« サンバーにGROMとBreva750を載せて北海道 その4 ※追記あり | トップページ | つげ義春「ほんやら洞のべんさん」 »

2016年9月22日 (木)

サンバーにGROMとBreva750を載せて北海道 その5

ドローン「DJI PHANTOM 4」と、^n^くんと私が装着していたカメラの画像です。
動画から静止画をキャプチャーしました。

まずは函館郊外の「恵山道立自然公園」の駐車場です。
20160909_21

びゅいーんとドローンを飛ばしてと。
私が岬に向けて走っています。
20160909_22

一番高い位置で、まもなく眼前に海が広がるところ。
走っていても素晴らしい景色でしたが、上空から見るとさらに素晴らしい。
20160909_23

駐車場に戻ってきました。
20160909_24


せたな町の「日本海追分ソーランライン」です。
午後の陽ざしは夕陽に変わりかけ、風も出て波も荒いです。
そんな状態で、あろうことかドローンを空中に放置!
バイクに向かって歩いています。
20160910_21

さーて、^n^くんと私でGROMとBreva750を走らせます。
少し走って戻ってくるところ。
画角がほとんど変わらないのが、お分かり頂けると思います。
つまり、風の中でぴたーっと静止しているんです。
20160910_22

着陸前に、ぐるっと周囲を見渡します。
午後の陽ざしに映える青空、紺碧の海に白く輝く波。
20160910_23

海面の照り返しの中を、着陸です。
おーいと手を振る私(^^;
20160910_24


羊蹄山周辺です。
普通のデジカメ画像ですが、私が撮ったドローン
20160911_21

まぬけな中腰の撮影ポーズを撮られている私(^^;
20160911_22

羊蹄山に向かう直線道路で、ドローン準備。
20160911_23

戻ってきても、画角の変化はほとんどなし。
ここでも同じ場所に、ぶいーんと浮いています。
20160911_24

向きを変えて着陸。
加速すると前傾姿勢になり、右上にローターが少し映り込んでいます。
20160911_25


さてと。今度は、ウェアラブルでの撮影画像です。
羊蹄山周辺の道路で、先行する私です。
胸元に付けた^n^くんのデジカメ動画のキャプチャです。
20160911_31

私のヘルメットの左側には、コンツァーローム3
20160911_32

私も、走りながら左手でスイッチオン。
電源と撮影開始を兼ねたスライドスイッチひとつの、シンプル操作。
20160911_33

後ろ向きに付けた、コンツァーローム3の画像です。
上の画像の数秒あと、左側の建物が右に映っています。
20160911_34


というわけです。
撮ったり撮られたり。
同じ瞬間を、複数の視点から見て楽しむことが出来ました。

以前、^n^くんも言っていました。

 かつてのベータも、このドローンも「表現する為の道具」です。
 所有よりも、それからの先の何をするかが大事と思っています。

全くその通りですね。

以前も書きましたが、ただ「どこへ行ってきた」ではもったいない。
当日の楽しみははもちろんのこと。事前調査やルート検討。
帰宅後の、こうした画像の確認、見聞きしたことの再確認。
更には、このようなブログでの報告も。

一度の体験を様々に楽しめて、ありがたいことです(^^)

|

« サンバーにGROMとBreva750を載せて北海道 その4 ※追記あり | トップページ | つげ義春「ほんやら洞のべんさん」 »

コメント

素晴らしいお友達と素晴らしいツーリングレポートです。happy01
僕は一昨年函館から登別まで走りお友達に地球岬や洞爺湖、支笏湖を案内して貰い17時間の滞在で苫小牧から秋田行きのフェリーで帰って来ました。
まさに行って来ましただけのもったいないツーリングでした。coldsweats01

投稿: まこちん | 2016年9月25日 (日) 09時51分

あれこれ工夫したり、自分で作ったり、遠くまで一気走りしたり。
まこちんさんは、きっと^n^くんとは気が合いそうですね(^^;

北海道17時間滞在とは、すごいですね。
まこちんさんなら、楽勝でしょう(^_^)

投稿: 缶コーヒー | 2016年9月25日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/64236457

この記事へのトラックバック一覧です: サンバーにGROMとBreva750を載せて北海道 その5:

« サンバーにGROMとBreva750を載せて北海道 その4 ※追記あり | トップページ | つげ義春「ほんやら洞のべんさん」 »