« 野菜の高値対策 | トップページ | 歩いてきました 亀有駅周辺「こち亀マップ」 »

2016年10月12日 (水)

見てきました 足立区立郷土博物館「タイムスリップ昭和家電」

2016年10月8日(土)です。

こんな展示を見てきました。


足立区立郷土博物館
開館30周年記念特別展 「昭和レトロ家電-増田健一コレクション-」
Adachukukyoudo

 あの伝説の展示が、パワーアップしてふたたび登場!
  平成24年には、「タイムスリップ昭和家電-増田健一コレクション-」展を開催し、
  多くの方々にお楽しみいただきました。
  開館30周年記念特別展と題して、再び昭和レトロ家電展を開催します。
  今回は、企画展示室にとどまらず1階ホール、2階ギャラリーとほぼ全館レトロ家電に!
  前回からさらにパワーアップした見応え満載の展示をぜひご覧ください。

会期は10月16日まで。もう後がありません。
天気は悪いですが屋内展示ですからね、傘を持って行きましょう。

綾瀬駅には「0番線」があります。
乗るわけではありませんが、珍しいので記念撮影。
ここからバスに乗って15分、歩いて5分ほどで到着。
第2第3土曜日は無料公開日で、ラッキー。
と言っても、普段でも200円ですが。
20161008_01

エントランスから、すぐ特別展の会場です。
両脇に、いきなり面白いものが。

受話器が1つなのにダイヤルが2つある「ボースホーン電話機」。
昭和38年 9,700円 岩崎通信機

トースト、ホットミルク、目玉焼が一度にできる調理器「スナック3 HTS-62」。
昭和39年 3,500円 東芝
同時に出来上がるためには、牛乳、卵、パンを時間差でセットするという(^_^;
20161008_02

会場内は撮影禁止です。
失礼して、、、階段から見下ろした入口周辺です。
なんと。
このコレクションのオーナー、増田健一さんがいらっしゃいました。
図録にサインをして頂いて、少しお話。
個人のコレクションが増えて、家中にあふれてしまい困った。
今は「大阪くらしの今昔館」研究員として、そちらに保管されているそうです。
学術的な収集というよりは、変わったもの面白いものに力を入れているそうです。
図録にサインを頂いて。
 「それでは、もう一回りしてきます。」
 「それはもう、二回りでも三回りでも。」
20161008_03

展示品も、面白い物がたくさんありました。
上下二段の扇風機、電動缶切り、テレビ型のラジオなどなど。
私にも懐かしいものもありましたし、もっと前の世代のあれこれも沢山。

単なる大真面目な近代遺産や、昔懐かしいレトロ展示に留まらず。
にやりと笑える面白さは、さすが大阪の方ですねぇ(^^)

常設展示も見てきました。
農業の展示では「下肥」について、詳しく説明されていました。
その他、チューリップ栽培や野菜など。
有名な「千住火力発電所のお化け煙突」の模型もありました。
その脇には、こち亀の見開き。
帰宅後確認しました。
59巻の「おばけ煙突が消えた日の巻」ですね。
担任の先生が入院し、臨時に若い女の先生がやってくるお話ですね。
20161008_04

その他、木造都営住宅の再現など。
屋外にはキレイな庭園や、撤去された建造物の礎石や石碑など。
雨が強くなって、庭園など良く見られず、残念。
20161008_05

さーて。
違うバス停から、今度は亀有駅に向かいます。

|

« 野菜の高値対策 | トップページ | 歩いてきました 亀有駅周辺「こち亀マップ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/64332148

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました 足立区立郷土博物館「タイムスリップ昭和家電」:

« 野菜の高値対策 | トップページ | 歩いてきました 亀有駅周辺「こち亀マップ」 »