« 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その2 | トップページ | 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その4 »

2017年5月17日 (水)

再訪です福島県「喜多方~会津若松」その3

2017年5月13日(土)の午後です。
会津若松市に移動しました。

若松城です。
鶴ヶ城とも聞きますが、それは地元の呼び名だそう。
会津若松城とも呼ばれるようで、ややこしい。

こんな内容の看板がありました。

 昭和9(1934)年、鶴ヶ城が国の史跡に指定され
 当時の文部省は所在地名を登録名としました。
 このため、公式には『若松城』と登録されました。
 一般的には『鶴ヶ城』が有名ですが、古い文献
 などでは『会津城』と書かれていることが多いようです。

おなじみ名古屋城と同じ、コンクリート製の復元天守
調べたら、施工も同じ間組です。
 名古屋城天守閣再建は1959年。
 会津若松城天守閣再建は1965年。
内部が博物館になっているのも、同じです。

入り口では「お城ボくん」がお出迎え。
会津若松市出身、タツノコプロの笹川ひろし氏の制作。
内部には、注意書きが沢山。
そうでした。「ならぬことはならぬものです」の土地柄(^^;
2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」のコーナーも。
2017513_11

干飯櫓南走長屋は、木造で復元されたもの。
土産物コーナーに活用されたり、展示物があったり。
格好良いイラストは「諏訪原寛幸」氏によるもの。
2017513_12

そう言えば。
2013年の春の連休には「八重の桜」ブームで会津若松市内に入ることも出来ませんでしたっけ。
2016年の春に行った埼玉山西省友好記念館でも「諏訪原寛幸」氏の作品は人気のようでした。

もう少しだけ続きます。

|

« 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その2 | トップページ | 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65281114

この記事へのトラックバック一覧です: 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その3:

« 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その2 | トップページ | 再訪です福島県「喜多方~会津若松」その4 »