« 群馬県庁周辺をチェック「るなぱあく」「臨江閣」「群馬大学医学部」 | トップページ | 群馬県前橋市 敷島公園の「ばら園」「蚕糸記念館」「萩原朔太郎記念館」 »

2016年7月22日 (金)

群馬県前橋市内の「淀君のお墓」!?

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地と言って良いでしょうか。

竹内結子演じる、悲運のお姫様「お茶々・淀君・淀殿」。
その最後について、ウィキペディアの「淀殿」の項では以下の通りです。

 しかし淀殿の最期を目撃した者の証言や記録などは存在せず、また遺体も確認されなかったため、
 秀頼と同様に彼女にも逃亡・生存説などの伝説が生まれるようになった。
 落ち延びた先としては薩摩や上野に伝承が残っている。
 島津氏を頼り薩摩に落ち延びた説と上州の厩橋まで遁れてきたという説もあり、
 上毛史談会の調査によると、前橋市の近くに淀君神社と称し淀殿を祀った神社があるという。

ほほー。
Google先生に相談です。
淀君神社は分かりませんでしたが、逃亡説ゆかりの場所は分かりました。

元景寺

前橋市内にある、総社藩1万石の藩主秋元家の菩提寺です。
藩主の秋元長朝が大坂夏の陣に出陣した際、淀君を匿い連れ帰ったのだそうです。
その後、淀君は自ら命を絶ち、そのお墓がこのお寺にあるのですって。

長い参道の脇を通って境内に入れます。
本堂の右に幼稚園。左側に駐車場がありました。

20160718_31

説明看板の一部を、そのまま転記しますね。

--------------------------------------
 一、開基
  総社城主、秋元長朝公が父君景朝の菩提
 供養のために開かれました。

 一、由来
  歴史深い山内には景朝公夫妻の墓所と
 ならび浅井長政公の息女(淀君)の墓があ
 ります。それは対岸の敷島公園のお艶観
 音と称し祭られている方の眠れるところ
 です。
--------------------------------------

駐車場から本堂の裏に向かうと墓地があります。
正面の大きな木の下が秋元家のお墓で、ちょうど囲いの工事中。
そしてその脇のお墓が、淀君のお墓だそうです。
ステンレスの掲示板がありました。
墓石に刻まれた内容を、そのまま掲示しているようです。

20160718_32

--------------------------------------
 戌
 長朝側室 泰朝母
 心窓院殿華月芳永大姉
 寛永七年(一六三〇)四月二日卒
--------------------------------------

長朝の側室のお墓なのですね。
その方が淀君、というお話なのですね。

お艶が岩(おえんがいわ)

川を渡って、利根川の対岸にある敷島公園です。
上毛新聞敷島球場では、高校野球の県大会真っ最中。
歓声が外まで響いています。
水遊びの子どもたちも楽しそうな良い公園です。
さて「お艶観音」なるものは、一体どこにあるのでしょう。
案内パネルにも、記載はありません。

ネットの記事を参考にして。発見です。
先の敷島球場の北側、ボート池の橋のそばです。
身を投げた岩にしては、水辺から遠いですが。
20160718_33

とにかくこちらも、説明文を転記します。
ちょっと長いですが、そのままの形でご紹介します。

---------------------------------------------------------------
 お艶が岩
  伝説

 この〝お艶が岩〟には、こんな話が伝えられています。
 「お艶とは」、実は〝淀君〟だったということです。
 秀吉の側室で、慶長二十年(一九一五)大阪夏の陣に際し、わが子秀頼とと
 もに大阪城の天守閣で炎の中、自刃したと伝えられています。
 ところが、対岸にある元景寺に伝わる話によりますと、淀君は、大阪
 夏の陣に出陣した総社城主秋元長朝の陣に助けを求めてきました。
 長朝は、淀君を篭に乗せ木曽路を通り総社に帰りました。もちろん
 当時、淀君をかくまったとあっては、たいへんなことですから、
 〝大橋の局御縁〟と呼んでいました。その後、幾星霜、この城でな
 に不自由なく過ごしていた淀君でしたが、過去の悲哀に耐え切れず、遂
 には世をはかなんで、この岩の上から利根の激流に身を投じたといい
 ます。この〝御縁〟が、語りつがれていくうちにいつしか〝お艶〟にか
 わり、だれいうとなく、この岩を〝お艶が岩〟と呼ぶようになったと
 いうことです。総社の元景寺には、〝淀君の墓〟といわれるお墓が
 あり、淀君が使ったという、お篭も残っています。

  なお、こゝにある「お艶観音像」は、敷島公園愛護会がお艶三百三十
  年忌に際して、昭和三十四年四月日展審査員山本雅彦氏に制作
  をゆだね建立したものです。

 昭和五十六年三月 建之 前橋市観光協会
             連盟創立十周年
             敷島公園観光連盟
---------------------------------------------------------------

なるほど~。
昭和34年=1959年。その年に330年忌なら329年前=1630年。
元景寺のお墓は、寛永7年=1630年。
年代は符合していますね。
先の「淀君神社」は、この「淀君観音」の間違いかも。

そう言えば。
秀頼が大阪城から脱出して、今も「大阪国」が秘密裏に存在する。
そんなお話もありましたっけ(^^;

ネットで調べますと、2011年頃に書かれた訪問記が幾つもヒットします。
NHK大河ドラマ「お江」の年ですね。
浅井長政の三姉妹。茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)、江(上野樹里)。
この時に、興味を持った方が多かったのでしょうか。

2014年の「黒田官兵衛」では、茶々は二階堂ふみさん。先日の「ほとりの朔子」主演。
そして今年の「真田丸」では、竹内結子さん。
もしかすると、今年もこれから調べる方もいらっしゃるかも知れません。

そこで、具体的な場所を Google Earth にマルを付けてご報告します。
どなたかの、お役に立ちますように。
いやいや、探す楽しみを奪ってしまうかも(^^;

Genkeiji
Shikishima

さーて。
この敷島公園には、まだ見どころが。

|

« 群馬県庁周辺をチェック「るなぱあく」「臨江閣」「群馬大学医学部」 | トップページ | 群馬県前橋市 敷島公園の「ばら園」「蚕糸記念館」「萩原朔太郎記念館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬県前橋市内の「淀君のお墓」!?:

« 群馬県庁周辺をチェック「るなぱあく」「臨江閣」「群馬大学医学部」 | トップページ | 群馬県前橋市 敷島公園の「ばら園」「蚕糸記念館」「萩原朔太郎記念館」 »