« 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その3 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その5 »

2017年8月 7日 (月)

青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その4

40年も前の小説で、どれだけ引っ張るのだという話ですが(^^;

初版の、カバーの画像についてです。
服装はアメリカンポリス風、時は夕暮れ。
これは違うでしょう。
ジーンズ、Tシャツで、青空の下でお願いしたいですよね。
Kareno_201708

後から出た、片岡義男の文庫は、どれも格好良いカバーでした。
失礼してネット上から何点か拝借です。
コメント欄で、twenty-oneさんから教えて頂きました。
モデルは、あの頃大変人気のあった三好礼子さんなのですね。
(全部かどうかは分かりませんが)
Kataoka_201708

先のハードカバーに、話を戻します。
帯もあったのですが、無くなってしまいました。
おかげで、有名なキャッチコピーが見えます。

 夏はただ単なる季節ではない。
 それは心の状態だ。

以下のような解説をしているサイトがありました。

片岡義男百科事典/その他

 ずいぶんまえにカリフォルニアで観た、アメリカ製の波乗り映画のなかで、
 若い素人のナレーターが言っていたひとことが、いまでも忘れられない。
 夏、という季節について、彼は、「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ」と、
 日本語に置きかえうるようなひとことを、言ったのだ。
 「あとがき」より
 (『限りなき夏1』角川文庫/1981年)

そのアメリカ製の映画が何かは分かりませんが。
思い出されるのは、以前ちょっとしたブームになった詩です。

以下、ウィキペディアから抜粋です。

サミュエル・ウルマン「青春」

 "Youth is not a time of life; it is a state of mind"
 (青春とは人生のある期間を指すのでなく、心の持ち方を指すものである)

ははーん。もしかしてこれがオリジナルなのか、、、と思いました。
ですが、
試みに Summer is not a time of life で検索してみましたが、全くヒットしませんでした。

偶然の類似なのでしょう。
考えることは同じ、ということですかね。

|

« 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その3 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その5 »

コメント

2013年のMOTO NAVI no.66に片岡義男X三好礼子さんの対談が載っていて、当時のことをお話されていましたね。小説のモチーフになった女性は?という質問に実在すると礼子さんをあげていました。片岡さんは礼子さんがお気に入りで多くの写真はお美しい礼子さんでした。
わたくしもW6に乗っている(持っている?)限り青春が続きますかね?ダブダブ~

投稿: twenty-one | 2017年8月 8日 (火) 10時45分

twenty-oneさん、詳しいご説明ありがとうございます。
そうでしたMOTONAVIで特集号がありましたね。

W6さえあれば、いやなくても、いつまでも続きますよ!
オートバイはキカイじゃなくて、それは心の状態です。
いつかまた、秩父にご一緒させて下さい(^^)

投稿: 缶コーヒー | 2017年8月 8日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65634019

この記事へのトラックバック一覧です: 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その4:

« 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その3 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その5 »