« スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 | トップページ | スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 その3 »

2016年6月20日 (月)

スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 その2

さーて午後です。

1984年に廃止された、旧国鉄日中線の終点「熱塩駅」。
最後の蒸気機関車による定期旅客列車の運転路線とのこと。
その昔、Nくんは、撮影旅行に来ているそうです。
鉄道好きOくんがいれば、色々話が聞けたでしょう。
ベニヤ板の注意書きがありました。
記念撮影の邪魔になるので、建物周辺には駐車しないで下さい、とのこと。
20160617_04

駅舎内も見学可能でした。
20160617_05

日付のスタンプ機は、乗車券日附器とあります。
昭和39年の菅沼タイプライター株式会社製の乗車券日附器。
こちらの会社は、今でも営業。
もう一台は、1974年の天虎工業株式会社製。
こちらの会社は、休止しているようです。
Suganumanet Tenkojpcom

外には、ラッセル車 ロキ287 型式キ100。
一昨年の春、岩手県北上市で同型車を見ましたっけ。
後ろには客車。青いビロードの木製シート。
20160617_06

少し離れて、踏切施設と転車台。
Nくんの話では、転車台は早い時期に使われなくなったのではないか、とのこと。
レヴォーグで、線路のあった場所を通ってみます。
20160617_07

宿泊は、小野小町ゆかりの「小野川温泉」です。
ちょうど「ほたるまつり」の開催直前。
教えて頂いた、川沿いに行ってみます。
おぉー。
暗い川面のあちこちに、光っているのが見えます。
20160617_08

続きは後ほど。

|

« スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 | トップページ | スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/63802919

この記事へのトラックバック一覧です: スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 その2:

« スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 | トップページ | スバルレヴォーグで、米沢~旧熱塩駅~小野川温泉~湯ノ沢間欠泉湯の華 その3 »