるまちづくり
  地点名 群馬の水郷
  平成17年11月
  国土交通省関東地方整備局

へぇー。
国土交通省関東地方整備局 「関東の富士見百景
Mlit_fujimi100

さて現地です。
連休真っ最中。大きな池には、釣り人が一杯。
受付テントに行くと、今日は3艘を出しているが1時間待ちとのこと。
それ位は仕方ないですね。一人1,000円。

待ち時間に雷電神社を見ようと思ったら、祭礼で混雑していて、断念。
コンビニでオニギリなど買って、木陰でお昼にします。
釣り餌の匂いがしますが、、、

さて時間になりました。
ライフジャケットを着けてと。
日差しが強いので菅笠も被ると、ぐっと気分が盛り上がります。
1艘に6~7人ほど。
縦に長い板に、跨るように座ります。
20160503_01

出発です。
快晴で気温も高いですが、心地よい川風。
竿の水音だけで、静か~に進みます。

沿岸には、、、特に名所などはありません。
解説も特になく、お話は大体こんな感じ(^^;
 水深は1mほどで、泥が堆積している。
 この先は、ゴルフ場。
 中洲の木は、アカメヤナギ。
 葉は垂れ下がらないけど、そういう名前。
 胡桃の木もあり、沢山実がなる。
 他にはヒラタケが出る木もあり、時期には舟で採る人も。
 珍しい高級食材かと思ったら、家で食べるだけだそうです。
20160503_02

こんな調子で、約45分。
なんとも長閑で、実になごみます。
まるで、テレビの剣客商売のオープニングに入り込んだみたい。
Kenkaku_fune

この公園は、釣り人ばかりで、他に見どころもありません。
近隣もねぇ、、、えーと。
先の雷電神社や渡良瀬遊水地、分福茶釜で有名な茂林寺など。
今どき分福茶釜が有名かは、議論の分かれるところかも知れませんが。

これらと組み合わせて頂けば、ゆったりなごめる一日になること、請け合いです。

|

« 秩父の穴場「秩父華厳の滝」「子の神の滝」など | トップページ | 見てきましたが、、、映画「追憶の森」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63601110

この記事へのトラックバック一覧です: 乗ってきました「板倉の揚舟」:

« 秩父の穴場「秩父華厳の滝」「子の神の滝」など | トップページ | 見てきましたが、、、映画「追憶の森」 »