« Breva750で「第21回 幸手クラシックカーフェスティバル」 | トップページ | 今年も「ココ・ファーム・ワイナリー収穫祭」 »

2016年11月18日 (金)

見てきました!!! 映画「この世界の片隅に」

2016年11月12日(土)公開の映画です。
Konosekai

舞台は、戦前戦中戦後の呉と広島。
となれば、軍港への空襲や原爆。

どうも、この時代の映画や小説はねぇ。
もちろん、良いものもありますけど。

私にとっては、あまり期待は出来ないんです。
山田洋次「母と暮らせば」や、野坂昭如「火垂るの墓」。
そのほか、巨大戦艦やら両国から描いた離島奪還やら。

ということで。
この映画も、私は見る気は全くありませんでした。

ところが先日見てきたある人が、大絶賛。
 「ぜひ見てきてよ、ただし一人でね。」

ちょっと調べると、なるほどかなり評判は良いようです。
埼玉県内での上映は、わずか4館です。
これでは、この後どうなるか分かりません・・・

というわけで。
ちょうど都合がついたので、夕方の回を見てきました。

あれ?
映画館の中には、この映画のポスターさえありません。
唯一見つかったのは、地味~な主人公のタテカンだけ。
20161117



というわけで。
いやー、なるほどこれは良かったです。

水彩画のような、穏やかな絵柄。
手足の大きい、良い意味でまんがっぽい人物造形。

主人公は、小柄で絵が好きで方向音痴で天然な女の子。
広島から呉にお嫁入りします。

昔の話ですからね、親兄弟舅姑小姑親戚。
その他ご近所や偶然出会う人など、登場人物は多数。
それらの人々も、人物像が明快でストーリーもあざやか。

風景や料理や裁縫など、細部の造り込みが素晴らしい。
和服を裁ってもんぺに仕立てる手順とか、野草の食べ方とか。
米軍のビラを拾って「落とし紙」にするとか。

戦争が激化し、穏やかな生活が崩れて行きます。
本人や家族や知人が、傷ついたり亡くなったり。
やがて、町が焼け野原になったり。

ぽよんとした主人公も、さすがに大粒の涙をこぼします。
主人公の心の動きそのまま、水彩画のような背景が乱れたり。

ですが、陰惨な戦場描写や、ことさらな悲劇的描写は一切なし。
主人公と家族の生活が、丁寧に淡々と描かれます。
淡くて美しい水彩画のように。

そして、終戦後の物不足のなかにも、少しづつ明るさが見えてきます。
深く静かな悲しみとともに、小さな救いもあり、さわやかなエンディング。

エンドロールの後には、クラウドファンディングに協力した方のリスト。
それに添えられた鉛筆画が、また良かったですねぇ。
映画に登場した脇役の、サイドストーリーになっているんです。
まさに頭からしっぽまで、すみずみがしっかり楽しめる、素晴らしい映画でした。



呉は、わずかな時間ながら昨年訪れたばかり。

そして今回映画を見たのは、昭和20年8月14日夜に空襲された、埼玉県唯一の戦災都市。
映画の感激も、ひとしおでした。

原作も、さっそくチェックしなくては。

それから「続・深夜食堂」も、早めに見なくては。

|

« Breva750で「第21回 幸手クラシックカーフェスティバル」 | トップページ | 今年も「ココ・ファーム・ワイナリー収穫祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました!!! 映画「この世界の片隅に」:

« Breva750で「第21回 幸手クラシックカーフェスティバル」 | トップページ | 今年も「ココ・ファーム・ワイナリー収穫祭」 »