« 小椋佳「春なんだなあ」 | トップページ | セーラーエース連載終了・・・ »

2017年4月24日 (月)

見てきました 映画「パッセンジャー」

久し振りに映画を見てきました。
レイトショーで、観客は一桁(^^;
Passenger_201704
宇宙船内で極限状態に置かれた男女の愛と運命を描いたSF大作。
20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、
目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。
しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。
絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。
おぉ。これは面白い(^^)

普段私は、ヤフー映画などのネット上の映画評は見ないようにしています。
こんなアレな見方があるのかと、驚くような視点からの感想が続々。
映画を見るスタンスは、人それぞれだと痛感します。
それはさておき、映画を見るスタンスについて、一般的にはこうでしょうか。

「主人公に感情移入して、現実にはあり得ない世界の疑似体験を楽しむ」

 ジャングルや宇宙や戦場で、次々と迫る危機にドキドキハラハラしたり。
 人生に悩む主人公と共に、自分ならどうするか、、、なんて思ったり。
 思いがけない恋や成功を得て、幸せいっぱいのエンディングに、嬉しくなったり。

で、この映画です。
何しろ登場人物が少なくて、ストーリーもシンプル。
おかげで、主人公に「なりきり」で映画にどっぷり浸れます。

 どこにも逃げ場のない巨大宇宙船の中で、たった一人。
 身の危険はなく、食事もお酒も娯楽もある。
 それでも、たった一人で目的地まで90年!
 目の前には、コールドスリープの5000人。
 彼らを覚醒させる方法も分かった。
 さぁ、アナタなら、どうしますか?

その後も、何回も究極の問いが突き付けられます。

 宇宙船に深刻なトラブル。
 見ず知らずの5000人を救うため、自分の命を捨てられるか?

 90年のコールドスリープに戻れるのは、一人だけ。
 愛する人にそれを譲ることが出来るか?

思考実験という言葉がありまして。
有名な話では「トロッコ問題」なんて言うのがありますが。
まさにそんな感じです。

 暴走するトロッコ。直進すれば5人が死ぬ。
 分岐路に入れば、5人は助かるが別の1人が死ぬ。
 さぁどうする?

主人公の男性は、5000人の中から一人だけを蘇生させてしまいます。
そのことについて、別の一人の言葉が泣かせます。

 海で溺れてすがりついた者の、その行為を責められるか。

宇宙船のトラブル、人間同士のトラブル。
それらの危機を乗り越えて、一体最後はどうなるのか・・・
おぉ、これは素晴らしいエンディング。

1人でじっくりでもよし、二人で語り合うもよし。
こう言ってはアレですが、幾つかの突っ込みどころで盛り上がるのも、アリでしょう。

良かったです(^^)

|

« 小椋佳「春なんだなあ」 | トップページ | セーラーエース連載終了・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65147053

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました 映画「パッセンジャー」:

« 小椋佳「春なんだなあ」 | トップページ | セーラーエース連載終了・・・ »