« 走ってきました、圏央道新開通区間 | トップページ | 圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮 その2 »

2017年3月 6日 (月)

圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮

2017年3月4日(土)です。
圏央道で、千葉県へ。

途中の圏央道では、以前感心した牛久大仏が見えたり。
つくば中央出口8km手前で、謎の建物が見えたり。
一般道に降りたら、利根川に沿って国道356号線を淡々と走ってと。
20170304_01

まずは重要伝統的建造物群保存地区「佐原の街並」です。
かつては舟運で栄えた川沿いに古い町並みが続き、なかなかの風情です。
伊能忠敬の生家があったり。
20170304_02

煉瓦造りの建物は旧三菱銀行。
今は「街並み交流館」になっています。
観光開発も過度ではなく、おだやかで良い感じの街並みでした。
20170304_03

さて次は。
東関東自動車道を通り、香取神宮へ。
下総国一宮。
宮中の四方拝で遥拝される一社だそうです。

無料駐車場は満車で少し待たされましたが、神宮自体は混雑していません。
へぇ。
鳥居の脇に、山村新治郎の銅像がふたつ並んでいます。
ウィキペディアで確認。
この名前を受け継ぐ、10代と11代のお二人。
11代が「よど号ハイジャック事件」で男を上げた方ですか。
気の毒な亡くなりかたを、していたのですねぇ。
20170304_04

黒漆塗りの立派な本殿。
海上自衛隊練習艦「かとり」の錨が奉納されていたり。
門前のお店には、、、ちょっと面白いカンバン。
 景気回復 商売繁盛 願いが叶う
  岩立の叶大福
おまけです。
途中の廃品回収らしきコンテナの上には、ドンガラのロータスヨーロッパ。
FRPボディならではの、オブジェですね。
20170304_05

続きは後ほど。

|

« 走ってきました、圏央道新開通区間 | トップページ | 圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮 その2 »

コメント

缶さんこんばんは。
あの角のある?建物気になりますね。
ブログを見て缶さんも走ったと知り正体をを突き止めてくれると期待しています。
でも何でしょうね?霊園?ホール?

投稿: のも | 2017年3月 7日 (火) 18時50分

のもさん、どうもです(^^)

あの建物は、圏央道の標識で場所ははっきりしているんです。
ですが、グーグルマップには何も書かれていません。
グーグルアースでも分かりません。

一体、何なのでしょうね?

投稿: 缶コーヒー | 2017年3月 7日 (火) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/64980243

この記事へのトラックバック一覧です: 圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮:

« 走ってきました、圏央道新開通区間 | トップページ | 圏央道で、佐原の街並~香取神宮~鹿島神宮 その2 »