« 行ってきました、恒例「柴又帝釈天」 | トップページ | 久し振りの「鈴本演芸場」 »

2017年1月 9日 (月)

行ってきました、恒例「柴又帝釈天」その2

ちょっと追記です。
柴又駅前の、寅さんの銅像の碑文を転記します。

 寅さんは損ばかりしながら生きている
 江戸っ子とはそういうものだと
 別に後悔もしていない
 人一倍他人には親切で家族思いで
 金儲けなぞは爪の垢ほども考えたことがない
 そんな無欲で気持ちのいい男なのに
 なぜかみんなに馬鹿にされる
 もう二度と故郷になんか帰るものかと
 哀しみをこらえて柴又の駅を旅立つことを
 いったい何十辺くり返したことだろう
 でも 故郷は恋しい
 変わる事のない愛情で自分を守ってくれる
 妹のさくらが可哀想でならない
 ――ごめんよさくら いつかはきっと偉い
 兄貴になるからな――
 車寅次郎はそう心に念じつつ
 故郷柴又の町をふり返るのである
        一九九九年八月 山田洋次

今年の3月には、さくらさんの像も設置されるそうです。

葛飾柴又 寅さんのそばに妹「さくら」の銅像
17年3月に設置 葛飾区が1800万円を補正予算案
Mainichpnp_tora

|

« 行ってきました、恒例「柴又帝釈天」 | トップページ | 久し振りの「鈴本演芸場」 »

コメント

今年も おじゃまさせてくださーい

渥美 清さん  火の鳥2772 の試写会へ 向かった時
日劇の前の 横断歩道で すれ違ったんですよ~

信号が 青になって ドキドキ
凄いオーラが 出ていて すぐに 判りましたよ
やさしそうな方でした 1980年の思い出で ありますsmile

投稿: ロッソ | 2017年1月 9日 (月) 17時46分

ロッソさん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします(^^)

そうですかー、1980年の渥美清さん。
シリーズちょうど真ん中あたりで、お元気に活躍していた頃。
私も、一度くらい会ってみたかったです・・・

火の鳥2772、愛のコスモゾーンも懐かしいですね。
私はテレビかレンタルビデオで見ただけでしたが、
群衆など動きが素晴らしかったのが、印象に残っています。

投稿: 缶コーヒー | 2017年1月 9日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/64735010

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました、恒例「柴又帝釈天」その2:

« 行ってきました、恒例「柴又帝釈天」 | トップページ | 久し振りの「鈴本演芸場」 »