« 見てきました「秩父高原牧場 天空のポピー」その2 | トップページ | Breva750で「海野宿~無言館~別所温泉~地蔵峠」その2 »

2017年6月 5日 (月)

Breva750で「海野宿~無言館~別所温泉~地蔵峠」

先々週の「尾道~しまなみ海道~とびしま海道」は、大変良かったです。
尾道は、小津安二郎や大林信彦の映画に度々登場するわけですが。
この関連で外せないのが、片岡義雄の小説「彼のオートバイ、彼女の島」です。
1977年8月に角川書店から出版。

映画化もされています。
1986年4月公開。監督は大林信彦、主演は原田貴和子と竹内力。
今回行った「向島」に隣接する「岩子島」でロケが行われたそうです。
行きませんでしたが、瀬戸内海の島の雰囲気を味わえただけで、私は充分満足です。
小説では、彼女の島は「岡山県笠岡市の白石島」ですしね。

ついでに書いてしまいますが。
個人的には、この映画にはさほど思い入れはありません。
ラストの、不慮の事故を想起させるシーンなど、ねぇ。

更に、ついでに書いてしまいますが。
小説のハードカバーのジャケットはこうです。
当時流行していた、ハイウェイパトロール風。
この小説の主人公は、Tシャツの大学生ですよ。
読まずにデザインしたのは、明らかです。
Kareno_201706l
本が出てこなかったので、画像はこちらのサイトから拝借です。

暴走族、無謀運転、事故、ハーレーのおっさん。
当時のバイクに対する一般的なイメージは、そんなモンでしょう。
映画も本の装丁も、そういったイメージの範囲で作られているようです。

話が長くてクドくて脱線して、済みませんね。

さて。
先の「彼女の島」に対して、「彼のオートバイ」は、カワサキの650RS-W3
言わずと知れた、直立2気筒OHV空冷650cc。
そして、二人が出会うのは、初夏の信州、別所温泉の高原です。

というわけで。
V型2気筒OHV空冷750ccで、別所温泉付近に行ってみました。

|

« 見てきました「秩父高原牧場 天空のポピー」その2 | トップページ | Breva750で「海野宿~無言館~別所温泉~地蔵峠」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65374588

この記事へのトラックバック一覧です: Breva750で「海野宿~無言館~別所温泉~地蔵峠」:

« 見てきました「秩父高原牧場 天空のポピー」その2 | トップページ | Breva750で「海野宿~無言館~別所温泉~地蔵峠」その2 »