« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

これはヤバい「ポケモンGO」その後

日本公開から一週間。
私もね、レベル9まで来ましたよ。

最初は嬉しくて、出てくるポケモン全部ゲットしてました。
でももうね、だいぶ慣れましたからね。
ポッポやコラッタなんて、すぐ博士に送ってアメ貰っちゃうし。
タマゴは歩くと孵化する。マジで。ちょっと感動。
Pokemongo_01

きのう近所のホームセンター行ったんですよ。
歩道にコラッタが出てくるから「もういいよ」って。
Pokemongo_02

お昼にうどん食べにフードコート行ったんですよ。
ズバットがばたばしてるから「ちょっとどいて」って。
Pokemongo_03

暑いから、ざるうどんとミニ天丼セットにしました。
今度はうどんの上でビードルがこっち見てるんです。
この子はコクーンからスピアーに進化しますからね。
一応「ちょっとごめん」って、ゲットだぜ。
Pokemongo_04

夜になってから、もう一回り。
近所のポケストップは、全部把握してますからね。
今日も10キロ位歩いてナゾノクサをゲットしました。
ゲームが進んで健康にも良くて、それだけでも個人的には大満足です。
Pokemongo_05

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

午前十時の映画祭「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の上映で土日動員新記録

[映画.com ニュース] 世界の名作映画をデジタル上映する「午前十時の映画祭7」で7月23日から、ロバート・ゼメキス監督、マイケル・J・フォックス主演の人気SF「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の上映がスタートし、7月23、24日の土日2日間で観客動員9939人を動員。土日の動員数で同映画祭史上最高の記録となった。

Eigacom_bttf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

面白い!映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

企画上映「午前10時の映画祭」です。
懐かしの名作がスクリーンで見られる、嬉しいイベント。
それも、一般1,100円、学生500円という特別料金です。
Gozen10

夏休み突入の7月は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作を週替わり上映。

Part2で、主人公のマーティが未来にタイムトラベルしたのが、2015年10月21日16時29分。

公開年次は以下の通りです。
 ・バック・トゥ・ザ・フューチャー 第一作 1985年
 ・バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 1989年
 ・バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3 1990年

まずは第一作を見てきました。
西暦2016年07月23日10時00分からです(^o^)

いやもう、面白いのなんの。
公開当時に映画館で見たのが、もう30年前です。
その後もテレビや録画で、何回も見ています。

ストーリーは分かっていても、一瞬も飽きることがありません。
映画館の高画質大画面で見るのは、やはり格別です。

冒頭、マーティーがドクの部屋を訪ねます。
朝のお支度マシンが、ちょうど動き出したところ。
 コーヒーメーカーにはポットが無くて、お湯がしゅわー。
 トースターのパンはまっ黒焦げ。同じパンを何度も焼いているらしい。
 犬のアインシュタインの餌は山もり。何日も食べていないらしい。

メカの面白さと共に、どうも様子がおかしいのが分かります。
住人は、数日前に朝食もそこそこに、愛犬も一緒に突然どこかに行ったようです。

マーティは、お母さんのロレインに惚れられてしまいます。
なかなか元に戻せず、未来の自分や兄弟の存在が危うくなります。
スナップ写真から人物が消ることで、未来への影響を表現します。

この手法は、私の好きな「仁」でも使われていました。
江戸時代にタイムスリップした外科医の持っていた、恋人の写真。
過去に介入した結果、ついに写真の存在自体が消えてしまいます。
この手法は、この映画がオリジナルではないかと思います。

こんなことを書いていると、いつになっても終わらないでしょう。
エンディングに飛びます。

パーティの夜、お母さんのロレインはクルマの中でマーティに迫ります。
ところが、キスをした瞬間に恋は醒めてしまいます。
不思議そうなロレイン。
「まるで弟とキスしたみたい」
よっし、難問がひとつ解決です!

そして、お父さんのジョージは不良のビフを殴り倒します。
よっしよっし。難問がもうひとつ解決しそうです!!

クライマックスのパーティのシーン。
強引な男にロレインを奪われるジョージ。
この瞬間、マーティは自分自身が消えそうになります。
勇気を出してロレインを連れ戻すジョージ。
たちまち復活するマーティ。
よっしよっしよっし。これで難問がもうひとつ解決!!!

先のビフの一件は、マーティが仕組んだものでした。
ですが、今度はすべてジョージ自身の決断です。
これで、本当の勇気と自信をつかんだのでしょう。

キリがないので、終わりにします。
あー面白かった。

来週は PART2 です。
正直なところ、私は PART2 はあまり好きではありません。
ビフの暴力的な行動の描写が多くて、見ていて愉快ではないのです。
ですが、これを見ないと再来週の PART3 に進めませんからね。

PART3 は、楽しいですからねぇ。
デロリアンではなく、アレがああなったタイムマシン。
あのエンディングが、今から楽しみです。


今週末は、こちらの新作が公開されます。
Shingodzilla
これは、早めに見に行こうと思っています。
もしかすると、ロングランは難しいかも知れないと思うので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

これはヤバい「ポケモンGO」その3

その辺に埋もれていた、懐かしいあれこれです。

てのひらピカチュウは、今でも飾ってあって、時々ピカピカ言わせています。
ポケピカはバッテリー切れですが、ゲームボーイはちゃんと動きました。
任天堂は、販売終了した商品の紹介サイトがあって、さすがです。
ストラップは、タミヤ。あの頃は年に何度もタミヤ関連イベントに行ったものでした。

20160727

トミー「てのひらピカチュウ」
公式サイトは見つかりませんでした。
1997年発売のようです。

任天堂「ポケットモンスターピカチュウバージョン」
Nintendo_2
 ロールプレイングゲーム/バッテリーバックアップ機能付
 発売日:1998年9月12日発売
 希望小売価格:3,000円(税別)

任天堂「ゲームボーイポケット」
Nintendo_1
 発売日:1996年7月21日
 カラーバリエーション:グレー・赤・黄・緑・黒・ピンク・金・銀 計8色
 希望小売価格:3,800円(税別)
 希望小売価格:7,800円(税別)特製プラスチックケース入り(金・銀)

任天堂「ポケットピカチュウカラー」
Nintendo_3
 発売日:1999年11月21日
 希望小売価格:3,000円(税別)


田宮模型「タミヤアイテムストラップ」
Tamiya_st1
 JANコード:4950344669257
 価格:820円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

これはヤバい「ポケモンGO」その2

私は、ゲーム類には全く興味がありません。
ゲームを面白いと思ったのは、テトリスくらいです。
ところが、この「ポケモンGO」は、面白いんですよねぇ。
一体どこがどう面白いのか、書いておこうと思います。

この面白さに近い出来事が、ふたつ思い出されます。

ひとつは「パーソナル無線」です。
1982年12月に登場した、小型無線機の規格です。
クルマに取り付けて、友人同士で使うつもりで買ったのです。
ところが私は、知らない人との会話が面白くなりました。
クルマでの通勤の道すがら、毎朝挨拶する人とか、ずいぶんハマったものでした。

もうひとつは「パソコン通信」です。
インターネットが普及する前の、1990年代半ば頃の話です。
ニフティサーブや、草の根BBSといった、文字だけの電子掲示板。
アナログ電話回線に2400BPSのモデムを繋ぎ、ピーガガガっと通信。
こちらは、メニューを辿って好みの話題の電子掲示板にアクセス。
仕事も忙しく子どもも小さく、なかなか自分の時間が持てなかった頃です。
ログを読んでコメントをアップする、時間差で楽しめるのが魅力でした。

どちらも、使い始めたとたんに、見たことのない世界が眼前に広がるように感じました。
これらを通して、実際に会って友だちになり、今でもお付き合いのある人が何人もいます。

いずれも、リアルやネットで道をたどり、思いがけない出会いを楽しむ道具でした。
この意味で、ポケモンGOは、良く似たしくみだと思います。

大きく違うのは、出会う相手が「物言わぬ架空のキャラクター」なんですよね。
この点では、リアルな人の出会いとは、比較になりません。

それでもね。
久しぶりに思い出して口ずさむ「ひゃくごじゅういち」「君は言えるかな」

ゲームボーイ用ソフト「ポケットモンスター 赤・緑」の発売は、1996年2月27日。
成人した子どもたちが小さい頃夢中になっていた、懐かしい思い出です。

そんなキャラクターたちに、また会えるという面白さ。
この意味では、ミニ四駆などのコレクションの楽しさに、近いかも知れません。

そんなことを書いていたら。
おっ、コラッタが、ウチにやってきました。.
ティシューの箱をかじったり、プラケースの上で跳ねたり(^-^)
20160726

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

これはヤバい「ポケモンGO」

2016年7月23日(土)です。

話題のスマホ用ゲームアプリ「ポケモンGO」が、7月22日に日本でも公開されました。
Pokemongo_1 Pokemongo_2

私も、ちょっと試してみました。

ゼニガメくん、君に決めた!
近所にも「ポケストップ」が、沢山ありました。
公園や神社、国道沿いの会社のヘンなモニュメントなど。
これらをタップしてから、くるくるとスワイプ。
あれ?ぱっと払う操作なので、フリックでしょうか?
とにかく、くるくる回すと、モンスターボールなどのアイテムがぽろぽろ。
駅や大き目の神社などが「ジム」になっているのですね。
20160723_01

近所の住宅街をざっと回ったあと、クルマで少し遠出してみます。
まずは、埼玉県吉見町のさほど有名ではない遺跡です。
吉見百穴は「ジム」、岩殿観音は「ポケストップ」。
周辺で、コラッタやオニスズメなどを、ゲットだぜ!

秩父高原牧場です。
峠道に入ると「ジム」や「ポケストップ」は、全くありません。
ベンチで景色を眺めていると、ポッポやオニスズメではなくて、本物の雀(^^;
それから、公道で見るのは初めての、ヒョースン250(^^)
20160723_02

いつもの観光豆腐店 とうふ工房わたなべ で、豆乳とおからドーナツのセット150円。
ここでも、何もなしです。
20160723_03
その後、電車でJR大宮駅へ。
埼玉県内では有数の繁華街です。
古くてちょっと寂れた東口では、ナゾノクサをゲット。
賑やかな西口には、もう沢山の「ジム」や「ポケストップ」があります。
ピンクの花びらが舞っているのも見えます。
誰かが「ルアーモジュール」でポケモンを引き寄せているのですね。
効果は30分も継続し、その間は誰でも恩恵にあずかれるという(^^)

というわけで。
ポケモンは、草むらにでも潜んでいるのかと思ったのですが。
人が集まる場所でないと、ダメなんですね。
ということは、、、田舎暮らしの子どもさんは、大変でしょう。

翌日7月24日(日)は、法事がありました。
スマホは、マナーモードと共に「ポケモンGO」もオフ。
ところが、、、
読経を終えたご住職。
ありがたいお話を頂けるかと思ったら。
「当山の入り口にもポケモンGOのジムが・・・」
へぇ。
ご住職は、ちょっと嬉しそうに見えます。

このブームで迷惑しているという報道は、多く目にします。
その一方で、ちょっとしたステータスのような受け止め方もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

人生に、文学を。

大手新聞各紙の7月20日(水)朝刊に掲載された全面広告です。
20160720

 人生に、
 文学を。

 文学を知らなければ、
 目に見えるものしか見えないじゃないか。
 文学を知らなければ、
 どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)

 読むとは想像することである。
 世の不条理。人の弱さ。魂の気高さ。生命の尊さ。男の落剥。女の嘘。
 行ったこともない街。過ぎ去った栄光。抱いたこともない希望。
 想像しなければ、目に見えるものしか知りようがない。
 想像しなければ、自ら思い描く人生しか選びようがない。

 そんなの嫌だね。つまらないじゃないか。

 繰り返す。人生に、文学を。
 (一年に二度、芥川賞と直木賞)


ブンガクなんて、真正面から言われても照れくさいですが。
ココロが踊るような、何か面白い小説が読んでみたくなる。
そんな気にさせられる、心惹かれる広告だと思います。

公益財団法人 日本文学振興会
Shinkoukai

「人生に、文学を。」プロジェクト。
Jinseibungaku

ところで。

 文学を知らなければ、
 どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)

と問いかけています(^^;

私は、心の中で答えます。
「はい、全くその通りだと思います」


仮に「どうやって人生を想像するのだ?」と問われたとして。
答えは「文学とアニメ」の、二者択一だとしたら。
アニメにマルを付ける人の方が、多いでしょうね。

念のため、言葉の定義を確認しますね。
いつものように、ウィキペディア。

 文学とは、言語表現による芸術作品のこと。
 芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、
 精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。
 文芸(言語芸術)、美術(造形芸術)、音楽(音響芸術)、演劇・映画(総合芸術)などを指す。


文学は、人の心の動きを表現するのに、比較的適した手法だと思います。
その一方で、視覚に訴えることがない分、想像力は本人の体験知見の延長線の範囲に留まる。
そんな制限もあるかと思います。
様々な表現手法の中で、それぞれの特性を生かした作品を作るという、当たり前の話です。

今回の受賞者で言えば、直木賞の荻原浩さん。
二つの小説が映画化されています。「明日の記憶」「愛しの座敷わらし」。
いずれも、原作と映画のどちらも大変良かったです。

どの手法で何を表現するかは、作者の自由。
作品から何を読み取るかは、鑑賞者の自由。

文学が凋落する一方で、アニメやゲームが大きな力を得ている。
そのような状況を充分理解した上で「(アニメか?)」と書いているのでしょう。

それでも、文学でしか表現できない世界もあるのだと。
強い危機感を抱きつつ、そう語りかけている広告なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

群馬県前橋市 敷島公園の「ばら園」「蚕糸記念館」「萩原朔太郎記念館」

7月18日(日)のたった一日の前橋市が、どんどん長くなってしまいました。

この間に、HPのパソコンが届いて芥川賞直木賞発表があってポケモンGOが日本公開されて。
もう終わりにします。


敷島公園のばら園

キレイな庭園ですが、ばらの花はちょぼちょぼ。
季節外れなのでしょうか。

20160718_41


蚕糸記念館

ばら園のの奥にあります。
明治45年6月11日に落成した国立原蚕種製造所の本館を移築したもの。
係の方がひとりだけ。他の来訪者はなし。

養蚕関連の資料展示です。
雑誌「蚕糸の光」。
 後で調べると、全国養蚕農業協同組合連合会発行の機関誌。
 帰宅後、いつ頃まで発行されていたか、調べてみました。
 国立国会図書館サーチでは、1999年の抄本発行が最後のようです。
グンゼの入社案内。
 表紙は、制服の女学生。
 熊谷の片倉シルク記念館にも福利厚生の展示がありましたっけ。
繭の女神さま「衣笠明神」
 あーこれは。昨年の桐生市で、そっくりな等身大人形を見ました。

20160718_42


萩原朔太郎記念館

特に興味があるわけでもないのですが。
入院施設もある位の開業医だった、生家の一部を移築したものです。
係員はおらず、蔵だけ自由に入れます。
ガラス越しに書斎を覗くと、なかなかにモダンな雰囲気。
解説パネルや主な作品の原稿程度です。
周囲のライトアップ設備は、配線が経年劣化し故障しているようでした。

20160718_43

開閉館時刻は以下の通りです。
うまくできています(^^;

蚕糸記念館 午前9時から午後4時
萩原朔太郎記念館 午前9時から午後4時30分
敷島公園のばら園 午前9時から午後5時

これで本日計画したチェックポイントは、ほぼ全部回れました。

渋滞するに決まっている関越道を避け、一般道で帰ります。
最後に、埼玉群馬県境のガトーフェスタハラダで、休憩とお土産(^^)
本日の GoogleMapルート は、こちら。
Maebashi_20160718

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月22日 (金)

群馬県前橋市内の「淀君のお墓」!?

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地と言って良いでしょうか。

竹内結子演じる、悲運のお姫様「お茶々・淀君・淀殿」。
その最後について、ウィキペディアの「淀殿」の項では以下の通りです。

 しかし淀殿の最期を目撃した者の証言や記録などは存在せず、また遺体も確認されなかったため、
 秀頼と同様に彼女にも逃亡・生存説などの伝説が生まれるようになった。
 落ち延びた先としては薩摩や上野に伝承が残っている。
 島津氏を頼り薩摩に落ち延びた説と上州の厩橋まで遁れてきたという説もあり、
 上毛史談会の調査によると、前橋市の近くに淀君神社と称し淀殿を祀った神社があるという。

ほほー。
Google先生に相談です。
淀君神社は分かりませんでしたが、逃亡説ゆかりの場所は分かりました。

元景寺

前橋市内にある、総社藩1万石の藩主秋元家の菩提寺です。
藩主の秋元長朝が大坂夏の陣に出陣した際、淀君を匿い連れ帰ったのだそうです。
その後、淀君は自ら命を絶ち、そのお墓がこのお寺にあるのですって。

長い参道の脇を通って境内に入れます。
本堂の右に幼稚園。左側に駐車場がありました。

20160718_31

説明看板の一部を、そのまま転記しますね。

--------------------------------------
 一、開基
  総社城主、秋元長朝公が父君景朝の菩提
 供養のために開かれました。

 一、由来
  歴史深い山内には景朝公夫妻の墓所と
 ならび浅井長政公の息女(淀君)の墓があ
 ります。それは対岸の敷島公園のお艶観
 音と称し祭られている方の眠れるところ
 です。
--------------------------------------

駐車場から本堂の裏に向かうと墓地があります。
正面の大きな木の下が秋元家のお墓で、ちょうど囲いの工事中。
そしてその脇のお墓が、淀君のお墓だそうです。
ステンレスの掲示板がありました。
墓石に刻まれた内容を、そのまま掲示しているようです。

20160718_32

--------------------------------------
 戌
 長朝側室 泰朝母
 心窓院殿華月芳永大姉
 寛永七年(一六三〇)四月二日卒
--------------------------------------

長朝の側室のお墓なのですね。
その方が淀君、というお話なのですね。

お艶が岩(おえんがいわ)

川を渡って、利根川の対岸にある敷島公園です。
上毛新聞敷島球場では、高校野球の県大会真っ最中。
歓声が外まで響いています。
水遊びの子どもたちも楽しそうな良い公園です。
さて「お艶観音」なるものは、一体どこにあるのでしょう。
案内パネルにも、記載はありません。

ネットの記事を参考にして。発見です。
先の敷島球場の北側、ボート池の橋のそばです。
身を投げた岩にしては、水辺から遠いですが。
20160718_33

とにかくこちらも、説明文を転記します。
ちょっと長いですが、そのままの形でご紹介します。

---------------------------------------------------------------
 お艶が岩
  伝説

 この〝お艶が岩〟には、こんな話が伝えられています。
 「お艶とは」、実は〝淀君〟だったということです。
 秀吉の側室で、慶長二十年(一九一五)大阪夏の陣に際し、わが子秀頼とと
 もに大阪城の天守閣で炎の中、自刃したと伝えられています。
 ところが、対岸にある元景寺に伝わる話によりますと、淀君は、大阪
 夏の陣に出陣した総社城主秋元長朝の陣に助けを求めてきました。
 長朝は、淀君を篭に乗せ木曽路を通り総社に帰りました。もちろん
 当時、淀君をかくまったとあっては、たいへんなことですから、
 〝大橋の局御縁〟と呼んでいました。その後、幾星霜、この城でな
 に不自由なく過ごしていた淀君でしたが、過去の悲哀に耐え切れず、遂
 には世をはかなんで、この岩の上から利根の激流に身を投じたといい
 ます。この〝御縁〟が、語りつがれていくうちにいつしか〝お艶〟にか
 わり、だれいうとなく、この岩を〝お艶が岩〟と呼ぶようになったと
 いうことです。総社の元景寺には、〝淀君の墓〟といわれるお墓が
 あり、淀君が使ったという、お篭も残っています。

  なお、こゝにある「お艶観音像」は、敷島公園愛護会がお艶三百三十
  年忌に際して、昭和三十四年四月日展審査員山本雅彦氏に制作
  をゆだね建立したものです。

 昭和五十六年三月 建之 前橋市観光協会
             連盟創立十周年
             敷島公園観光連盟
---------------------------------------------------------------

なるほど~。
昭和34年=1959年。その年に330年忌なら329年前=1630年。
元景寺のお墓は、寛永7年=1630年。
年代は符合していますね。
先の「淀君神社」は、この「淀君観音」の間違いかも。

そう言えば。
秀頼が大阪城から脱出して、今も「大阪国」が秘密裏に存在する。
そんなお話もありましたっけ(^^;

ネットで調べますと、2011年頃に書かれた訪問記が幾つもヒットします。
NHK大河ドラマ「お江」の年ですね。
浅井長政の三姉妹。茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)、江(上野樹里)。
この時に、興味を持った方が多かったのでしょうか。

2014年の「黒田官兵衛」では、茶々は二階堂ふみさん。先日の「ほとりの朔子」主演。
そして今年の「真田丸」では、竹下景子さん。
もしかすると、今年もこれから調べる方もいらっしゃるかも知れません。

そこで、具体的な場所を Google Earth にマルを付けてご報告します。
どなたかの、お役に立ちますように。
いやいや、探す楽しみを奪ってしまうかも(^^;

Genkeiji
Shikishima

さーて。
この敷島公園には、まだ見どころが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

群馬県庁周辺をチェック「るなぱあく」「臨江閣」「群馬大学医学部」

群馬県庁すぐそばの前橋公園です。
広い芝生が気持ち良さそうです。

るなぱあく
公園の端に、小さな遊園地があります。
こちらは、萩原朔太郎の詩集「遊園地にて」にちなんだ名前。

20160718_21

この「もくば館」と5台の電動木馬は1954年製。
遊園地で稼働中の遊具で登録文化財となっている唯一のもの、だそうです。
そばでじっくり見たかったですが、子どもたちも集まっていますので。
石灯籠のような物は、昭和8年のNHK前橋開局時の「ラジオ塔」。
「ラジオの普及を目的として公園などに設置されたラジオ受信機を収めた塔」だそうです。
いずれも、2007年に国の登録有形文化財に登録。
もくば館に、2枚の証書が掲示してありました。

20160718_22

入場無料。木馬は一回10円。その他の大型遊具は一回50円。
小さなお子さんで、賑わっていました。
コンクリート製の滑り台には「ものすごく滑ります」と注意書き(^^;

臨江閣
初代群馬県令、楫取素彦の呼びかけで作られた迎賓館。
2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」ゆかりの地ですね。
井上真央が演じた主人公「文」の再婚相手です。
ドラマ終了に合わせてか、改装工事中で残念。

20160718_23

群馬大学医学部
頭文字Dの高橋涼介の学ぶ、群馬大学医学部と附属病院です。
先の刑務所や教会同様、興味本位の見物は失礼なので、外から見るだけにします。

さーて、まだ続きがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

頭文字D聖地巡礼「群馬県庁展望レストラン」

2016年7月18日(日)の続きです。

群馬県庁舎自体のご紹介が遅れました。
ウィキペディアからの引用です。
 階数 地上33階、地下3階
 高さ 153.80m
 竣工 1999年06月01日
 都道府県庁舎としては東京都庁舎に次ぐ高さで、県庁舎に限れば日本一である。
 31階にはレストランが入居する。32階には無料の展望台がある。

頭文字Dでは、コミックスの第28巻。
高橋啓介と岩瀬恭子が食事をするのが、ここです。

Inid_28344142

まずは展望台。
 うわー(はぁと)
 すごいながめだね
 関越のインターはどっちだろ
窓からの景色は、群馬大橋の見える南側でした。
20160718_11

31階の展望レストラン「ヴォレ・シーニュ」。
入口は、レイアウトが少し変わっていました。
他に和食のお店もあり、そちらも美味しそうでした。

 てへへ
 現実じゃないみたい・・
 知らないヒトが見たら
 あたし達 つきあってる
 カップルにみえるだろうな・・
 こんなうれしい
 気持ち
 今まで知らなかった
 レッドゾーンで
 まわりつづけるロータリー
 エンジンになったみたい・・

私もお昼を食べてきました。
窓際席はすべて予約済みで、女性同士や若いカップル(^^)
カレーランチセットです。
2種類のカレーにサラダと飲み物付きで 1,500円(税別)。
ケーキを付けても 1,800円と、リーズナブル。
一口満足食彩ランチも 1,500円。

20160718_12

展望台の反対側には前橋ドームが見えたり、県内や近県の観光パンフが沢山あったり。

20160718_13

さーて午後は、、、まずは近くの公園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

見てきました「ぐんまウッドクラフト展in群馬県庁」

2016年7月18日(日)です。

昨年秋に、群馬県桐生市で「ぐんまウッドクラフト展in有鄰館」を見てきました。

イベント案内のハガキを頂きました。今度は群馬県前橋市の群馬県庁です。

ぐんまウッドクラフト展in群馬県庁
 テーマ:工房にご招待
 開催:2016年7月14日(木)~18日(月)
 時間:午前10時~午後6時
 会場:群馬県庁1階 県民ホール北・南

前橋市と言えば、、、いろいろ気になるスポットがあるんです。
良い機会なので、まとめて回ってみましょう。

ウッドクラフト展のオープンは、午前10時です。
その前に、観光施設ではない場所へ。

まずはここです。

前橋刑務所
ウィキペディアでは、以下の通りです。
 群馬県庁本庁舎・前橋市役所本庁舎から南方へ2km弱。
 群馬県近代化遺産。
 収容分類級 B級 再犯者・暴力団員の短期処遇を目的とする男子刑務所。
 収容定員 716人。
 1888年(明治21年)前橋監獄として現在地に開設。
 開設時から1889年(明治22年)にかけ、レンガ積みの塀が整備された。

片側2車線の幹線道路に沿って煉瓦塀が続いています。
道との間には薔薇が植えられ、水路もあり大きな鯉が沢山いました。
もちろん、内部見学は出来ません。
昔は寂しい場所だったのでしょうが、今はすっかり市街地です。
何か新しい活用も出来そうですが・・・
20160718_01

前橋カトリック教会
 文化庁の登録有形文化財。第10-0085号
 ただの見物では失礼なので、こちらも外から眺めるだけです。
 日曜日朝のミサなのですね、結構大勢の人が集まっていました。
 10時ちょうどに、ミサの始まり「アンジェラスの鐘」を聞かせて頂きました。
お団子屋さん「兵六」
 偶然通りかかりましたが、人気が無かったのでスルーしてしまいました。
 残念。ちょっと寄って、お団子を食べてみたかったです。
20160718_02

さて、ウッドクラフト展です。

摺本好作さんのメーリーゴーラウンド。
単三電池ひとつで、スムーズに回っていました。
その他の方の、様々な作品。
いすや家具や小物類などなど。
20160718_03

子どもの体験コーナーもありました。
木の玉を落とすと、木琴のような良い音がしたり。
自由に端材で工作したり。
20160718_04

続きは後ほど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

汚いブログ(^^;

昨日の検索フレーズを見て、思い出しました。
大昔何かの本で「汚い本棚」という表現を読んだ記憶があります。
ネットで調べてみたら、筒井康隆の小説「大いなる助走」に出ていたようです。

 山本周五郎の謂う「汚い本棚」に類するものであって、
 書斎の主の興味の対象が那辺にあるかさっぱりわからない。

あぁ、確かにこれでした。1979年に出た本です。
当時は私は筒井康隆のファンで、新刊が出るたびにすぐ買って読んでいました。
この「大いなる助走」は、ヤバい内容でした。
直木賞を取り損なった主人公が逆上して大暴走、当時の筒井康隆らしい小説です。
山本周五郎の言葉の引用とのことで、そちらもネットで探してみましたが、見つかりません。

話は戻って。

私のブログもこれだよなー、と思います。
元々は、バイクに関連する内容だけに特化するつもりでした。
それがいつの頃からか「バイク以外の雑談」ばかり(^^;
おかげで、先日のような自分でも忘れているような検索キーワードがずらり。

 「興味の対象が那辺にあるかさっぱりわからない」

たしかに、私がこの通り、ということですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

ある日の検索フレーズランキング

以前は時々書いていたのですが、久しぶりに。
[ ]内は、リンク先のニフティでの検索順位を確認した内容です。

 1位:栗田商店  [50件目以降]
 2位:honda インテグラ750  [18件目]
 3位:breva750日記  [1件目]
 4位:f800s レバー  [14件目]
 5位:観測小屋跡 野中至  [17件目]
 6位:ダークツーリズム 創刊号  [7件目]
 7位:富士山すそ野ウオーク 文化洞トンネル  [1件目]
 8位:400 ad3 感想 試乗  [4件目]
 9位:コスプレ 兵馬俑 秩父小鹿野町  [4件目]
10位:文太の名言湯呑み  [8件目]

野中至、ダークツーリズム、文化洞トンネル、コスプレ+兵馬俑。
なんともマニアックなキーワード(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

デスクトップPC買い替え

2009年末購入の、Windows7のデスクトップパソコンです。
使用中に突然電源が落ちたり、Cドライブが容量不足になったり。

電源が落ちるのは熱のせいでしょう。中のほこりを払ったり。
Cドライブの、ごみデータを削除したり。

とりあえず普通に使えていますが、購入後6年も経っています。
致命的な問題が起きる前に、買い替えることにします。

さて、購入計画というほどではありませんが。

周辺機器は継続使用します。

・ディスプレイ
 今のPCとセットで購入した23インチと、その前の17インチの2画面です。
 大きいほど良いですが、今のままで不満はありません。

・データ用ハードディスク
 2016年2月に買い換えた、3TBの2連装です。
 容量はまだまだ余裕があります。

・プリンター
 EPSONのインクジェットA4、スキャナ付きの安いものです。
 大量処理には別のものを使うので、これで充分です。

本体の必要スペック、と言っても何もありません。

・CPUメモリ内蔵ハードディスクなどは、中の上程度
・OSは、Windows10のホームで充分
・ブルーレイドライブ内蔵
・パワーポイントも含むマイクロソフト・オフィス

購入は、大手のBTOメーカーにします。
幾つかのサイトを比較して、HPの旧型在庫にしました。

Hpdirect_1

価格は、送料込みで約11万円。
納期は1週間ほど。
明細も付けておきますね。
後々「こんなスペックでこんな値段か」と話が出来るように。

HP Slimline 450-120jp/CT 東京生産 在庫処分パフォーマンスモデル
 ・HP Slimline 450-120jp ベースユニット
 ・Windows 10 Home (64bit)
 ・DVD リカバリメディアキット
 ・インテル Core i5-4460T (1.90 ‐ 2.70GHz / 4コア・4スレッド / 6MB)
 ・HPモニターなし
 ・8GB (8GBx1) PC3-12800
 ・1TB ハードドライブ(SATA, 7200rpm)
 ・インテルHDグラフィックス(プロセッサー内蔵)
 ・ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
 ・メディアカードリーダー
 ・USB日本語 (109A) キーボード (コンパクトタイプ) & USB光学スクロールマウス
 ・マカフィー リブセーフ (30日版)
 ・【特価】Microsoft Office Home & Business Premium
 ・使い方サポート 1年用
 ・1年間引き取り修理サービス
 ・PC リサイクルマーク 標準添付

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

定峰峠で ヤマハ MT-07 試乗

2016年7月10日(日)です。
前日の雨から一転、真夏のような日差しです。

東秩父中学校そばの、個人設営の水汲みスポット「深宗水」です。
以前に比べ、蛇口が二つになり、看板なども立派になっています。
近くでは、向日葵も咲いていました。

20160710_1

定峰峠の小川町側に、紫陽花の名所があります。
県道11号線をちょっとそれた、狭い林道です。
しっとりと落ち着いた紫陽花の道。

そのまま県道11号線に戻れるのですが、思いつきで先の方まで。
初めて通る「七重峠」を経て、あぁここか。
方向違いの都幾川村に出ました。
大勢のサイクリストが集まる白石峠から定峰峠へ。
20160710_2

さて定峰峠です。
先日ちょい乗りさせてもらった MT-07 のKさんと合流。
さっそく MT-07 で定峰峠を下ってみます。

おっ、これは乗りやすい!
低回転からトルクがあり、ハーフスロットルの反応も良い感じ。
ブレーキも強力ですし、旋回性も良い感じ。
ヘボな私は下りは好きではありませんが、不安感なく心地よく走れます。
平地に出ても、レスポンス良く好印象です。
以前のW800やNC700より、操縦性は明らかに良い感じ。
まさに「運転がうまくなった気がする」バイクなのですね。

気になった点も少し挙げておきます。

メーターは、見にくいですねぇ。
ハンドル真上という極端に手前にあり、視線移動が大きいです。
加えて、スピードはデジタル、タコはバーグラフ。
慣れの問題かとは思いますが。

シートが平板で固いこと。
NC700も、前後別体式でいま一つでした。
こちらは更に薄いので、長距離だと心配です。

リヤフェンダーがないので、雨の日は汚れそう。
インナーフェンダーでも追加したいところです。

それから、純正やGIVIなどのキャリヤは、あるのでしょうか。
なーんてね。
あれこれ考えるのは楽しいですね、買うアテも無いのですが(^^;

20160710_3

道の駅あらかわで、きのこ&鹿肉カレー720円。
定峰峠で見かけた、ハーレー223(^-^)と初代フェアレディZ 2/2。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

淡々系の余談 その2

ついでに書いてしまいます。

淡々系の小説としては「吾輩は猫である」が思い出されます。
夏目漱石の処女作にして「坊っちゃん」と並ぶ面白作品。
私は中学生のころから、何度読み返したか分かりません。
もちろん、スマホにも常備しています。
Wagahai

こちらも、全体を通して大きな事件はありません。
一応は、水島寒月の縁談がありますが、別に主題という程ではないですね。
とにかく全編を通じての無駄話大会。
風刺とか警句とか、意味付けを考えても仕方ないでしょう。
珍野先生のお宅の座敷で、面白い客と一緒に世間話の輪に入るような。
そんな気持ちで、ゆったりと楽しめます。
ちょうど今、新聞で再連載されていて、私の毎朝の楽しみです。

その上、通常の連載小説は、沢木耕太郎のボクシング小説「春に散る」 。
更に木曜日には、福岡伸一のコラム「動的平衡」。
このページだけでも、300円は払っても良いくらいです

Harunitiru

Douteki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

淡々系映画の余談

今回の深田晃司監督「ほとりの朔子」、是枝裕和監督「海よりもまだ深く」「歩いても 歩いても」。
大きなドラマもなく、日常生活が淡々と描写される映画。

人間関係や心の中はドロドロのようですが、それはさておき。

これらの映画が面白いのなら、コレはどうなる?と自問自答です。
Galaxy_1 Galaxy_2

宇宙の片田舎の、流行らないドライブイン。
様々な小事件が散発するものの、全体を通しての大事件はなし。
舞台は宇宙ですが、先の作品群と同じようなものと言えるかも。

ここ数年で、私にはダントツにアレだった作品です。
毎週楽しみにしている「真田丸」と同じ監督の作品とは思えないほど、アレ。

ですが、これは期待値の違いですね。
複雑な状況から、一気に大団円に導く面白さ。
それこそが、この監督さんの持ち味ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

UD Trucks Quon

ほんの無駄話です。
と言いますか、このブログ全部が無駄話ですが。

日本語の名前のクルマって、少ないですよね。
造語のようなものも含め、思いつくままに挙げてみます。
他にもありましたら、教えて下さい。

 ・富士重工 昴
 ・光岡 大蛇、流儀、卑弥呼、我流、凌駕 など
 ・鈴木 軽、兆
 ・豊田 未来、彩、八六、冠
 ・五十鈴 飛鳥
 ・日産 羅針盤
 ・大発 たんと

バイクは簡単ですね。伝説の名車、刀、隼、忍者。
おっと忘れてはいけません、蘭と薔薇(^^)

えー、何の話かと言いますと。
良く見かける大型トラックは、こんな良い名前なんですって。

UDトラックス QUON
Udtrucks_quon


小型もでした。
Udtrucks

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

リンク追加です(^^)

やまみちさんから、こいつは良いかも ヤマハ MT-07 にコメントを頂きました。
そう言えば、以前お目にかかったツバキッキさんのブログも、いつも見ているのに…

この機会に、macotoさん繋がりのお二人のブログへ、リンクをさせて頂きます。
ご了承下さいませ(^^)

やまみちのブログ
あちらこちらへバイクツーリング
私が今でも大好きなF650CSスカーバーにお乗りの、やまみちさん。
あちこちへのツーリングレポートを、いつも大変楽しく拝見しています。
Samoyed



凸凹道大好き!!
スーパーシェルパとKSR110にお乗りの、ツバキッキさん。
私と同じ埼玉県をベースに活動なさっています。
Tsubakiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

見てきました 映画「歓待1.1」「ほとりの朔子」その3

つぎに「ほとりの朔子」です。

ほとりの朔子 125分 日本、アメリカ 2013年
監督・脚本: 深田晃司
出演者 : 二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、杉野希妃、大竹直、渡辺真起子、志賀廣太郎、松田弘子、想田和弘
Sakuko_1
Sakuko_2


先の「歓待1.1」は、小ネタ満載ではあるものの、明らかな事件と解決の物語です。
一方こちらは、やはり小ネタ満載ながら、全体を通した事件はありません。

主人公の朔子は大学受験浪人です。
夏の二週間、旅行で留守になる伯母の家で、別の叔母と二人で過ごします。
場所は、東京から普通列車で行ける程度の海辺の町。
そこで様々な人たちと出会い、様々な小さな出来事が。
解説を抜粋します。

 そんな中、彼に急接近する同級生・知佳(小篠恵奈)から連絡が入る。
 浮足立つ孝史の表情を見て、朔子の心が揺れ始める…。

こんなシーンもありましたが、主たる事件という程ではありません。
その後の展開の方が、それなりにドラマチックです。

 知佳の呼び出しの理由は、福島から避難してきた孝史に、
 反原発の集会でスピーチをして貰いたかっただけ。
 福島の実家に馴染めなかった孝史は「むしろ、清々した」と
 本音を話して、集会のステージから逃げ出す。

反原発の活動家と「気の毒がられて気の毒」な孝史。
これだけでも、一つのテーマではあります。

この他、孝史のバイト先の偽装ラブホテルとか、叔母の仕事や恋人とか。
相互に関連のない小さな事件が、次々と描かれます。

結構深刻な痴話げんかなど、それなりにヘビーな状況もあります。
それでもとにかく、予定通りに電車で家へ帰る朔子。

------------------------------------------

是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」の公開前に、CS放送でメイキング番組を見ました。
その中で、樹木希林さんは、こう話していました。

 「事件があった方が楽なんですよ、映画はね」

なるほど。
大喜びや大泣きの大事件なら、感情むき出しの演技で誤魔化せるかも知れません。
淡々と微妙な感情のゆれを表現する方が、ずっと難しいのでしょう。

こちらの映画も、その点は同じなのでしょう。
小さな事件が連なり、感情爆発のシーンはごくわずか。
その分、丁寧な情景描写が楽しめる。
そんなところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

見てきました 映画「歓待1.1」「ほとりの朔子」その2

まずは、さくっと映画館のご紹介。

キネカ大森は、東京都大田区のJR京浜東北線の大森駅から、歩いて5分。
「日本初のシネコンとして1984年大森にオープンした映画館」とのこと。
西友の最上階、レストラン街の奥、3スクリーンで合計243席。
同時上映は、こんな感じ。
 それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ
 カサブランカ(1942年)~ワーナーブラザース映画フィルムフェス~
 FAKE
最新作「淵に立つ」の深田晃司監督直筆サイン入りポスター。
 第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞
 10月上旬ロードショー とのこと。
20160702

さて「歓待1.1」です。
1.1はディレクターズカット版=バージョンアップという意味のようです。

歓待1.1 96分 日本 2010年
監督・脚本・編集: 深田晃司
出演者: 山内健司、杉野希妃、古舘寛治、ブライアリー・ロング、兵藤公美、オノエリコ、河村竜也、松田弘子、菅原直樹、斎藤晴香、永井秀樹
Kantai_1
Kantai_2

ネタバレを書きますね。

舞台は、墨田区内の夫婦と従業員一人の小さな印刷会社です。
2階建ての、かな~り古い建物。
エンドロールでは「鳩の街商店街」の名前もありました。
今年の初め、2016年1月6日に行った、ちょっとアヤしい街並みです。

大人しそうなご主人と、その家族たち。
再婚なのですね、若くてキレイな奥さん。
幼稚園児位の娘さんは、前の奥さんの子。
それから、バツイチで戻ってきたお姉さん。

そこに、昔のわずかな縁で、おかしな男が転がり込みます。
住み込みで働くことになったら、実は外国人の奥さんがいて。
夫婦それぞれ、弱みを握られてつけ込まれて。
遂には、不法滞在らしい外国人まで、続々と家に入ってきます。

おやおや、一体どうなるのかと思ったら。
酔って騒いで警察官に見つかり、不法滞在のガサ入れ。
あははと笑いながら逃げていく、侵入者たち。
夫婦で散らかった部屋を片付ける光景で、エンディング。

謎の侵入者に平和な家庭が壊されていく恐怖、、、でもなくて。
狭い部屋に大勢の外国人が入り込むシュールな不条理劇、、、でもなくて。
今の日本なら、当然こうなるであろう「公権力の介入」で問題解決します。

これに、出戻りのお姉さん、町内会の皆さん。
先妻とその娘など、様々な人物が絡みます。
細かい所も凝っているんですよねー。
 奥さんは子どもに英語を教えているとのこと。
 それを受けてか、娘は新しいお母さんを「先生」と呼ぶ。
 奥さん、商店街の会合には出たくない。地域に溶け込めていないのか?
 出戻りの姉は海外留学を目指しているが、奥さんは「現実逃避」と見ている。

もちろん、侵入者も謎だらけ。
 なぜか印刷機に詳しい。
 どこからか大量の注文を取って来る。
 どこからか不法滞在者らしい外国人を10数人も連れて来る。
 外国人の奥さん、出身国を聞かれて相手によって答えが違う。

これらの謎(?)は、映画が終わっても、ほとんど解決しません。

別にいいじゃーん。それで。
なんて思います。
日常のような、そうでないような。
ちょっと不思議な世界に身を置いて、最後は元の世界に戻る。
その中で、小さな仕掛けも沢山あって。
ボロっちい家も、なんだか居心地が良さそう。
全く違いますけど、まるでディズニーランドのような不思議で楽しい感じ。

謎の男が喫茶店でチンピラと話をつけるシーンは、どこかで見たなーと思ったら。
ネットで評判になった「風俗行ったら人生変わったwww」ですね。
或いは、落語の「居残り佐平次」に例えても、良いかも知れません。

この男をメインに据え、ユーモア風味をもう少し増やせば・・・
普通に面白い映画になるかなー、と思いましたが。
やはりダメですよね。
弱いものの弱みにつけ込んでいては、主役はムリですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

見てきました 映画「歓待1.1」「ほとりの朔子」

2016年7月2日(土)です。

映画や音楽などコンテンツビジネスって、面白いですよね。
莫大な費用をかけた超大作でも、低予算の地味な作品でも、価格は同じです。
同じ金額で視聴するなら、大作の方がお得、、、ってそんなモンではありません。

というわけで。
最近私は、その辺に居そうな家族を大したドラマもなく描いた、是枝裕和監督作品が気に入っています。
具体的には、先月見た「海よりもまだ深く」や「歩いても 歩いても」などです。

これらに近いテイストの、深田晃司監督作品の二本立てが上映されます。
2016年3月12日(土)に「男はつらいよ 寅次郎相合い傘・ぼくの伯父さん」を見た「キネカ大森」です。
上映は、7月2日(土)から7月8日(金)という短期間なので、早速見てきました。

名画座2本立て上映 
『淵に立つ』第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞記念
2号館(68席)

歓待1.1 96分 日本 2010年
監督・脚本・編集: 深田晃司
出演者: 山内健司、杉野希妃、古舘寛治、ブライアリー・ロング、兵藤公美、オノエリコ、河村竜也、松田弘子、菅原直樹、斎藤晴香、永井秀樹
Kantai_1
Kantai_2
つぎはぎだらけの家族模様を、洗練されたユーモアで包みながら、時にシリアスに問題提起をし、時に爆笑を誘う。
閉塞感を打破し世界を大きく掴む、怒濤の”グローカル”映画!歓待“1.1”はディレクターズカット版!
東京の下町で若い妻・夏希(杉野希妃)、前妻の娘・エリコ(オノ・エリコ)、出戻りの妹・清子(兵藤公美)と暮らしながら印刷屋を営む小林幹夫(山内健司)は、何も事件が起こらない平和な日常に満足していた。
ある日、突然訪れた流れ者・加川花太郎。髭モジャ、慇懃無礼な加川は、のらりくらりと小林家の内部に入り込み、かりそめの平和をかき乱していく…。
一見平和だが招かれざる客の出現でつぎはぎだらけの家族のメッキがはがされていく変化を、新進気鋭の深田晃司監督と若手演技派俳優たちが、卓越した表現力で創出!

ほとりの朔子 125分 日本、アメリカ 2013年
監督・脚本: 深田晃司
出演者 : 二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、杉野希妃、大竹直、渡辺真起子、志賀廣太郎、松田弘子、想田和弘
Sakuko_1
Sakuko_2

あの頃、ほとりにいたすべての人に。
18歳の夏物語--。
第35回ナント三大陸映画祭グランプリと若い審査員賞をW受賞。
浪人生の朔子(二階堂ふみ)は叔母の海希江(鶴田真由)の提案で、旅に出た伯母(渡辺真起子)の家で2週間過ごすことに。
彼女は海希江の幼なじみの兎吉(古舘寛治)やその娘の辰子(杉野希妃)、福島から避難してきたおいの孝史(太賀)らと出会う。
のどかな場所で、朔子は仕事に集中する叔母をよそに短い夏休みを満喫していた。
周りの大人たちの微妙にもつれた人間模様。
そして、小さな街の川辺や海や帰り道で会い、語り合ううち縮まっていく朔子と孝史の距離。
そんな中、彼に急接近する同級生・知佳(小篠恵奈)から連絡が入る。
浮足立つ孝史の表情を見て、朔子の心が揺れ始める…。
海辺の町でヒロインが過ごす2週間をみずみずしいタッチで描きだした味わい深い作品。

感想は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

中華なう

といいますか、2016年7月1日(金)です。
埼玉県大宮市です。

鮎の塩焼きは、じっくり焼いてあるので、全部食べられます。
青椒肉絲は、牛のレアですので、わさびで食べて下さい。
麺は、胡麻坦々、塩、醤油、香漢方油からお好きな物を。
小さめにしてありますので、お代わりをして下さい。

20160701

Chafoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »