« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月26日 (水)

セーラーエース連載終了・・・

我ながら疎いのですが(^^;
私の好きな、頭文字Dのしげの秀一さんの、セーラーエースです。

今月はじめで、ヤングマガジンでの連載が終わっていたのですね。
と言いますか、これはもう、連載打ち切りという感じ(^^;
Ym2017_18_163

で。
次はこれですか。
Ym2017_18_164
 新たなる伝説――。
  202X年――。
  車の自動運転が普及した日本に
  英国のレーシングスクールを
  トップの成績で卒業した
  天才ドライバーが帰国する。
 『バリバリ伝説』『頭文字D』『高嶺の花』『セーラーエース』
 しげの秀一
 今夏、新連載開始!

舞台は近未来、ですかぁ。
どうなるかわかりませんが、楽しみに待ちましょう(^^)

セーラーエースは全く読んでいないのですが、実際にあるんですね。
全国高等学校女子硬式野球連盟
 第18回全国高等学校女子硬式野球選抜大会の結果。
Girlsbaseball_201704

スポーツに疎い私でも聞いたことのある、履正社、埼玉栄、作新学院など。
男子の高校野球の強豪校が並んでいます。
今はまだ、加盟チームは20数校のようですが、案外これからブレイクするかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

見てきました 映画「パッセンジャー」

久し振りに映画を見てきました。
レイトショーで、観客は一桁(^^;
Passenger_201704
宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。
20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、
目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。
しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。
絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。
おぉ。これは面白い(^^)

普段私は、ヤフー映画などのネット上の映画評は見ないようにしています。
こんなアレな見方があるのかと、驚くような視点からの感想が続々。
映画を見るスタンスは、人それぞれだと痛感します。
それはさておき、映画を見るスタンスについて、一般的にはこうでしょうか。

「主人公に感情移入して、現実にはあり得ない世界の疑似体験を楽しむ」

 ジャングルや宇宙や戦場で、次々と迫る危機にドキドキハラハラしたり。
 人生に悩む主人公と共に、自分ならどうするか、、、なんて思ったり。
 思いがけない恋や成功を得て、幸せいっぱいのエンディングに、嬉しくなったり。

で、この映画です。
何しろ登場人物が少なくて、ストーリーもシンプル。
おかげで、主人公に「なりきり」で映画にどっぷり浸れます。

 どこにも逃げ場のない巨大宇宙船の中で、たった一人。
 身の危険はなく、食事もお酒も娯楽もある。
 それでも、たった一人で目的地まで90年!
 目の前には、コールドスリープの5000人。
 彼らを覚醒させる方法も分かった。
 さぁ、アナタなら、どうしますか?

その後も、何回も究極の問いが突き付けられます。

 宇宙船に深刻なトラブル。
 見ず知らずの5000人を救うため、自分の命を捨てられるか?

 90年のコールドスリープに戻れるのは、一人だけ。
 愛する人にそれを譲ることが出来るか?

思考実験という言葉がありまして。
有名な話では「トロッコ問題」なんて言うのがありますが。
まさにそんな感じです。

 暴走するトロッコ。直進すれば5人が死ぬ。
 分岐路に入れば、5人は助かるが別の1人が死ぬ。
 さぁどうする?

主人公の男性は、5000人の中から一人だけを蘇生させてしまいます。
そのことについて、別の一人の言葉が泣かせます。

 海で溺れてすがりついた者の、その行為を責められるか。

宇宙船のトラブル、人間同士のトラブル。
それらの危機を乗り越えて、一体最後はどうなるのか・・・
おぉ、これは素晴らしいエンディング。

1人でじっくりでもよし、二人で語り合うもよし。
こう言ってはアレですが、幾つかの突っ込みどころで盛り上がるのも、アリでしょう。

良かったです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

小椋佳「春なんだなあ」

この季節になると思い出す歌です。

小椋佳「春なんだなあ」

 学生が自分らの青春に気附かずに
 街なかをさざめいて歩いている昼休み
 春だ 春なんだなあ
 老人の顔にも赤味がさして
   肉屋ではコロッケをあげている人だかり
   花屋にはアネモネがわれ先に溢れてる

 若者がすれちがう娘らをふりかえる
 何気ない素振りして駿河台一丁目
 春だ 春なんだなあ
 老人の肩にも陽射しが踊り
   楽器屋はレコードを流してる愛の唄
   本屋では新しい教科書を売り出した

 娘らはお互いに腕を組み語り合う
 一せいに笑い出し立ち止まり笑い継ぐ
 春だ 春なんだなあ
 老人の顔にも微笑みが浮び
   実験の器具を売る店先のフラスコに
   アネモネの赤い花空の雲映ってる

 学生の流れには新しい顔がある
 鈴懸の並木路 芽がうるむ背伸びする
 春だ 春なんだなあ
 春だ 春なんだなあ

シングルレコードのリリースが、1977年3月10日。
ちょうど私も、駿河台一丁目あたりで学生生活を送っていた頃。
学生街にも肉屋がありましてね。
揚げたてコロッケやポテサラを、その場でパンに挟んでくれるんです。
お昼時には、いつも学生が群がっていました。
本屋はもちろん、実験器具や製図用具のお店とか。

で。

探すと出てきました。当時のシングルレコード。

Haru_201704_1 Haru_201704_2

 DKQ1010 Kitty ポリドール
 A面:君の肩越しに 作詞・作曲:小椋佳 編曲:星勝 (3'13")
 B面:春なんだなあ 作詞:藤村渉 作曲:小椋佳 編曲:星勝 (3'07")

ジャケットには「春なんだなあ/君の肩越しに」とありますが、
レコードのラベルは、なぜか逆。

この曲は、CD「渡良瀬逍遥」にも入っているのですが、アレンジがぜんぜん違うんです。
そこで、先日「埼玉国体」のために買ったプレーヤーでMP3に変換(^^)
音質まで、当時の雰囲気そのまま(^^;
Haru_201704_3

あらためてレコードを出してみて、気づいたことが二つ。

ひとつは、作詞者です。
小椋佳ではなくて藤村渉という方。
だれかと思ったら、あのセゾングループの堤清二
実業家で小説家で詩人だったという、すごい人。

もうひとつが、歌詞です。
 学生の流れには新しい顔がある
 鈴懸の並木路 芽がうるむ背伸びする
あれぇ。
うるむのは「目」ではなく「芽」だったのか。
40年間、ずーっと勘違いしていました。

そうと気づけば「芽がうるむ」は、なかなかうまい言い回しだと思います。
ネットで探してみたら、こんな合唱曲がありました。

めばえ(みずかみ かずよ 詩)
 みごもる ははのだいちは そこぶかくたいどうをはじめた
 いてついた かたいつちのおもては つかれきって ねむったままだけれど・・・・
 きびしいさむさからまもられて ふくらみつづけた ちいさないのちたち
 おしあい へしあい ぐいぐいと あふれるちからで くらやみから ひかりへむかって のびあがってくる
 つたわる つたわる ちからづよいこどう
 ふるえる ふるえる ゆるみはじめたたいき
 はるのめは やがて いっせいに うるむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

皆野秩父バイパス開通・秩父市内の渋滞回避情報

良い季節になりましたが、この時期は秩父市内の渋滞がひどくて参ります。

芝桜や市内の観光なら仕方ありませんが、バイクならもっと先まで行きたいですよね。
具体的には、志賀坂峠を超えて群馬県とか、雁坂トンネルを抜けて山梨県とか。
そんな場合の、渋滞回避の情報です。

関越自動車道花園インター出口の渋滞回避
ピーク時は、まずくすると、料金所まで出口渋滞がつながります。
ここは、左折の秩父方面とは逆の、右折の熊谷方面へ。
1kmほど先の「黒田交差点」を左折して、国道140号の旧道に入ります。
道なりに4kmほどの「中小前田」を右折して、国道140号バイパスに合流。
ここまで来れば「皆野寄居有料道路」まで、3kmほどです。
Chichibu_201404_1

この「皆野寄居有料道路」は、そのまま「皆野寄居バイパス」に接続します。
嬉しいことに、これが延伸されました。

秩父がより近く 国道140号「皆野秩父バイパス」第1期区間、3月25日開通
 2017.02.15 乗りものニュース編集部
 「埼玉県道270号吉田久長秩父線に接続する秩父蒔田ICまで」
Trafficnews_201704

ここまで来れば、後は大丈夫。
県道43号から、国道299号で小鹿野町や志賀坂峠方面。
県道43号をそのまま進んで、三峰や雁坂トンネル方面。
県道72号も、武甲山や荒川の橋が見えて見晴らしが良いので、お勧めです。
Chichibu_201404_2

ご存知の方は、なーんだ、という程度ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

スペイドで「若御子神社春季例大祭」と「白久の串人形」その2

2017年4月16日(日)の続きです。

すぐお隣の清雲寺にも寄りまして。
ご朱印を頂いて、しおりも頂いて。
わずか一日違いですが、花の鮮やかさが違って見えます。
天候のせいもあるのでしょう。
20170416_11

次は、歩いて30分ほどの昌福寺に向かいます。
のどかな里道ですが、、、「売地」の立て札があったり。
お茶の木は、荒れていますね。
それはさておき。
出梁造りの建物があったり、新しく奉納されたお地蔵様があったり。
20170416_12

昌福寺に到着です。
見晴らしの良い斜面の上です。
下の東屋には、カメラの人スケッチの人ウォークの人。
20170416_13

お昼は、スペイドで「道の駅あらかわ」へ。
冷やし肉みそうどん680円。
氷が入って冷たくて、今日はちょうど良い感じ。
ソフトクリームは干し柿のトッピングで400円。
20170416_14

さて午後は「白久串人形芝居定期公演」です。
秩父市荒川白久地区の豆早原(ずさばら)区公会堂。
前庭に受付テント、舞台、ビニールシートの上に座布団。
集まっているのは、ざっと50人ほどでしょうか。
大きな一眼レフや報道ビデオカメラの方も数人。

お昼にのんびりしていたら、始まってしまいました。
一体の人形を二人で操っています。
長い棒に見えるのは、竹串だそうです。
このことから「串人形」と呼ぶのでしょう。
ちゃんと手で刀を掴めるのですね。
20170416_15

演じられていたのは「浪曲 赤城の子守唄」
お囃子は録音です。浪曲ですね。

次の演目は「御所櫻堀川夜討 弁慶上使之段」
今度は三味線の語りが付きました。
席が空いたので座らせて貰います。
おぉ。そばで見るとなかなかの迫力。
このひげ顔が、弁慶です。
弁慶は、生涯にたった一度しか、しなかったそうです。
その時の子どもと初めて出逢いながらも、その命を奪うことになる。
立派に「見え」を切っています。
珍しい行事見物といった気分でしたが、引き込まれて見てしまいました。
20170416_16
上演中に、座っているおじいさんの携帯が鳴りまして。
あろうことか、その場で受けて話を始めます(^^;
一眼レフを構えている人の前に、ぐっと体を乗り出すおばさんも(^^;;

おやおやと思いましたが、、、これで良いのでしょう(^_^)
映画館や歌舞伎観賞のような堅苦しさではなくて。
地域の人同士が、青空の下で気楽に楽しみ合う。
そういう行事ですものね。

さーて帰りましょう。
関越道は避けて、定峰峠から。
毎年キレイに花を咲かせているお宅は、今年もパワーアップ(^^)

汗ばむほどの陽気、桃や桜は満開、珍しい行事をゆったり見学。
秩父の春は、良いですねー。
二日間続けて来た甲斐がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

スペイドで「若御子神社春季例大祭」と「白久の串人形」

2017年4月16日(日)です。

昨日見かけた掲示板の貼り紙にむずむずして、二日連続で秩父です。
若御子神社の例大祭の御神楽と、白久の人形芝居を見てきます。

快晴の春の日曜日です。
圏央道の花園IC出口は、料金所までつながる渋滞。
国道140号を避けて、秩父盆地の南側を通ります。
武甲山を望むキッズパーク、はるかに見える浦山ダム。
久那橋近くの桜吹雪の染井吉野と菜の花の土手。
景色を楽しみつつ、着きました。
昨日も来た神社です。
「若御子神社例大祭 太々神楽奉納」
20170416_01

秩父のお約束、狛犬はオオカミです。
あれ。
昨日は通らなかったのですが、参道の石の鳥居が壊れています。
シャン、シャン、と「神楽鈴」の音が聞こえます。
巫女さんなどが持つ、赤い棒に金色の鈴が沢山付いている、アレ。
おー、やっています。御神楽奉納。
大混雑という程ではなく、長椅子に座って見学です。
神楽殿は二階建で、横にお囃子が数人。
奥に階段があり、一階が控え。
本殿が更に高い位置にあるので、こんな構造なのでしょう。
演目は「白髭大神」「合之姫」「猿田彦命」など。
聞いたことのないお姫様は、あとで調べてみなくては。
20170416_02

きのうは閉まっていたテントが店開き。
鋤鍬斧鉈包丁などの打物を、真剣に品定めする人。
本殿は、急な石段の上です。
風に舞う染井吉野の花びらが、逆光に輝いています。
振り返ると、花に囲まれた神楽殿。
20170416_03

いや~、良いですね~。
社務所からは、一杯機嫌らしい地元のおじさんの笑い声。
長椅子では、御神楽そっちのけで焼きそば食べる小学生。
待機する消防車の脇では、消防団員も仕出し弁当で世間話。
春の訪れを喜びあう、心楽しいお祭りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

確認事項「関東の三大辻相撲」

2017年4月15日(土)の続きのようなものを、もうひとつ。

千手観音信願相撲の説明文の中で「関東の三大辻相撲」という言葉が出てきました。

あと二つはどこか、ちょっと調べてみました。
と言っても、YahooやGoogleで検索してみただけですが。

まずは、埼玉県東松山市の大雷神社がヒットしました。
今は行われていないようですね。

 江戸時代から、大雷神社では10月の祭礼に江戸の大相撲を招いて、
 ぼたもち相撲と呼ばれた奉納相撲を盛大に催し、
 「関東の三大辻相撲」の一つに数えられていました。

あとひとつが、、、分かりません。

話が大きくなって「日本三辻」というのが、出てきました。
群馬県藤岡市本郷の土師(どし)神社
土師の辻は、「日本三辻の一」と称され、ほかに摂津国(大阪)住吉神社と
能登国(石川)羽咋神社の二辻が日本三辻とされている。

姉妹都市提携30周年を記念し、植樹(平成28年度)
羽咋市と藤岡市は、羽咋市の羽咋神社と藤岡市の土師神社に、
それぞれ日本三辻と呼ばれる土俵(もう一つが大阪市の住吉神社)
がある縁で昭和61年3月に姉妹都市提携を結んでいます。

さらにチェックすると、、、

長野県長和町大門地区にある 大門稲荷神社
この辻は型が珍しく「大門の高辻」と呼ばれ、
仙台・伊達家の角辻、小諸の蛇の目辻と並んで
日本三辻の一つに挙げられています。

ありゃりゃ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確認事項「スピードスプレーヤー」

2017年4月15日(土)の続きのようなものです。

山梨県甲州市の「突き上げ屋根」の集落で「消毒車」と表現した、赤いアレです。
スピードスプレーヤー = speed sprayer というのですね。
20170415_12

ウィキペディアでは、以下の通りです。
スピードスプレーヤー (英語: speed sprayer) は、おもにブドウ、ナシ、リンゴなどの
果樹園において、害虫を防除する目的で、液状の農薬を効率よく散布するために
用いられる薬剤噴霧機。
トラクター等で牽引するものと、自走式のものとがある。

製造しているのは、こういった会社のようです。

株式会社ショーシン
株式会社ショーシンは スピードスプレイヤー を日本で最初に開発・販売した会社です。
Shoshin_201704

株式会社やまびこ
スピードスプレーヤは1957年に国産第一号機がやまびこから発売され、大幅な省力化が果たせることから一気に普及、果樹園の防除に欠かせないものとなりました。
Yamabiko_201704

株式会社丸山製作所
丸山製作所の製品のご紹介。果樹の防除作業に大活躍のステレオ スプレーヤ 。
歩行型からキャビン付き共同防除用大型まで、お客様のニーズにあった製品をご用意しております。
Maruyama_201704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

春のルーティンワーク「甲府盆地の桃と秩父の枝垂れ桜」その2

2017年4月15日(土)の続きです。

甲府盆地の東面から、北面の笛吹川フルーツ公園へ。
途中の斜面から見下ろすと、一面の桃の花。
公園内では、染井吉野も素晴らしい満開。
20170415_07

花盛りの中、朝から晴天だったのですが、、、
だんだん曇が厚くなって、小雨もぷつぽつ。
この辺でのんびりしていると、そのうちザーっと来そうです。

昨年も寄ってみた、無人の家です。
こちらも立派な「突き上げ屋根」。
今年も枝垂れ桜が見事に咲いています。
道の駅みとみは、バイクが沢山。
雁坂トンネルを抜けて埼玉へ。
20170415_08

大血川林道の入り口も、桜が満開。
ここも良いんですけどねー。
SR400で血を見て以来、ご無沙汰です(^^;
国道140号沿いの秩父鉄道武州日野駅あたりも八重桜や連翹が満開。
さてこれから、清雲寺の枝垂れ桜を見に行くのですが、その前に。
すぐ近くの小さなお社です。
ここで、毎年8月16日に「千手観音信願相撲」が行われるそうです。
軒の天井には、相撲の四十八手が描かれています。
説明文をコピペで失礼します。
 この信願相撲は、文政年間(1818)に上田野村出身の隅ノ江津雲(すみのえつくも)
 という力士の心願がかない、その恩に報いるため、時の花籠親方より辻相撲免許を受け、
 関東三辻の一つとして二重回しの土俵を設けて相撲道の普及発展に尽くしたことに
 始まるといわれている。
 行司の呼び出しは「誰々の信願相撲 誰々にとらせます。」と奉納の形式をとり、
 二番どりといって、始めに勝った者は、次に負けるという仕組みである。
20170415_09

さて、秩父市荒川上田野の若松山清雲寺です。
樹齢約600年という枝垂れ桜は、ピークを過ぎています。
ちょっと残念ですが、その他の紅しだれなどは、みごとに満開。
20170415_10

すぐそばには、若御子神社があります。
こちらの境内は、染井吉野がみごとな満開。
20170415_11

さーて。
思っていたところは、大体回れました。
もう少し、ゆっくりしたいところですが、夕方から約束があります。
残念ですが、これ位で引き上げです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

春のルーティンワーク「甲府盆地の桃と秩父の枝垂れ桜」

2740GGさんの「クロスカブ(CC110)と一緒日記」をいつも楽しみにしています。
 2017年04月06日 桃花様子見ツーリング
  甲府盆地「桃の花の見頃は来週」
  清雲寺のしだれ桜「きっと見頃まであと一週間」

うわー。
たまりません。
先週末はがっかり天気でしたが、今週末は良さそう。
これはもう、甲府盆地の桃の花を見に行かなくては。

昨年は、平日に仕事を休んで行っていました(^^;
下の地図は、その時のコピペですが。

埼玉県から甲府盆地への主なルートは、この三種類。
Map_20160412

 ・中央道 125Km 1時間57分 中央道で一宮御坂ICまで
 ・奥多摩 131Km 3時間16分 圏央道で青梅ICまで
 ・秩父  146Km 3時間11分 皆野寄居有料道路と雁坂トンネル経由

私は、中央自動車道で釈迦堂SAに寄って行くのが好きです。
今回は、寄り道をしたいので奥多摩経由とします。

さて、2017年4月15日(土)です。

圏央道を青梅ICで降ります。
だんだんと都会から山奥に風景が変わって行くのが楽しいところ。

青梅市の「昭和レトロでまちおこし」の風情を眺めたり。
JR青梅線の二俣尾駅。部活にでも行くのか高校生の姿。
奥多摩湖畔もちょっと寄って。
白丸発電所は、東京都交通局の電気事業なのですね。
道の駅たばやまには、すでにバイクも数台。
20170415_01

わずかに残雪があったり。
柳沢峠はバイクがたくさん。横目で見て先に進みましょう。
20170415_02

さて、はじめの目的地です。
重要伝統的建造物群保存地区。
山梨県甲州市塩山下小田原上条の山村・養蚕集落。
2015年に選定されたばかりです。

いつも旧車が並んでいるガソリンスタンドの先を右折します。
穏やかな山村。
特徴的な「突き上げ屋根」の建物があちこちに。
養蚕が盛んだった時代に、採光と換気用に設けられた構造だそうです。
元は茅葺だったのでしょうが、どこもトタン葺きです。
この形式は、この近辺では結構見かけます。
まとまって存在しているのが「建造物群保存地区」たる所以でしょう。
20170415_03

中心的な施設の「甲州民家情報館」です。
山梨県甲州市塩山下小田原1099。
駐車場からそのまま、前庭に入れてしまいました。
だーれもいません。もちろん中も見られません。
カンバンがふたつ。
小さいのは、特定非営利活動法人日本民家再生協会JMRA「民家再生奨励賞」
白い看板は「甲州民家情報館再生事業」
発注者は甲州市長となっています。
国土交通省住宅局「地域住宅モデル普及推進事業」の補助金を受けて行うものです、とのこと。
なぜかどちらも日付が入っていません。
土壁に柱の見える「真壁」、りっぱな「突き上げ屋根」。
脇の納屋の軒下は、雑然とイステーブル灰皿空き缶(^^;
20170415_04

四つ辻に立つ地蔵堂。
内部は畳敷きで集会所も兼ねていたのでしょう。
説明パネルが設置されています。
パンフレットは、軒下のプラコンテナ(^^)
養蚕の頃には桑畑だったのが、今は果樹に切り替わっています。
桃色はもちろんモモ、白い古木はスモモ、ぶどう棚も広がっています。
軽トラの向こうから消毒車が上ってきました。
20170415_05

近くの寺院に移動です。
真言宗智山派金剛山福蔵院
こちらに広い駐車場があります。
大きな鯉のぼり。男の子がいるのですね。
さーて移動です。
県道わきの桃と菜の花の中に、セニアカー。
どこか近くで作業中なのでしょう(^^)
20170415_06

というわけで。
新選定の重伝建ですが、ほとんど観光開発されていません。
そもそも、先の県道からの交差点にも、看板さえありません。
中核施設の「甲州民家情報館」も、あまり活用されているようには見えません。
しばらく集落内をうろうろしましたが、観光らしい方はたったひと組。

その代わり、消毒や農作業など地域の方は何人も見かけました。
これで良いんだよな、と思います。
果樹などの収益性の高い作物で、そこそこ若い方が農作業をしている。
お寺もキレイ、古いお堂もきちんと維持されていて。
今日の天気のように、穏やかで気持ちの良い集落でした。

よそ者の素人の、無責任な感想ではありますが。

続きは後ほど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

埼玉の桜をチェック「こだま千本桜~成身院百体観音堂~間瀬峠」

2017年4月9日(日)です。
今日こそ、Breva750で出動、、、と思ったら。
今日も、朝から雨です(泣)

仕方ありません。
スペイドで、さくっと埼玉の桜を見てきます。
途中の花園IC付近の交通安全モニュメント(^^)
赤城乳業の「本庄千本さくら『5S』工場」
どなたもご存じ「ガリガリ君」のメーカーですが、、、
 群馬県の赤城ではなく、埼玉県。
 乳業とありますが、乳成分はなし。
これでは「埼玉氷菓」ですよねぇ(^^;

お馴染みの「こだま千本桜」に到着です。
何しろ広いですからね。臨時駐車場も余裕です。天気のせいもあるでしょうが。
河原ではマラソン大会。伴走の白バイはスタンディング(^^)
20170409_01

今日はちょうど「桜まつり」。
ステージもあり。出店も色々、デコトラまで。
地域福祉活動募金のお礼は、赤城乳業のガリガリ君(^^)
20170409_02

2月に来たばかりの「さざえ堂=成身院百体観音堂」 です。
おぉー、素晴らしい満開。
足元にはシャガ。観光センターの庭には水芭蕉。
20170409_03

長瀞に抜ける峠道「間瀬峠」に向かいます。
20170409_04

小さな古いダム間瀬堰堤です。
 8年の歳月(昭和5年~昭和12年)をかけて築造された
 東日本に現存する最古の農業用重力式コンクリートダムです。
なんとも良い雰囲気で、ここだけで半日くらいは過ごせるのですが。

登録有形文化財(建造物)。第11-0026号
昭和33年には、週刊読売選定の「新日本百景」にも選ばれているそうです。

銘板は、以下の通りです。

 堰堤概要
 位 置  児玉郡秋平村大字西小平
 形 式  玉石混凝土重力堰堤
 延 長  百二十六メートル
 高 サ  最高二七、五メートル
 上部幅員 四メートル
 仝標高  一五九、五メートル
 勾 配  内法壹分、外法八分六厘
 貯水量  五拾参萬立方メートル
 水面積  七町歩
 灌漑面積 七百町歩
 工 費  四拾壹萬八千圓
 竣 工  昭和十二年三月

混凝土=コンクリート、
内法=うちのり、壹分=1/60度 ですね。
なぜか数字の表記が違ったり、メートルだけカナだったり。

20170409_05

この間瀬峠は「頭文字D プロジェクトD編 埼玉バトル」の舞台。
昔のあれこれにより、今でも二輪車は通行止め。
国道140号に出て「皆野寄居有料道路」で帰宅します。
20170409_06
売店では「TOLLROADカード」が貰えます。
埼玉県道路公社のオリジナルカード。
Tollroadsaitama
狭山環状有料道路、新見沼大橋有料道路、皆野寄居有料道路の3枚でフルコンプ(^^)

というわけで。
来週末こそ、晴れてくれると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

都内の桜をチェック「飛鳥山と皇居周辺」

2017年4月8日(土)です。

いよいよ春めいて、関東地方は桜が満開です。
バッテリーも替えてあるし、Breva750で出動、、、と思ったら。
朝から雨です(泣)

仕方ありません。
曇ってはいますが、雨も止みました。
用事のついでに、歩いて都内の桜を見てきます。

まずは北区の「飛鳥山公園」。
JR王子駅を降りると、もう目の前です。
うひゃー。
小高い丘の、辺り一面花見客。
20170408_01

地下鉄で皇居のお堀端へ。
国立劇場前の庭園。
様々な種類の桜、一斉に咲き誇っています。
白い利休梅や黄色い山吹も。
子供が花びらを追って走り出したり。
20170408_02

てくてく。
最高裁判所前の染井吉野の大木。
おっ。
例の「マリカー」が走っています。
衣装は、マリオのキャラクターではないようです。
半蔵門そばのお堀端には、菜の花や赤い椿も。
20170408_03

てくてくてく。
さぁ来ましたよ、千鳥ヶ淵。
ボート乗り場周辺は、すごい混雑です。
ここまで来て、素通りはまずいでしょう。
無名戦士の墓にも、菊を供えて手を合わせてと。
靖国神社も、素通りはまずいでしょう。
さくっと参拝して。
20170408_04

北の丸公園も花盛りですが、、、これ位で。

さーて明日こそ、Breva750で出動!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

見てきました「トヨタ博物館」その2

2017年4月4日(火)の続きです。

とにかく、凄いクルマ珍しいクルマ懐かしいクルマがずらり。
20170404_06
コロナマークIIとセドリックが並んでいたり。
20170404_07
FFハッチバックの、ファミリア、ゴルフ、ルノー5が並んでいたり。
20170404_08
思い出など書き出すと、何日かかるか分かりません。
ぺたぺたと、画像を貼ります。

新館に移動です。
 日本のモータリゼーションの歩みと生活文化の変遷を展示するゾーン。
 各時代の生活の様子を示す文化資料約2,000点を展示しています。とのこと。
20170404_09

年代別のクルマと共に、様々な物品。
20170404_11
クラシックカメラ。少年サンデーや鉄人などの漫画雑誌。
イマイの007のプラモデルやブリキの玩具。
サーフボードやファッション雑誌。
エレキギターやLPレコードやプレイヤー、、、などなど。
20170404_12

これらだけでも、じっくり見たくなるようなコレクション。

このエリアは「2018年以降に大規模展示替えを検討中」だそうです。
これらは、どうなるのでしょうか。
他の施設に譲渡するなど、有効活用してもらいたいものです。

この博物館については、以前、たっぷりと文句を書いてしまいました。
多少は改善されている面もありましたが、、、基本的には同じです。

でもまぁ、文句はやめておきましょう。
自問自答です。

 昨日のスター・ウォーズ、今日のトヨタ博物館。
 自分は一体、何を見に来たのか?
 わざわざ「展示室」「博物館」を見に来たのか?
 心躍る楽しい映画に関する、アートやグッズ。
 素晴らしいクラシックカーや、懐かしいクルマたち。
 そういった「展示物」が見たかったのだろう?

はーい、全くその通りでーす。
二日間、沢山の珍しい良い物が見られて、充分満足でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

見てきました「トヨタ博物館」

2017年4月4日(火)です。

愛知県名古屋市長久手の「トヨタ博物館」です。
ここを訪れるのは、ちょうど10年振りです。

名古屋市内から地下鉄と新交通システム「リニモ」を乗り継いで。
常電導吸引型 (HSST) による、日本初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)の常設実用路線。
駅構内には、鉄道むすめ「矢草みずき」と、愛知ぽぷかる聖地計画「リニモたん@愛知県」ですって。
 http://popcul.jp/  キャプチャも残しておきますね。
Popcul

駅からてくてく。広くてキレイで立派な建物。
20170404_01

屋外には2005年の「愛・地球博」に使われたバス。
運転席にモリゾーとキッコロ。
エントランス脇には、古いボンネットバス。
銘板には
 FUJI HEAVY INDUSTRIES LTD.
え?富士重工業なのですか。
 Tanggal pembuatan 10-1963
インドネシア語で、製造日ですって。
20170404_02

入場料は大人1000円。
ロビーには初代セルシオ、、、と思ったら、ウィンダムですね。
まずは、トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA型」のレプリカ。
以前来た時は黒でしたが、テレビドラマの撮影で貸し出し中だそうです。
以降は、年代順の展示です。
主な車両には、実際に走行させた動画の表示が追加されていました。
20170404_03

これはすごい、ベルギーのミネルバ
馬車の伝統を受け継ぎ、運転席は独立していて、屋根なし。
同じく豪華車デューセンバーグキャデラック
有名なレースモデルのブガッティ35Bベントレー4 1/2
20170404_04

流線型の時代。
ちょっと懐かしい。
大昔に 流線型の機関車 を紹介したことがあります。
列車飛行機自動車の模型もいろいろ。
これもすごい、リトラクタブルヘッドライトのコード
20170404_05

うっへー。
こんなペースでは、いつ終わるかわかりません(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

見てきましたが、、、「スター・ウォーズ展」

2017年4月3日(月)の続きです。

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。
Sw_nagoya

映画「スター・ウォーズ」シリーズは、日本の“武士道”の
影響を大きく受けているといわれています。
シリーズ第1作「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」
アメリカ公開40周年を記念する本展は、この世界で最も有名な
映画シリーズをテーマにした大規模展覧会を“武士道”のシンボル
といえる日本の城で開催するという、かつてない試みです。

ジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストが
手がけた作品や、シリーズ6作品の映画制作で実際に使用された
コンセプトアート、衣裳、小道具など約150点を展示し、
多彩な映像も上映。

名古屋城天守閣を舞台に「スター・ウォーズ」の世界観を
体感することができる、空前の機会をお見逃しなく。
また、名古屋会場は全国巡回最後の地。 本展をご覧になれる
最後のチャンスです!

場所 名古屋城 大天守閣 2階企画展示室
日程 2017年2月16日(木)~4月9日(日)
時間 午前9時~午後4時30分(入館は閉場の30分前まで)
   名古屋城桜まつりの期間中(3月25日~4月9日)、午後7時30分まで延長

名古屋城の天守閣は、第二次世界大戦で空襲によって焼失しました。
現在の天守閣は、コンクリート造りの「外観復元天守」です。
ですので、こういったイベントも打てるのですね。

石垣の間を通って天守閣へ。
ジョージ・ルーカス監督の動画のコメントを見てから入場です。
20170403_03

内部は撮影禁止ですので、後は出口だけ(^^;
歴代のポスターが並んでいます。
第8作「最後のジェダイ」は、2017年12月15日公開。
ポスターの裏で、ストームトルーパーのヘルメットのアート。
その奥には、ライトセーバーが2本。
ここが「撮影スポット」ということになっています。
両側に立ってポーズを取れば、戦闘シーンが撮れると。
20170403_04

さて、アートの内容ですが。
ヤフーで、画集「Star Wars Art: Vision」を検索しますと、こんな感じです。
大体この内容が、展示されていました。
油絵やパステルや鉛筆で描かれた、様々なキャクター。
ダース・ベイダーが宗教画風の油絵で重々しく描かれていたり。
Yahoo_starwarsart_vision

会場では、これら絵画と共にブラスターなどの小物や、衣装を着たマネキンなど。
展示はキャラクター別になっていて、映画シーンのまとめ映像があったりして。
初めて見る視点からの展示で、大変面白く見られました。



ということにしておきますが。

これは、アレですね。
スター・ウォーズは「全宇宙に広がる世代を超えた壮大なサーガ」
この展示会は、そんなイメージで語っているわけですね。
 なにやら重々しいキャラクターの絵。
 展示されている宇宙船のミニチュアは、汚れひとつなくキレイ。
 ブラスターや衣装の多くは、レプリカ。
 ライトセーバーに至っては、透明な円筒形ケースに入ってスポットライト。

 これらはまだしも、訳の分からないストームトルーパーのヘルメットアート。
 その上、黒い幕で仕切られた通路の向こうから、通常展示のお琴の音色が(^^;

やれやれ。
ずいぶんと勿体をつけて、その割には・・・

このブログでも、何度も書いていますけど。
私は、スター・ウォーズは「痛快宇宙活劇」だと思っています。
 ジョージ・ルーカスがアポロ宇宙船の帰還を見て「おぉ、ススだらけだ」と思って。
 昔の「フラッシュ・ゴードン」を映画化しようとして、折り合わなくて。
 それならばと。
 大好きなクロサワの The Hidden FortressThe Seven Samurai みたいなのを作ろう!

そんなモンでは、ないのですか?

2004年に、東京の科学博物館で、こんなのがありました。
 スター・ウォーズ サイエンス アンド アート
この図録は、今でも私の本棚の一等地にあります。
Sw_s_and_a

「今回のアレとは、コンセプトが違うよ」という意見もあるでしょうが。
これは良かったですよ。
 木箱にペンキを塗ったようなメカやブラスターなど、映画の小物類。
 巨大な宇宙船は、良く見るとプラモデルの部品がぺたぺた。
 ポッドレースの観客は、なんと色つきの綿棒。
 一方、パドメ・アミダラの衣装は、本当に素晴らしく豪華。

映画造りのリアルが、しっかりと伝わってきました。
ジョージ・ルーカスが見た、ススだらけのアポロ宇宙船も、こんな感じだっだのだろうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

見てきました「上野公園と名城公園の桜」

2017年4月3日(月)です。

東京の上野公園の桜です。
満開宣言は出ましたが、まだ少しだけ早いです。
歩いているのは外国人で、場所取りで座っているのは日本人。
正岡子規記念野球場なんていうのも、ありまして。
20170403_01
翌朝のNHKニュースでは、上野公園は夕方6時頃すごい雷雨だったそうです。
朝から場所取りの皆さんは、大変だったでしょう(^^;

名古屋に移動です。
人気店「矢場とん」の「わらじとんかつ」みそだれたっぷり1,600円。
名城公園は、雪柳は満開ですが、桜は少し早いですねぇ。
20170403_02

さてここで、こんなのを見ましょう。
スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。
通常の天守閣の入場料込みで、大人当日1,800円。
ちなみに、通常の天守閣は大人500円です。
こちらについては、長くなりそうですので、項を改めます。

ちょっとタイムワープして、夜の天守閣の最上階です。
真ん中には、金ぴかグッズが並んだ土産物店。
私のオミヤゲは、金ぴかの天守閣。
レジ袋も金ぴか。
先週の姫路城と並べようと思います(^^)
ライトアップのおかげで、外の夜景は良く見えません・・・
20170403_05

この天守閣を、木造で作り直す計画があるそうです。
うーん、どうなんでしょう。
昭和34年に作られたこれだって、今や立派な文化財だと思いますけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

今年も見てきました「鎌形八幡宮の流鏑馬」

2017年4月2日(日)です。
埼玉県比企郡嵐山町で、流鏑馬を見てきました。
昨年に続き、二度目です。
 木曽義仲公追悼 鎌形八幡神社奉納 鎌形流鏑馬

国道254からすぐそこ、都幾川沿いの「学校橋河原」にクルマを停めます。
この時期だけ管理費400円。ごみ袋付きです。
ここから、気持ちの良い「都幾川桜堤」「鎌形八幡神社」まで歩きます。
20170402_01

今年は、鎌形八幡神社の神事から見てきました。
神事を撮影しては失礼ですので、終わったところから。
お馬は、神様も場所がらも気にしませんね(^^;
20170402_02

さぁ流鏑馬です。
的に矢が当たると、すぱーんと良い音が響きます。
割れた板は、墨書押印して縁起物として1枚1000円(^^)
おっ。
夜のNHKのニュースでも、紹介されていましたよ。
あっ。私も映っています(^^;
20170402_03

おまけです。
会場付近で見かけた、クルマやバイク。
皆さん、元気いっぱいですねー。
20170402_04

更におまけです。
染井吉野はまだ開きはじめ、八重桜や菜の花は満開。
楽しいのは、土手に咲いていた仏の座です。
20170402_05

分かりにくいですかね。
それでは、ほーら、このとおり。
まだ分かりにくいですね。
画像をクリックして、拡大してご覧ください(^^)
20170402_06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

Breva750バッテリー交換

2017年4月1日(土)です。

2017年2月4日(土)以来、Breva750は2か月も休止状態です。

実はこの間に、一度出掛けようとしています。
バッテリーを充電して、その翌週引っぱり出したら、、、始動不能(^^;

2014年4月19日(土)のバッテリー交換から、3年足らずではありますが。
2014年4月13日(日)のように、出先で始動不能になっても困ります。
さっさと交換してしまいましょう。

バッテリーは、ネットで安価な物がいろいろ出ています。
ちゃんとしたホームページもあり、1年間の保証付きということで、これにしてみました。
Maxima_1 Maxima_2

マキシマバッテリー MB14L-X2 シールド式 ジェルタイプ
アマゾンで5,580円。
添付のボルトの、ねじ山がアマいですが、、、

念のため、補充電をしてから取り付け。
しっかりセル一発で始動です。
20170401

さて出動は、、、後日ということで(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

最後に兵庫県のオミヤゲです

2017年3月26日(土)~28日(月)の、オミヤゲです。

まずは、たつの市の、ヒガシマル醤油うすくち500ml
朝来市のイオンで、税別198円。
まずは、ウドのきんぴらに使ってみました。
なるほど。
素材の色が鮮やかで、美味しそうにできました。

揖保乃糸資料館では、にゅうめんのつゆ
こちらも、さっそく使ってみましょう。

えーと。
ウチには、頂き物のそうめんが、ふた箱ありました。
ありゃりゃ。
三輪素麺島原素麺・・・(^^;
20170327_11


ついでにウィキペディアの「素麺」の項を抜粋です。
へーぇ。
我が埼玉県の、おなじみ小川町まで出てきました。
いろいろ面白いですねー。

播州素麺
主産地は兵庫県たつの市、宍粟市、姫路市など。
2008年(平成20年)現在、日本国内1位の生産高を誇る。
播磨地方の良質の小麦、揖保川の清流、赤穂の塩など原料に恵まれていたことから
素麺作りが盛んになったといわれる。

三輪素麺
奈良県桜井市三輪地区。
最も素麺作りの歴史が長く、全国に分布する素麺産地の源流はほとんどが
三輪からであり、古く素麺の相場は三輪で決められていた
(その当時から生産量は少なく、主に島原から買い上げていた。
この傾向は産地偽装問題が発覚する2000年(平成12年)頃まで続き、
その当時では三輪素麺の7割は島原産であった)。

島原素麺
長崎県南島原市などが産地。
全国で2番目の生産量で、江戸時代に救荒作物として栽培が奨励された。
品質に優れ、古くから三輪に供給されていた実績を誇る。
それゆえに知名度は低かったが、近年になってブランド力を高めている。

衰退した産地

小川素麺(埼玉県)
「新編武蔵風土記稿」に名物との記述がある程の産地であったが、
小川和紙が隆盛した事に伴い、素麺生産していた家々が徐々に和紙生産へと転換し衰退

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

最後にゆっくりと姫路城

最終日の2017年3月27日(月)は、朝からゆっくり姫路城です。

もうね、肩書がいっぱい。
 日本における近世城郭の代表的な遺構。
 江戸時代以前に建設された天守が残る現存12天守の一つ。
 中堀以内のほとんどの城域が特別史跡。
 大天守・小天守・渡櫓等8棟が国宝。
 74棟の各種建造物(櫓・渡櫓27棟、門15棟、塀32棟)が重要文化財。
 ユネスコの世界遺産(文化遺産)。
 国宝五城、三名城、三大平山城・三大連立式平山城。

まずは、2017年3月26日(日)の夜です。

姫路城周囲の姫路公園を歩いてみます。
東側の姫路市立美術館は、陸軍の倉庫だったというレンガ造りの建物。
おそらくこの位置でしか撮影出来ない、お堀の水に映える姫路城が素晴らしい。
ついでに姫路城の夜景も。
20170327_01

2017年3月27日(月)は、朝からお城に向かいます。
お堀で観光船の運航が始まったのですね。
正式名称は「姫路藩文化観光学習船運航事業」(^^;
20170327_02

桜の花も少しだけ。
早くもお花見のグループもいました。
オミヤゲは、お城のミニチュア500円。
20170327_03

とにかく、華麗で広壮。
そして内部は、巨大軍事施設としての重厚な迫力と様々な機構。
天守は数分だけ待たされましたが、あとは混雑もさほどではありません。
じっくりゆっくり、隅の方まで見学してきました。

おっとしまった。
新幹線の時間が迫っています。
隣接の庭園「好古園」も、さくっと見学。
20170327_04

というわけで。
竹田城跡姫路城は、わずかの間をおいて二度目です。
加えて、穏やかな美しい街並み「たつの」と「出石」。
名物の麺類「揖保乃糸」と「出石そば」。

場所をしぼって、ゆっくりじっくり。
ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

レンタカーで竹田城跡~出石~生野銀山 その3

2017年3月26日(日)の午後の続きです。

兵庫県朝来市に戻り、史跡「生野銀山」へ。
戦国時代から近代にかけての、日本有数の銀山だったそうです。

途中の街中では、おっ。
写真店の脇に、何やら細工物が下がっています。
文字が良く読めませんが、奉納とあります。
秩父でも、あちこちで見かける「道切り」 のようですね。
20170326_07
その先では、銀山の社宅を再現した建物がありました。
そのひと棟には、おおっ。「志村喬記念館」とあります。
へぇー。
あの名優は、この町の出身だったのですね。
残念ながら、寄ってみる時間がありません。
調査不足が悔やまれるところです。
ちょっとだけのぞき込んで、、、またの機会に。

到着です。史跡「生野銀山」
三菱マテリアルと朝来市が出資する、第三セクター。
経済産業省の「近代化産業遺産」
日本の地質百選選定委員会による「日本の地質百選」
周辺の鉱山町は、文化財保護法に基づく「重要文化的景観」
20170326_08

全長約1kmの坑道には、江戸時代から近代までの再現展示。
なかなかの見ものではありますが、、、
現代風の顔立ちのマネキンを元にした人物再現は、どうもねぇ。
まぁ、顔立ちまでリアルでも、それはそれで、どうかと思いますが。
20170326_09

さて、姫路市内に戻りましょう。
播磨と但馬を結ぶ「播但連絡道路」で、1時間足らずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ