« さっそく購入「ふしぎの国のバード 2巻」 | トップページ | スバルレヴォーグで千葉茨城の博物館補完計画 その2 »

2016年5月17日 (火)

スバルレヴォーグで千葉茨城の博物館補完計画

2016年5月15日(日)です。

友人のKくんがクルマを乗り換えました。
これまでは、長い間ワンボックスで家族優先のクルマ選び。
子どもたちも手が離れて、やっと好みのクルマが選べたのですね。

というわけで。
歴史好きのKくんと、千葉と茨城の城跡と博物館をいくつか。
ルートは、こんな感じ です。
20160515

途中で、運転交代させてもらいます(^^)
青いステッチの電動本革シートをジジーっと調整して。
水平対向4気筒DOHC1.6ターボAWD。
前車追従機能付のクルーズコントロール。
車線逸脱警告や前車発進警告がピピピ。
パーキングブレーキも電動スイッチ。
ショックはビルシュタイン倒立ですって。

ひゅいーん。
スムーズで爽快な加速感。
ボディの見切りも良くて、取り回しも苦になりません。
実用的なワゴンスタイルで、リヤも快適そう。

初めてのクルマを楽しみながら、早朝の国道を快適に流して。
まずは、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館。

ちょうど1年前の企画展「大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史」以来です。
開館前に到着して、先に佐倉城跡を見学。
さほど大きくはないようですが、谷も深く天然の要害という感じ。
明治時代の写真も掲示されています。
日本中で全部壊しちゃったんですよねぇ。
その後は、陸軍歩兵連隊の駐屯地として活用されたそうです。
20160515_01

博物館の開館時間になりました。
一般420円。
以前も書きましたが、大変充実した博物館です。
じっくりと見ていると、一日では終わりません。
中世と近代を中心に、途中は流し見とします。

ミニチュアを、じーっと見ますとね。
これは 流鏑馬 の練習ですか、ちょっと離れすぎでしょう。
20160515_02
一人で来ている歴女さんが、何人もいたりね。

戦後の繁華街や、先日江戸東京博物館で見損ねた小判型の木の風呂桶や。
20160515_03

ミニチュアを、じーっと見ますとね。
昭和30年代にB110サニー、デビューは昭和45年なんですが。
赤いシートのスーパーカブは、初代なので良いとして。
20160515_04

企画展「柳田國男と考古学」は撮影禁止。
オミヤゲは、遮光土偶1,080円と、賞味期限が近いどらやき5個が半額270円(^^;

さて次は、芝山町の航空科学博物館。
その後は、茨城県稲敷郡阿見町の予科練平和記念館です。

続きは後ほど。

|

« さっそく購入「ふしぎの国のバード 2巻」 | トップページ | スバルレヴォーグで千葉茨城の博物館補完計画 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63641503

この記事へのトラックバック一覧です: スバルレヴォーグで千葉茨城の博物館補完計画:

« さっそく購入「ふしぎの国のバード 2巻」 | トップページ | スバルレヴォーグで千葉茨城の博物館補完計画 その2 »