« 雑考「埼玉国体のマスゲーム」その4 | トップページ | 行ってきました「三県境」その1 »

2017年2月20日 (月)

行ってきました「旧下野煉化製造会社煉瓦窯」

2017年2月18日(土)です。

栃木県野木町の、通称「野木町煉瓦窯」を見てきました。
Nogi_renga
 ・旧「下野煉化製造会社」のホフマン式煉瓦窯
 ・1890(明治23)年から1971(昭和46)年まで稼働
 ・1979(昭和54)年に重要文化財に指定
 ・2007(平成19)年に近代化産業遺産群のひとつに選定
 ・県と町の予算で修復工事を行い、2016(平成28)年5月10日にグランドオープン

いつも面白いことを考える、^n^くんに教えてもらいました。
煉瓦窯としては、埼玉県内では深谷市が有名です。
深谷市は何度か行っていますが、煉瓦窯は行ったことがありません。
以前、内部見学の出来る特別公開日を見逃したことがありまして、それっきり(^^;

こちらは、常時内部見学が可能で、展示設備も充実しているようです。
それでは、さっそく行ってみましょう。

広い駐車場の奥に「野木ホフマン館」という施設。
ここで入場料大人100円。ヘルメットを被り案内の時間を待ちます。
勝手に歩いても構わないのですが、せっかくですからね。
10数人が集まりました。
20170218_01

16の窯が、円形に配置されています。
乾燥~予熱~焼成~冷却の工程を、窯ごとに時間をずらして連続的に生産するしくみです。
見学した窯は内部はそのままですが、他は修復時に鉄骨で補強されています。
煙突にも、韮山反射炉のような外枠があります。
こちらは、稼働していた頃に追加されたそうです。
20170218_02

外の階段で上に上がると、おぉーすごい。
窯が円形に配置されて、無数の燃料投入口。
SF映画に出てくる、レトロフューチャーメカのよう。
いやいや、実際に明治時代のハイテク設備だし。
古い補強鉄骨の展示には、リベットとボルト。
そうかー、昔はリベット接合だったのですね。
そう言えば、東京タワー完成が1958(昭和33)年。
建設時には「赤く熱したリベットを高所で投げ渡した」という話がありましたっけ。
20170218_03

先ほどの「野木ホフマン館」に戻ります。
野木町マスコットキャラクター
町の花「ひまわり」をイメージした「サンちゃん」 。
ひまわりのイメージとレンガ窯の帽子をかぶった「のぎのん」。
その他、煉瓦窯に関する展示や、ちょっとおしゃれなカフェ。
20170218_04

キレイな設備に、素晴らしい明治のハイテク遺構。
これは、なかなかの見ものでした(^^)
とはいえ、ここだけではちょっと寂しいです。

こちら栃木県野木町は、茨城県古河市のお隣です。
古河市には、桃まつり博物館サイクルショップなど、私も何度も来ています。
県をまたいでしまいますが、そちらと連携するのも良いかと思います。

さーて、帰りにちょっと寄り道をします。

|

« 雑考「埼玉国体のマスゲーム」その4 | トップページ | 行ってきました「三県境」その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/64919525

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました「旧下野煉化製造会社煉瓦窯」:

« 雑考「埼玉国体のマスゲーム」その4 | トップページ | 行ってきました「三県境」その1 »