« 各地の夏のオミヤゲ | トップページ | 埼玉国体「国体県歌の公募」 »

2017年9月 4日 (月)

見てきました「行田市 古代蓮の里 田んぼアート 2017」

毎年欠かさず、、、という程ではありませんが。
今年もちょっと見てきました。
今年は二面(という単位で良いでしょうか)作られました。

いつもの広い田んぼには「イナダヒメノミコトとスサノオノミコト」。
20170902_1_2
 10年目を迎える今年のテーマは「イナダヒメノミコトとスサノオノミコト」。
 古代ロマンあふれる行田のお米のPRと豊作を願い、稲田の守護神や美田の女神として
 親しまれている「イナダヒメノミコト」を、ヤマタノオロチ伝説で知られる
 夫の「スサノオノミコト」とともに、古代蓮会館東側に描きます。

さらに、今年は特別にもう1つの絵柄が、南側に描かれていました。
20170902_2
 池井戸潤の小説「陸王」がTBSの10月期「日曜劇場」枠にてドラマ化することを記念して、
 単行本「陸王」の書影を模したデザインと、主演・役所広司の似顔絵。
とのことです。

イナダヒメノミコトは、原画の繊細な表情もうまく表現されていました。
役所広司の似顔絵は、良く似ていて感心。

急に秋めいてきた青空、涼しい風。
風にそよぐ稲穂が、まるでさざ波のよう。

|

« 各地の夏のオミヤゲ | トップページ | 埼玉国体「国体県歌の公募」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207285/65751496

この記事へのトラックバック一覧です: 見てきました「行田市 古代蓮の里 田んぼアート 2017」:

« 各地の夏のオミヤゲ | トップページ | 埼玉国体「国体県歌の公募」 »