« こいつはすごい「ゲストハウス錦」 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その2 »

2017年8月 1日 (火)

見てきました「メアリと魔法の花」

米林宏昌監督の新作映画「メアリと魔女の花」です。
スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」を撮った方。

2014年に、ジブリの制作部門は解体。
その後、西村義明プロデューサーと共に立ち上げた、新生スタジオポノックの初作品。
ポノックとは、クロアチア語で午前0時という意味だそうです。
20170727

さて。
7月8日(土)の公開以降、興行成績はどうでしょうか。
先日のヤフーニュースでは、以下の通りです。


・借りぐらしのアリエッティ(2010年)
 公開週末:9億円 → 2週目の週末まで:26億円 → 最終興収:92.5億円
・思い出のマーニー(2014年)
 公開週末:3億7886万円 → 2週目の週末まで:10億円 → 最終興収:35.3億円
・メアリと魔女の花 (2017年)
 公開週末:4億2800万円 → 2週目の週末まで:12億円 

マーニーに匹敵するスタートのようで、とりあえず良かったです。

1年前の話を蒸し返しますが。

2016年7月25日(月) 人生に、文学を
 文学を知らなければ、
 目に見えるものしか見えないじゃないか。
 文学を知らなければ、
 どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)

全くその通り。

文学漫画映画演劇、更には講談落語などなど。
いずれも、人生を語るに足りる立派な表現手法だと思います。
それらのひとつ。
この世ならざる情景を、目に見える形で表現してくれるアニメーション作品。
わけても、名作揃いのジブリ作品。
今後、ジブリの新作が作られない以上、米林監督にはがんばってもらわないと。

私のようなおっさんは、この映画の主たる観客層ではないでしょう。
ですが、私も「一票を投じる」ために、見てきました。

|

« こいつはすごい「ゲストハウス錦」 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65609190

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました「メアリと魔法の花」:

« こいつはすごい「ゲストハウス錦」 | トップページ | 青空文庫に「彼のオートバイ、彼女の島」その2 »